〔J2第20節:千葉vs.北九州〕アウェイ戦スコア

  • 明治安田生命J2
  • 第20節
  • 千葉
  • 北九州
  • 25分 原一樹(北九州)
  • 76分 風間宏希(北九州)
  • 82分 エウトン(千葉)
  • フクダ電子アリーナ
  • 2016年6月26日 18:03

千葉は4分、いきなりの近藤直也の負傷で選手交代をせざるを得ず、出鼻をくじかれてしまう。リズムに乗れないまま連係ミスも目立ち、流れは北九州へ。25分、風間宏希の縦パスにオーバーラップした星原健太が反応して高い位置でボールを受け、すかさずクロス。これは千葉GK佐藤優也が跳ね返すが、詰めていた原一樹が豪快に振り抜き北九州が先制する。

北九州は中央のブロックが奏功し、千葉は近い位置からのシュートがなかなか打てなかった。しかし時間の経過とともに押し込み、クロスも入るようになっていく。だが、その千葉の時間を砕くように、76分、原のクロスに風間が頭で合わせて追加点。リードを2点に広げ、試合をほぼ決定づけた。終盤にはエウトンにクロスからネットを揺らされるが、1点差に詰め止されても北九州は耐えしのぎ、2-1で白星を飾った。

これで対千葉戦は6連勝。ここまでなかなか前に出られなかった風間が2得点に絡む活躍を見せ、収獲のあるゲームになった。順位は21位で変わらないが勝点を17に伸ばし、次戦で降格圏脱出の可能性も出てきた。

次節は前半戦最終戦となる。7月3日午後6時キックオフで、ホームに東京Vを迎える。

   

   



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ