〔J1 1st第14節:福岡vs.広島〕各種コメント・試合前写真

  • 第14節広島戦のスターティングメンバー
  • 明治安田生命J1
  • 1st第14節
  • 福岡
  • 広島
  • 18分 ピーター・ウタカ(広島)
  • 31分 宮吉拓実(広島)
  • 36分 柴﨑晃誠(広島)
  • 54分 宮吉拓実(広島)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2016年5月29日 14:04

井原正巳監督(福岡)

今日も悪天候の中、多くのサポーターが駆けつけてくださって、その中で昨年のチャンピオンである広島さんを迎えました。0-4という結果になり、4点取られた試合は初めてですし、不甲斐ない結果になってしまったことを本当に申し訳なく思います。今日はシステムをミラー的に合わせたんですけど、そういう中で広島さんの前線の崩しの質、最後のアタッキングサードの決定力含めて、そういうところに少し簡単に失点してしまったのがゲームをあのような状況にしてしまったのかなと思ってます。システム含め、今日の布陣を判断したのは私ですので、今日は自分の判断ミスだったと思います。後半はシステムを変えて、選手たちも意地を見せようということで攻撃にいく姿勢というのは十分に見せてくれたと思ってます。長いシーズンですから、こういうゲームも必ずあると思いますし、そういう中で次のゲームでいかに修正していくか、また切り替えていくかというのが我々のチームにとっては大事になってくると思います。次は名古屋との決戦が中3日で控えておりますので、そこに向けてチームがもう一度ひとつになり、そして修正すべきところは修正してしっかりとホームゲームで結果を出せるようにいい準備をしていきたいと思います。

Q:ミラーゲームを決断した理由と、中村(北斗)選手を左サイドに起用した意図は?

広島さんの両ワイドの選手の質や仕掛けが攻撃の特徴でもありますし、そういう中で亀川がオリンピックからケガをして帰ってきたこともあるので、今日は北斗で(ミキッチの)個の部分を抑えにいこうというところがありました。そして、広島さんとはキャンプでもトレーニングマッチ等で試合をしてますので、まずはしっかりとした守備から入ろうという意図はあったんですが、広島さんの両ワイド含めた5枚との5:5のところで、剥がし方であったり、またあまりにも(福岡の守備陣が)1:1のところに集中しすぎて、横に出された時のカバーやスライドの部分でチャレンジ&カバーが遅れてしまったと思っています。それぞれ自分のマークは見ているんですが、4枚の時と違って、自分の当面の相手だけという意識がちょっと強くなりすぎたのかなというところは反省ではあります。そういうところを出さないための3バックではあったんですが、逆にそれが今日は、前半の中ではポイントになってしまったのかなとは思います。

Q:邦本(宜裕)選手をボランチに起用した意図は?

3バックの時はボランチで起用したこともありますし、彼の起点となるプレー、ボールを受けてからの効果的な配球というのは、ボランチの位置でできるというところで、攻撃の質を高めたいという目的で先発させました。

Q:ダニルソン選手は約1カ月ぶりの出場となりましたが、評価と現在の状態は?

練習合流して、コンディションも上がって来たのでメンバーに入れました。試合状況に関わらず、途中から投入しようと考えていました。まだまだ動きの量や、守備のところのパワフルさなど、これから上がっていくのかなと思いますが、ボールを持った時の落ち着きであったり、配る質はさすがだなと思います。もっともっとやってもらわないと困りますが、今日半分出られたということは、チームにとっても彼にとっても大きいのかなと思います。

ハーフタイムコメント

・まずは1点返そう

・全員でハードワーク、カバーし合うこと

・最後まで集中を切らさない

森保一監督(広島)

アウェイという厳しい戦いの中、選手たちが勝点3をつかみ取ってくれたことは良かったと思います。前節はG大阪に1-3で完敗して、その前も柏に引き分けてという中で、ホームで勝利をサポーターの皆さんに届けることができなかったというところで、今日はアウェイではありますが、福岡にたくさんのサポーターのみなさんが我々サンフレッチェの後押しに来てくださって、そこで選手たちが勝利をつかみ取る執念を持って、勝ちたいというギラギラしたものを見せてくれて、サポーターの皆さんに勝点3を届けられたことも良かったと思います。試合は、選手が本当にこの試合、アウェイで苦しい戦いになるという中で、相手どうこうというより、我々は前節の敗戦から、この試合は絶対に勝つんだという勝利に対する執念を見せ、アグレッシブに攻撃では相手のゴールに向かっていく、守備では球際の厳しさ、そういうギラギラしたものを見せてくれました。それが4得点、無失点ということにつながったと思います。選手は今週、今日のようなプレーを、選手自らが意識してトレーニングしてきたので、それが今日の試合に出たと思いますし、しっかり準備してくれて結果につながったので、これを続けたいと思います。

Q:今日はサイドとトップ下の2人を入れ替えて臨みましたが、それが勝利につながったということになりますか?

入れ替えてなくても勝利するつもりで戦っていますが、今日、宮吉(拓実)と清水(航平)が入りましたが、彼らに求めるものはすべて出してくれました。2人ともトレーニングやトレーニングマッチで良いプレーを見せていましたし、宮吉に関しては、相手は大学生でしたけど(トレーニングマッチで)ゴールも決めてくれましたので。清水もアシストがありましたし、背後に抜けるプレー、相手のブロックの前でプレーするのではなく、まずは相手の背後を取っていくという積極的なプレーからのクロスや、ボールを受けたときも、セーフティにつなぐのではなく、縦に仕掛けていく、相手のゴールに近づくプレーを期待して起用しました。2人とも期待するものは出してくれたと思います。

Q:(ピーター)ウタカ選手の今日の働き、これからさらに得点するためのチームとしての展望は。

彼の良さは、自身のゴールももちろんですが、周囲の選手を生かしてチャンスメークもできるところ。今日も前線でターゲット、起点になり、周囲が動き出しやすいように時間を作ってくれました。彼を起点に縦のコンビネーションで相手ゴールを狙うなど、我々の攻撃にアクセントをつけさせてくれる選手。今日は4得点していますし、これ以上1試合で取るというのは難しいとは思いますが、連携・連動の部分ではまだまだ向上する余地はあると思いますし、そこを上げることで攻撃のロストを少なくして、試合の主導権を握って戦えるように、チームとしてやっていきたいと思います。

ハーフタイムコメント

・0-0の気持ちでやっていくこと

・走ること、戦うことを忘れずに

・リスク管理をしっかりやること

中村北斗選手(福岡)

(左サイドは)福岡に戻ってきてからは初めて。大宮以来ですね。今日はチーム全体として点差の開くゲームになってしまった。全体的に人を意識しすぎてしまい、後半のように人もケアしつつカバーもできればよかった。相手の前も5枚で、こっちも5バックだったので、ボランチかサイドを落とさないといけなかったが、0-1のところで、ホームということもあるし、焦れた部分もあって、前にかかってしまった。2失点目のシーンも、最初はリトリートしていたけど、相手が来たら行ってしまって、そこを突いてやられた。今日の試合というより、今後を見ても4失点は厳しい。得失点差も絡んでくることだし、そういうところを、自分としてもチームに伝えないといけないと思う。頑張っていない、ということではないので、もっと役割をハッキリさせることなど(J1を)経験している自分が伝えていきたい。

キム・ヒョヌン選手(福岡)

(広島は)前で5枚が張っているので、(自分たちも5枚で守っているため)誰かがチャレンジしたら、誰かがカバーするということを練習で意識してトレーニングしてきた。それが少しずつズレが生じて、失点につながってしまった。後半、お互いにカバーすることを徹底して、改善することはできたと思う。しかし4失点は心理的にも動揺がある。長いシーズンの中で、いかに立て直すかが重要。たくさんのお客さんに来ていただいた中で、残念な結果になってしまったが、次もホームで名古屋と対戦できるし、最善を尽くして、降格圏を脱するという目の前の目標に全力で向かいたい。

邦本宜裕選手(福岡)

広島は後ろからつないできて、自分たちが保持する時間が短かった中、今日(前半)は自分たちのFW2枚が裏を狙っていたので、1人は落ちてボールを受けて欲しいと思っていた。そういったことも、キチンと伝えていかないといけない。後半は足元でつなげたので、そうした部分を前半から出せればよかったと思う。自分としては、最後のパスの質を向上したいし、取られる場面も多かったので、そこを課題にしっかりとトレーニングしていきたい。

末吉隼也選手(福岡)

ゼロに抑える時間を長くしたいと臨みましたが、早い時間帯に失点してしまい、難しい展開になってしまった。それでも前半は0-1に抑えなければならなかったが、結果的に3点を奪われしまい、試合運びの上手い広島に3点を奪われたら、正直、逆転するのは難しかった。(広島は)点を取った後は無理に縦パスを入れなくなって、時間をかけてゆっくりとボールを回して、こちらが取りに行った時に縦パスを入れるようになった。リスクを抑えつつ、効果的な攻撃を仕掛けてくるあたりが上手かった。(コンビを組んだ邦本は)攻撃に良さがある選手。できるだけ彼に自由を与えて、良いところを出させてあげたったが、それもできなかった。

〔J1 1st第14節:福岡vs.広島〕プレビュー

  • 引き締まった表情で入場する末吉
  • 広島からサンチェくんも参戦!


広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ