〔九蹴日記:鹿児島〕「堅守」鹿児島を支える守護神。チームと共にさらなる飛躍を目指す(山岡哲也選手:鹿児島)

  • 数々のファインセーブでチームを救ってきた山岡選手。これからのリーグ戦でも、彼の力は必要不可欠だ。

「ああ、これはやられた!」
鹿児島が迎えた決定的なピンチ。しかし、次の瞬間放たれたシュートは、その両腕にガッチリと収められていた。
今シーズン、そんな光景を何度目にしただろう。
あわやというシーンを数々のファインセーブで切り抜ける、頼りになる守護神。彼が防がなければ失点していたであろう場面も多く、その貢献度の高さは得点を奪った選手たちに勝るとも劣らない。
今期、鹿児島ユナイテッドFCに加入したGK山岡哲也選手は、既にチームに欠かすことのできない存在になっている。

昨季、SP京都のGKとして対戦した鹿児島からのオファー。
「力のあるクラブだとは思ってましたし、JFLの中でも、僕は一番やりたくないというか、苦手なチームでした。嫌なチームでもあり、すごく魅力的でもあり、自分もこのチームに入りたいとは最初から思っていたので、呼ばれたときは素直に嬉しかったですし、すぐに行こうと決めました」という山岡選手。チームにとっても、本人にとっても待望の加入だった。一緒にSP京都から加入した藤本選手、麻生選手と共に、チームメイトと打ち解けるのにそう時間はかからなかったようだ。
「みんな仲がいいですし接しやすいので、すぐにチームに溶け込めました。見本となる二人のGKがいて、毎日の練習もすごく意識が高いですから勉強になりますし、自分としてもレベルアップできていると思います。練習の時はやっぱりライバル心むき出しにはなりますし、一つのポジションを狙ってるわけですからバチバチやるんですけど、いい先輩でもあり、いい同い年でもあるし、技術もしっかりしてるのでずっと尊敬してますし、二人とも盗めるところを毎日盗んでいます。練習が終われば一緒にご飯行ったりもしますし、色々私生活のことを話したりもする良い仲間だと思っています」(山岡選手)

良きライバルを、良き仲間を得て、彼らとしのぎを削りながらアピールを続け、見事スタメンの座を勝ち取った山岡選手。
山岡選手加入後の今シーズン、チームも山岡選手自身も好調を維持している。J3での鹿児島の躍進を驚く声もあるが、山岡選手自身は「僕はSP京都の時から、J3に上がった長野パルセイロだったり、上のカテゴリーでやっているチームとは試合したことはあったので、J3のイメージは自分の中では持っていたんですけど、鹿児島ユナイテッドのことを思うと、JFLの時から上で通用するチームだと思ってました」と、鹿児島の持つ力を信じて疑わない。
山岡選手は14節を終了した時点で全試合フル出場を果たしており、鹿児島のリーグ最少失点に大きく貢献している。

そのプレーでまず目を引くのが、守備範囲の広さとハイボール処理の上手さだ。
ロングボール、クロスボールへ瞬時に反応し、屈強な相手FWにも競り負けることなく確実に対応する。180cmを超える長身選手の少ない鹿児島にあって、このハイボールへの強さは守備陣に安定感をもたらしている。

そして、特に強く印象に残るのがポジショニングの良さ。
相手がシュートを打った時点で、シュートコース上にポジショニングできている場面が非常に多い。素晴らしいセービングを見せた場面でも、反応の早さはもちろんだが、立ち位置が良かったからこそボールに触れることができたと思われるプレーも数多い。この点について山岡選手に伺ってみたところ、次のような答えが返ってきた。
「このチームの良さでもあるんですけど、みんながハードワークをして誰ひとりサボらないですし、最後まで粘り強く守備をしていることで、最後のシュートコースが切れるところがあるので、シュートコースが読めるくらい寄せきれている。自分が止めやすいようにしてもらえていると思います。ディフェンスを信頼しているので、コースを切ってくれているという意識から、そこに構えていられるのかなと思っています」
どんな優れたGKだとしても、広いゴールを一人だけで守るのは至難の業だ。守備陣が粘り強く守り、シュートコースを限定することで、GKは空いている方のコースに的を絞ることができる。山岡選手は守備陣を「信頼している」と語ったが、その守備陣もまた、山岡選手の実力を信頼しているからこそ、シュートコースを限定することに集中できているはずだ。スーパーセーブを生み出すためには、GKとDFが信頼関係を築けているかどうかが非常に重要なのだ。

そして、GKによる最後尾からの「声」というのも、チームを勝利に導くための大きな要素の一つとなる。
「試合通じてピンチの場面はあるので、『今は耐えて次の攻撃につなげよう』というディフェンスへの声かけであったり、勇気づけであったりというのは大事にしていますし、チャンスの時はどんどんチームが乗るように、良い声かけをしていければ良い攻撃にもなりますし、また守備でも頑張れると思います」という山岡選手。
最後尾からチーム全体をみることができるGKというポジションは、常に戦況を把握し、適切なコーチングをしていくことも求められる。山岡選手は、このコーチングという点においても選手、監督の評価を得ている。

さらに、「キックなどで攻撃の起点になれればそれが一番」「練習からもっとポゼッションに参加して、後ろからゴールにつなげられる攻撃ができれば魅力的ですし、楽な攻撃の仕方でもあるので、そういうところを練習からもっともっとやっていって、レベルアップできたら」と、今後は攻撃につながるプレーの向上にも意欲を燃やす。GKとしての能力は、J3の中でも既に高い水準にあると思うが、これからもさらなる成長を見せてくれそうだ。

GKというポジションについて、「自分が止めるか、止めないかで試合が決まってきますし、その分託されるものは大きいと思うので、チームを助けるためにできることをしたいなと毎試合思っています。そこがGKの魅力かなと思います」と語る山岡選手。
ハイライトやニュース等では、どうしても得点シーンがクローズアップされやすいが、決定的な場面でのセーブは得点と同等の価値を持つ。ストライカーと同様に、勝ち点を引き寄せる決定的な仕事を任されたポジションなのだ。
もちろん、ピンチは少ないほうが良い。「シュートを打たせないGKが最も優れたGK」という言葉もある。だが、相手をシュート0本に抑えられる試合はそうそうない。どれだけ良い守備をしていたとしても、相手に決定機を作られる場面は出てきてしまうものだ。 そんな絶体絶命のピンチを、スーパーセーブで救う。絶望的なムードに包まれそうになるピッチを、一転興奮の渦に巻き込む。GKというポジションは非常に魅力的だ。

安定したプレーと決定的な仕事でチームの躍進を支える山岡哲也選手。成長し続けるチームの中で、これからもチームの勝利に貢献し続けてくれることだろう。そして、彼自身もまた、チームと共に成長を続けている。
今シーズンが終わる頃、山岡哲也選手がどんなGKになっているか、楽しみでならない。

   

   

  • 「まず次の試合に勝つことに専念して、リーグはまだ続きますので、最後リーグが終わった時に皆さんと一緒に笑えるように、毎試合毎試合頑張るので応援よろしくお願いします」(山岡選手)

Reported by 川畑究無



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ