〔九蹴日記〕鹿児島:「今よりも全て、上手く、強く、速くなる」。成長を続けるサイドバックがさらなる高みを目指す。〔関光博選手:鹿児島〕

  • 今シーズン、全試合出場を続ける関光博選手(鹿児島)。鹿児島のサイド攻撃を支え、その経験とプレーでチームを引っ張っている。

サイドバックは過酷だ。攻撃時は最前線まで上がってチャンスメイクし、ゴールにつながるプレーを求められる。逆にボールが相手に渡れば、すぐさま最後尾まで戻って守備に注力する。
直接得点を奪う機会は少なく、ミスは即失点につながる。ヒーローインタビューを受ける機会もそう多くはない。だが、攻撃、守備、スピード、スタミナ・・・全てにおいて優れた能力を有する選手でなければ務まらない。それがサイドバックというポジションだ。

関光博選手は、鹿児島ユナイテッドFC不動の左サイドバックとして、右サイドバックの冨成選手とともに、サイド攻撃を主体とするチームを支えている。

かつてはMF等攻撃的なポジションでもプレーしていた関選手。チャンスの時はピッチ際を駆け上がり、巧みな連係で相手を切り崩すと、左右どちらからでも繰り出せる正確なクロスボールをゴール前へ送り込んでいく。
「今チームでは、守備の選手だけで守るんじゃなくて、チーム全体で前からしっかりプレスをかけて、なるべく高い位置で奪おうということをやってて、守備の時は前の選手がボールを追って僕らを助けてくれるんで、攻撃になったら、前に入った瞬間に数的優位を作るためにパスコースに顔出してあげたり、逃げ道を作ってあげたり、追い越して行ったりすることで攻撃の厚みも出てくると思います。今は左サイドをやってるんで、そこでは守備も攻撃も主導権持ってやりたいというか、左サイドは永畑とやることが多いんで、二人で相手を圧倒するようなプレーをやるようにしています」という関選手。実際、鹿児島ではこのサイドからの崩しがチームの中心的な攻撃パターンになっている。
その攻撃につなげるための守備も、鹿児島にとって重要な要素のひとつだ。関選手は、そこでも重要な役割を担っている。
関選手のディフェンスは、一対一の場面でも、パスで崩しに来ても、「関選手なら上手く対応してくれる」と思える安心感がある。関選手にとって、守備で大切なことは「予測と準備」そして「試合を読み解く力」なのだそうだ。
「守備ってポジショニングと予測と体の向きと、相手がどういうプレーをしたいのかとか、どういう意図をもってやってるかっていうのを予測しながらやるもんだと思ってるから、そういうのを相手の位置、ボールの持ち方とかを判断して、ポジションや体の向きで守るようにしています。ボールが相手に入ったところでは、練習でやってる足の運びとか、寄せ方とか、一対一の強さとかを出していけばいいと思う。相手の体の向きとかで、ボールが出てくる所っていうのは決まってるから、それに対してポジションをとったり、体の向きを作ったりするだけで相手がボールを出しにくくなったり、動きづらくなります。それは、僕が攻撃の選手だったんでよく分かるんですけど。攻撃の時、自分のマッチアップする選手に『上手く見られてるな』と思うとすごくやりにくかったから、守備ではそういうことができるように心がけてます」

自分自身が攻撃的なポジションでプレーしてきた経験が、守備でも活かされているのだ。今まで培ってきた数々の経験を駆使して、ゴールに鍵をかける関選手。その経験は、高いパフォーマンスを維持し続けるコンディショニングにも表れている。

今シーズン、関選手はチーム最年長ながら、運動量を求められるサイドバックのポジションで全試合フル出場を続けている。
「若い時はただがむしゃらにやることも多かったし、練習すればするだけ上手くなると思ってやってました。今は若い時とは明らかに体も違ってるけど、これまでの経験があるから。若い時にベテランの選手とか見てきてるし、色んな話を聞くことも多かったので、そういうのを参考にしながら、どういう風に調整したらいいかとか、探りながら、試しながらいいものは取り入れていって、効率よくしていってます。もっと上手くなりたいし、もっと速くなりたいし、もっと強くなりたいから。もっと自分でも成長できると思ってるから、どうすれば上手くなる近道なのか、試合に良い状態で持っていけるのかを探りながらやってます」

サッカーを始めた頃から積み重ねてきた経験、先人から学んできたことが、今の関選手を形作っている。昨シーズンは怪我で戦列を離れた時期もあったが、その一年分の経験も、今年のコンディショニングに活かされていることだろう。

選手としてはベテランの域に入っている関選手だが、その向上心が衰えることはない。J3参入で2位と健闘しているチームにも、自分自身にも、さらなるレベルアップを求めている。
「2位ということで、栃木とは6差ありますけど悪くないと思います。僕らは上がってきて、全部のチームが格上という気持ちはないですけど、一試合一試合チャレンジする気持ちで、圧勝とかはできないですけど、粘り強く、らしさを出して戦っている感じですね。言っても僕J1でやってないし、J2でやることが多かったから、もっと上でやりたいっていう気持ちもあるし、去年JFLにいる時もそうでしたけど、上に上がることが目的じゃなくて、上に上がってどういうプレーをするか。またさらに上に上がれるようにプレーするっていうのを心がけてやってきたし、今年も『J3で戦うため』じゃなくて、『J3で結果を出してJ2に上がるため』にどうプレーするかっていうのを考えてやってます。個人としては、全部今よりレベルアップすること。個人がレベルアップすればチーム力も上がると思うし、チームの前に個だと思ってるから。一人一人が『自分がやる』っていう強い気持ちを持ってやるチームが結局は強いと思う。今よりも全て、上手く、強く、速くなることで、上でも通用すると思います。全てにおいて成長したいです」

その力強い言葉からは、彼自身と、鹿児島の未来が感じられる。現状に満足することなく、さらなる高みで輝く日を信じて歩み続ける関選手。
歴戦の勇士が、鹿児島を次のステージへ導いていく。

   

   

  • 「これまでホームもアウェーも多くのサポーターの方が応援に来てくれて、だからこそ僕らは上がって一年目でもこれだけ結果も出てると思うので、僕らは努力して試合で結果を出すために、また多くの方の応援で一緒に勝てればと思うので、これからも応援よろしくお願いします」と、サポーターへのメッセージを送ってくれた関選手。これからさらに結果を出していくためにも、サポーターの皆さんにはスタジアムでより多くの声援を送って頂きたい。

Reported by 川畑究無



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ