〔九蹴日記〕鹿児島:「ユナ女会」で広がる鹿児島サポーターの輪。

  • たくさんの女性サポーターが集まった「ユナ女会」。皆さんも仲間に入ってみませんか?

6月11日、鹿児島市内某所で「第1回ユナ女会」が開催されました。
「ユナ女」とは、鹿児島ユナイテッドFCを応援する女性サポーターのこと。鹿児島を愛する女子による、記念すべき第1回目の女子会ということですね。

ユナ女会の参加条件は「鹿児島ユナイテッドFCを応援している女子」で、ドレスコードは「鹿児島ユナイテッドのユニフォーム」。 そんな鹿児島ユナイテッドFC初の試みが、サポーター有志の企画によって実現したのです。
「ユナ女セレクション」など、公式でも女性サポーターの獲得に力を入れている鹿児島ユナイテッドFC。この日のユナ女会でも、ユニフォームを思い思いのコーディネートで着こなした女性サポーターが多数集い交流を深めました。
まずは参加者の自己紹介から。それぞれ、鹿児島サポーターになった経緯なども話していきます。
「スタジアムで見たことはあるけど話したことはなかった」というサポーター同士もすぐに意気投合し、鹿児島ユナイテッドFCやサッカーの話題で大いに盛り上がりました。
最後は参加者の「推しメン」発表タイム。推している理由も発表され、周囲からは「分かる~」と同意の声が。どの選手が人気だったかは・・・皆さんのご想像にお任せします。
時間はあっという間に過ぎますが、会が終わった後はユニフォーム姿で市内を歩いて記念撮影。道行く人たちから「鹿児島ユナイテッドだ!」「かわいいね!」と声をかけられる場面もあり、ユナ女の皆さんも「今度試合がありますから、鴨池に来てくださいね!」と宣伝を忘れません。
その後は鹿児島ユナイテッドFCオフィシャルの「ユナイテッドカフェ」に場所を移し、楽しいひと時を過ごしました。

第1回ユナ女会は大成功に終わり、早くも第2回開催の話が出ているようです。こういったユナ女発信の取り組みも、サポーター同士のつながりを深めていく良いきっかけになるのではないでしょうか。

鹿児島ユナイテッドFCの今期の平均観客動員数は3397人(J3第12節終了時点)。
昨年と比較すると増加していますが、クラブの目標は平均5000人と、現状に満足することなく先を見据えています。
Jリーグ全体に言えることですが、どちらかというと男性サポーターの比率が多い現状を考えると、女性サポーターの獲得は、観客動員増加のための一つのキーワードになるかもしれません。

ユナ女同士の交流や、スタジアムで過ごす時間を楽しんでもらえるような試みをこれからも続けていくことができれば、サポーターの輪ももっと広がって、今まで以上に賑やかで楽しいスタジアムになっていくのではないでしょうか。
これから「ユナ女会」がどんな展開をみせていくのか楽しみですね。
皆さんもユナ女と一緒に、充実のサッカーライフを送ってみてはいかがですか?

   

   

Reported by 「ユナ会」に取材ではなく参加したかった川畑究無



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ