〔ヤマザキナビスコ杯 GS 第1節:福岡vs.柏〕各種コメント・試合前写真

  • 田村友、阿部巧、古部健太が今季初先発
  • ヤマザキナビスコ杯
  • GS 第1節
  • 福岡
  • 17分 城後寿(福岡)
  • 30分 ウェリントン(福岡)
  • 55分 輪湖直樹(柏)
  • 77分 田中順也(柏)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2016年3月23日 19:04

井原正巳監督(福岡)

ウィークデーのナイターにも関わらず、多くのサポーターが駆けつけてくれましたが、勝利という結果が得られず、非常に残念に思っています。何とかホームで初勝利を挙げたかったんですが、勝点1に終わってしまいました。前半、立ち上がりから良い形で入れて、柏さんも非常に強いチームで、そういう中でアグレッシブに行こうというところでゴールを2つ奪えたのはチームにとって非常に大きい成果と思っています。後半、守りに入るのではなくもう1点、追加点を取りに行くという形で臨んだんですけど、3点目を奪えずにアンラッキーな形で失点をしてしまって、そこから相手の圧力がより増して、サイドに広げられてしまいました。そういう中で少し、前に出て行くパワーが無くなってしまい、守ること中心の後半になってしまったかなと思います。最後まで守り切れずに2失点してしまったのはやはり、我々にまだ力がないのと、私の采配も含めて、自分の責任だと思っています。もう少し、前に行けるような、そういう策というものをできればと思っています。ただ、選手たちは今日の試合で何人か、メンバーが変わって入りましたけど、90分間、途中から出た選手も含め、自分の役割をしっかり果たしてくれたと思っています。

Q:輪湖選手のゴール後からラインが下がりましたが、そこの課題は?

どうしても守備のところで受けてしまって、引きこもってしまうというか、相手の圧力を受けて、守備も前半のようにアグレッシブに奪いに行くことができず、守りに入ってしまうところは修正していかないといけないと思います。1点取られてもまだ、十分にリードしているわけで、気持ちの部分で少し受けてしまう部分が1番の問題なのかなと。そこでも立ち向かって、もっと前に行く姿勢、同じ守備をするにも強気な守備というものを続けていけるような、私自身の指導も含めしっかりしないと、と思っています。

Q:今日は3バックで臨みましたが、柏相手にどういうところを意識して3バックにしたのでしょうか?

柏さんはボールポゼッション率も高いですし、1人1人の個の力も非常に高いレベルの選手が揃っている中で、ボランチ、そして、中盤の前の選手の質というところ、コンビネーションであったり、縦パスからのスイッチのところであったり、そういうところはしっかりと3バック、5バックと中盤で抑えていきたいという意図がありました。また両サイドの2人のクロスであったり、サイドで広げられたところを抑えるという意味もあり、今日のシステムで戦いました。前半は非常に良い形でアグレッシブな守備もできていましたし、攻撃のところも我々のダイナミックな攻撃というのはできていたのかなと思っています。なので、前半の試合、前節の磐田戦とシステムは変わりましたし、メンバーも若干、変更もありますが、その中でも良いゲームができたのかなと思っています。後半、3点目を奪えなかったのが、我々の力のないところかなと。チャンスはあったと思いますし、また次はしっかりと修正して、気持ちの部分も含めてやっていきたいと思います。

Q:前半は特に左サイドの阿部選手が攻守に存在感を見せていたと思います。

今シーズン初の先発だったんですが、前半は攻守にわたってアグレッシブに、攻撃参加のところも左サイドの為田とのコンビネーションも含めて、良い形でゲームに入ってくれたと思います。後半の最後、ちょっとサイドの攻防に関しては足をつってしまったようなので、彼も次の試合に向けて良い準備をしてやってくれると思っています。

ハーフタイムコメント

・前半はいい守備ができている。後半も続けていこう。

・後半は守り切るのではなく、さらに点を取っていこう。

下平隆宏監督(柏)

前半は警戒していたセットプレーとPKでやられてしまい、ボールは動かしていて、主導権も握っている中での2失点ということで、かなり痛い前半でした。後半、落ち着いてプレーできているので、ボールの動かしどころと、相手の空いてくるスペースを突いて攻撃しようと話していて、それを選手たちが実行してくれて、うまく主導権を握りながらできたと思います。1点目は輪湖(直樹)のセンタリングからラッキーな形で奪ったものですが、2点目もうまく取れて、最後もう1点取れていれば勝点3ということで、そこはすごく残念でした。特に(リーグ戦4試合は)ずっと2失点していたので、この試合は失点を減らそうということで入りましたが、今回も2失点してしまい、そこは今後の課題です。

Q:後半の伊東(純也)選手の投入がポイントだったと思いますが、投入の狙いは?

押し込んだ状況のなか、サイドのところで今井(智基)と相手の選手が1:1でマッチアップすることが多かったので、そこで1:1に強い伊東を入れることで、もっと制することができるのかなということで起用しました。

Q:前半の守備の課題は?

ウェリントン選手にボールを入れてきて、ラインが下がってビビってしまうことがあったと思います。できるだけプレッシャーをかけて、楽に蹴らせない状況を作ればボールをもっと回収できたのかなと。ブロックを作ったところからのプレッシャーを徹底できればと思いました。

ハーフタイムコメント

・ボールは保持できているし、前進できている。最後慌てるな!

・ボールを奪われたら、すぐにプレッシャーをかけて絶対に逃すな!

・自分たちのサイクルに持っていけ!

濱田水輝選手(福岡)

負けた感じのする引き分けだった。後半、奪ったボールを攻撃につなげることができなかったが、1人1人がもっと奪いに行く守備をしないと、なかなか難しい。1失点目は狙われたのか、事故みたいな失点だったのかは、今はわからないが、そのダメージも大きかったと思う。ただ、GKを含めもっといい準備をしていれば防げた失点だった。(バイタルを使われていたが)前を向かせていないので、怖くはなかった。メンバーの入れ替えもあったが、連携面では問題はなかったと思う。後ろ3枚はしっかり統率が取れていたと思う。

為田大貴選手(福岡)

後半の途中まではチームとしても良かったと思う。2点のリードがあって、回されてはいたけど、余裕はあった。自分自身もサイドでタメを作れていたし、タクミ(阿部)との関係も悪くなかったと思う。ただ1点を取られた後、心理的に引かざるを得ない感じになって、そのなかでチームとしてどう前に出るかというのを、もっと話し合わないといけない。守備に関しては、うまくできていたと思うが、徐々に低くなってしまったので、引き込み過ぎず、もっと前にも行かないと厳しいと思った。

鈴木惇選手(福岡)

前半はいい形でできたと思う。後半、失点する前から下がり気味になっていて、2-0の状況で守りに入ったというのはあると思う。前半に飛ばし過ぎたこともあり、前への推進力がなかったのかなと思う。そこは改善しないといけないところ。失点も個人のちょっとしたところだと思うけど、ボールを持たれていることも原因なので、マイボールの時間をもっと増やすことをチームとしてやらないといけないと思う。

邦本宜裕選手(福岡)

全体的に下がった状況で入ったので、カットしてもボールを前に運ぶことができなかった。みんなキツイ時間だと思うけど、もっと前に走れたら状況は違ったと思う。自分自身はセカンドボールも拾えていたし、前回(開幕戦)よりはできたと思う。ただもっと前でプレーしたかった。1失点目はたまたま、という感じだとは思うけど、あれで流れが完全に変わってしまった。それでも、前に行けていれば2失点目はなかったと思う。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ