〔天皇杯1回戦:福岡vs.鹿児島〕各種コメント・試合前写真

  • 福岡と鹿児島の九州ダービーになった天皇杯1回戦
  • 天皇杯
  • 1回戦
  • 福岡
  • 鹿児島
  • 9分 藤本憲明(鹿児島)
  • 12分 中原秀人(福岡)
  • 28分 田村友(福岡)
  • 45+1分 藤本憲明(鹿児島)
  • 60分 オウンゴール(福岡)
  • 75分 邦本宜裕(福岡)
  • 80分 金森健志(福岡)
  • 87分 三島勇太(福岡)
  • 90分 末吉隼也(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2016年8月28日 16:00

井原正巳監督(福岡)

リーグ戦では8月に勝利がなかったですが、今日は天皇杯1回戦ということで、過密日程のところもあり、普段出場機会の少ないメンバーで臨みました。鹿児島さんは今、J3で2位と好調なチームなので、決して油断せず、しっかりとゲームに入るように、相手にスキを与えず戦おうということで、選手たちは90分間勝利のために良い戦いをしてくれたと思います。前半は少し苦戦しましたが、後半は狙い通りカウンターも効いて、追加点を多く奪うことができました。この勝利は次につながると思いますし、中2日でルヴァンカップ、その後もルヴァンカップのホーム、天皇杯とありますので、また良い準備をして、次のラウンドに行けるようにしたいと思います。

Q:7得点をどう今後につなげたいか。

7得点というのはチームにとっても明るい材料ですし、もちろん相手の力関係もありますが、狙い通りのサッカーができたこと、ゴール前の入って行き方や質を高めていけば、高いレベルでもゴールに近づくということ、そして普段出ていない選手たちがゴールを挙げることで、他の選手たちにも良い刺激になったと思いますし、相乗効果でチームに良い競争が生まれて、今後につながっていけばいいと思います。

Q:中原(秀人)選手を前線で起用した意図は?

メンバー的にも苦しい状況の中で、0トップという形を選択しました。秀人はどちらかと言うとボールを引き出す選手なので、彼に引き出させて、ユウタ(三島)やシモ(下坂)またはサイドのオーバーラップを意識して攻撃をしようということで、先日からそういう形でトレーニングをしてきました。カウンターは必ずできるという分析もありましたし、後半は特にそういう形が多く出せたと思います。秀人は良くボールに絡んで、起点を作ってファールをもらうなど、良い働きをしてくれたと思っています。

Q:前半の2失点については、リーグ戦と同じような課題も見えました。

2失点以上していてもおかしくない内容だったと思います。トーナメントなので、勝てばいいという話しはしていましたが、前半は特に単純なロングボールに対して1つ目を跳ね返せない、セカンドボールを拾われる、押し込まれる、決定的なシーンを作られるというところで、崩されていないのに決定的なシーンを作られて、その中から失点もしているので、そこは反省点になると思いますし、チームとして改善しなくてはいけないと思います。ただトーナメントは、僕はPKであれ勝てばいいと思うので、まず結果が大事だったので、そこは勝って前向きに修正したいと思います。

   

浅野哲也監督(鹿児島)

ご覧のとおり完敗だと思います。ただ、天皇杯は結果がすべてなので、結果に関してはダメでしたけど、J1の福岡さんがどういうメンバーで来ようが、J1の福岡というチームに対して決して引くことなく、積極的にプレーをしていこうという中では、選手たちはよくやってくれたと思います。後半は少しバランスを崩して、そこから失点を重ねましたが、選手たちは最後までもう1点を取りに行こうとしてくれたと思いますし、そういう姿勢は評価したいと思います。当然、格上の相手に勝つためにはいろんな戦術や戦い方があるんですけど、我々はあくまでもリーグ戦と同じような戦い方を、ビスパさんに対してもしようということで臨みました。結果的にこういう結果になったので、私の責任です。選手たちには下を向くんじゃなくて、リーグ戦再開に向けて、もう一度士気を高めてやっていこうという話しをしました。今日の結果に関してはやはり私の責任が大きいと思います。

Q:前半は2-2というスコアでしたが、前半の戦いは?

入り方は非常に良かったと思います。徐々に福岡さんに押し込まれる展開になりましたけど、よく追い付いて良い流れで後半を迎えられる雰囲気でした。後半は全体的に相手の質というか、細かいところですけど、寄せとか、それから振り切られる場面もたくさんあって、逆に我々の攻撃に関しては最後の精度、いつもそうですけど、そこで相手に引っかかってカウンターを食らう。そこは勝負をかけたので仕方がないといったら語弊がありますけど、点を取りにいったので多少はああいう形でバランスを崩したことも仕方がないのかなと。

Q:この経験を、今後どのように生かしたいですか?

経験と言いますか、これがJ1との差だなというところで、チーム全体もそうですし、個々のところも感じたところがみんなあると思うので、この差をどう埋めていくのかが我々の課題であり、リーグ戦で残り10試合戦う中で、上のカテゴリーで戦う上での技術、戦術、チーム力という課題を今日突きつけられたので、普段のトレーニングからリーグ戦に向けてやっていくしかないと思っています。

   

中原秀人選手(福岡)

(先発出場で兄弟対決になりました)素直に試合が楽しかったので、リーグ戦やルヴァンカップにつなげていきたいと個人的には思っています。(先制ゴールについて)0-1で長い時間を過ごしていたら、相手も固めてしまうので、できれば早い時間で点を取りたかったですし、自分らしくないゴールでしたけど、そこはしっかりと練習でも中に入って行くようにと言われていたことを表現できたので良かったです。相手も立ち上がりにガツガツ来ていましたし、ウチも試合慣れしていないメンバーだったので、(前半は)バタバタした流れでしたが、自分なりには点も決めたこともあり、しっかりと試合には入れていたと思います。後半のように(前半から)間でボールを受けられれば良かったとは思います。J3相手でしたが、2失点しましたし、守備の部分とか球際とか、ミスの多さを見てもやっぱりまだ突き詰めなければいけない部分がありました。攻撃に関しては相手のミスもありましたが、良い形で点も取れましたし、そこはつなげて行きたいです。個人的にも前節のリーグ戦では交代で出ましたが、それをスタメンだったり、チームにない自分の良さを(今後)出していけたらと思います。

三島勇太選手(福岡)

(久々のフル出場でしたが)ゴールや点に絡むことはずっと意識していたので、その結果を出せたのは良かったです。入りのところで失点しましたし、そういうことは格下相手にやってはいけないので、次の天皇杯とか、ルヴァンカップに生かしていきたいと思います。(守備時に両サイドMFが下がって6枚になっていたが)相手が来るという分析があったので、それを意識し過ぎて引いた部分もあります。あそこはゾーンで守って、サイドはパスコースを消しながらやればよかったと思います。後半は自分たちがしっかりと前で奪えてゴールにつながりました。試合に出ている選手が今日は少なかったので、そこら辺で難しさがありました。今回90分間やることができたので、次のチャンスではしっかりとプレーしたいと思います。

田村友選手(福岡)

個人的には最近、試合に絡めていなかったので、そういう悔しさをぶつけていこうという気持ちで入りました。前半はリズムをつかめずに相手の攻撃の回数も多かったですし、カウンターから失点をしてしまったので、そういうところはリーグ戦と同じようなミスをしてしまったと思います。失点したあと、すぐに(中原)秀人くんのゴールで追いつけましたが、あれがなかったらズルズル行っていたかもしれないので、早めに追いつけたのは良かったです。後半は自分たちの奪い方も良かったし、奪ってからの1本目のパスを前につけることができたので、それが良い形での攻撃につながったと思います。ただ、試合全体を通しては悪い失い方をしてカウンターから失点してしまっているし、それはリーグ戦でも見られているところなので、修正しないといけないと思います。個人としてもヘディングやファーストボールへの接点という部分では課題が残りました。

鈴木惇選手(福岡)

2失点は余計だったかが、天皇杯は勝つことが重要な試合だと思っていました。無失点だったらなお良かったですが、たくさん点を取って勝ち切ることができたので、良かったと思います。前半からカウンターで攻める場面も作れていて、決定機を多く作ることができた部分は良かったと思います。ただ、(後半)先に失点していたら難しい試合になったと思うし、ボールを持ったときにボランチを中心に落ち着かせることなど、課題もありました。(前半終了間際に同点に追いつかれたが)ハーフタイムの雰囲気も悪くなかったし、下を向いている場合ではないと話していました。

中原優生選手(鹿児島)

(J1チームとの対戦でした)対人の部分では強さもありましたが、収穫はあったと思います。前半は良い形で折り返せただけに、後半の失点が勿体なかったと思うので、後半をどう戦うのかをチームとして考えて入れれば良かったと思います。点を取れれば良かったのですが、アシストすることができたので、良いところは見せられたと思います。J3も残り10試合で2位につけているので、この経験を生かしたいと思います。

〔天皇杯1回戦:福岡vs.鹿児島〕プレビュー

  • 福岡のスターティングメンバー
  • 鹿児島のスターティングメンバー
  • ミックスゾーンで握手をする中原兄弟。「2点目のように狭いところで受けて、ターンして、狭いところに出すプレーは自分も参考になる」と弟のプレーについて語った兄・秀人。一方、弟の優生は「兄が点を取ったので、負けたくないという思いが強くなった」と話した


広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ