〔J1 1st 第9節:FC東京vs.福岡〕アウェイ戦プレビュー:攻撃につながる守備に挑めるか。ミスを恐れず、前へ。

  • GW連戦が始まる。初戦で勢いに乗れるか
  • 明治安田生命J1
  • 1st 第9節
  • FC東京
  • 福岡
  • 味の素スタジアム
  • 2016年4月29日 17:00

リーグ戦の未勝利は続いているが、失点数だけ見れば、リーグ7位タイ(9失点)と堅守を見せている福岡。しかし4月の公式戦は4試合ノーゴールと、守備から攻撃につなげられない点が、依然として課題だ。「(G大阪戦は)守備ラインは高く保つことができたが、攻撃の起点となるパスを通せなかったことが反省点」とDF田村友。

前節は特に、FWウェリントンを封じ込められたことで、前線の起点を失った。福岡は、ボールを奪ったら、ウェリントンへのロングボールから一気に前へ攻め込むスタイルを得意とするが、起点を失ったときに、ボールを引き出す動きや、前線に攻め上がるための時間を作るプレーが、あまりにも少なかった。

「チーム全体の意識として、まずは守備のブロックを作る。そのなかで、前から行けるときは前線からプレッシャーをかけていこうと話しているが、J1のレベルだと、プレッシャーに行っても、もっと連動しないと奪えない。(その部分でも)リスクを冒して行かないと、攻撃につながらない」と話したのは亀川諒史。前線から“もっと連動して”プレッシャーをかけて、高い位置でボールを奪うこと。低い位置でボールを奪ったときに、タメを作るためのボールの引き出しをすること。シュートやクロスの精度も重要だが、この2点が、守備から攻撃へつなげるための課題になるだろう。

対戦するFC東京は、ACLと並行してリーグ戦を戦っているため、4月はすでに6試合を消化する。連戦による疲労も見られ、4月のリーグ戦は1勝2敗1分と負け越すが、「どちらかと言うとカウンター主体で縦に速いので、(J2で)昨シーズン多く対戦したようなスタイルのチームだが、その質が高い。嫌なことをシンプルにやって来る」と、井原正巳監督は警戒する。

FC東京は、ケガで離脱していた駒野友一が復帰し、その駒野と徳永悠平の両SBに加え、CB森重真人と最終ラインには日本代表選手が並ぶ。次戦ACLがアウェイでの戦いになるため、メンバーの入れ替えはあるかもしれないが、福岡にとっては、その守備陣を崩すことも容易ではないうえ、そこから前線への配給、突破にも警戒しなければならなく、難しい試合になるだろう。攻撃陣にも、日本代表10得点の前田遼一、前節ゴールを挙げた平山相太、スピードがあるオーストラリア代表のネイサン・バーンズなどタレント豊富だ。

それでも強気に、リスクを冒してでも“攻撃につながる守備”ができるか。勝利を手にするために、ミスを恐れず挑んでほしい。

   

   

  • 好セーブを見せるGKイ・ボムヨン。「軍隊で崩れた体も戻りつつあるし、良くなっている」。
  • 金森&亀川のサイド攻撃から得点につなげたい。「焦れずに、チャンスでしっかりと仕留めたい」。

Reported by 新甫條利子



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ