〔J2第5節:長崎vs.熊本〕アウェイ戦プレビュー:2週連続で臨むバトル・オブ・九州。長崎との一戦は、切り替えの勝負。

  • 明治安田生命J2
  • 第5節
  • 長崎
  • 熊本
  • 長崎県立総合運動公園陸上競技場
  • 2016年3月26日 18:00

 4連勝はならずも、先行される展開から追いついた前節の北九州戦。負けなかったこと、そして勝点を持ち帰れたことについては選手達もプラスに捉えているが、一方では反省の言葉も多く聞かれた。その多くは後半の入りに関してのもの。風の影響があったとは言え、「相手のプランに乗っかってしまって、入りが悪く、圧に押されて失点してしまった。切り替えが遅くなって、ボールを持たれる時間が長くなった」と、岡本賢明は振り返る。今節対戦する長崎については清川浩行監督も「特に守備から攻撃の早さがある」と指摘しており、そこでいかに上回れるかが大きなポイントになる。

 長崎はここまで1勝2分1敗。ホームで清水に敗れて以降3試合勝ちなしの状況だが、前節は今季初の無失点を演じ、特に後半は京都に1本のシュートも許さなかった。3−4−3の布陣を採っているが守備時にはきっちりと人数を揃えて対応するシーンが見られるため、攻撃で手数をかけて相手の状況が揃ってしまうと、熊本としては崩しきるのは難しくなる。同じく3バックのフォーメーションだった松本との開幕戦同様、DFラインの脇、あるいは左右ウイングバックの裏のスペースを有効に使えるかが鍵だ。

「3枚のうち1人を引き出してDF間の距離を広げる事をイメージしてプレーしたい。ただ、そこばかり意識しすぎて空いている選手が見えないとチャンスの確率が下がるので、周りをしっかり見るようにしたい。ボールを奪われてからの切り替えも課題なので、攻撃はシュートで終わるとか、やりきることも大事になる」と平繁龍一は言う。

 清川監督が考えるのも、攻撃のテンポと連動だ。「相手がブロックを作ってボールを持てている時に、考えすぎたり狙いすぎたりして不用意に取られてはいけない。テンポ良く動かしながら人が動いて絡み、相手を外してゴールに迫らないと、パサーから1人の受け手へという流れで1点、ということはそうそうない」と話す。だからこそ、相手のプレッシャーを受けてもイージーに蹴って失うのではなく、ボールホルダー以外の選手が受ける動きを繰り返し、丁寧に1つ1つ外しながら運んで行くこと、その判断を誤らないことが求められる。

 また、「奪われてすぐに取り返した時がチャンスになる」と岡本が話すように、守備への切り替えの意識を共有することも不可欠。状況に応じてセットし遅らせる対応をしながら、基本的にはボールを奪いに行くスタンスを貫きたい。ボールの出どころへよせることによって、早い段階からのクロスに対して少しでも精度を落とさせることが可能になる。

 争点となるボールのある局面のみならず、オフ・ザ・ボールの際にも1人1人が集中を欠かず、細かいポジション調整や予測も含めた準備ができるか。そのためのハードッワークを90分間を通して継続し、トランジションの場面で1秒でも1歩でも相手を上回れるか。細部へのこだわりが勝負を分ける一戦だ。

   

   

Reported by 井芹貴志



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ