〔J3第21節:鹿児島vs.鳥取〕各種コメント

  • この日の観客数も3000人を超えた。昨シーズンに比べて、平均観客動員数は大幅にアップしている。
  • 明治安田生命J3
  • 第21節
  • 鹿児島
  • 鳥取
  • 42分永畑祐樹(鹿児島)
  • 48分赤尾公(鹿児島)
  • 鹿児島県立鴨池陸上競技場
  • 2016年9月11日17:00

約1か月の中断機会を経て再開した明治安田生命J3リーグ。
勝ち点37で2位に付ける鹿児島ユナイテッドFCは、ホーム鴨池陸上競技場で15位ガイナーレ鳥取を迎え撃った。
鳥取は天皇杯2回戦で大宮アルディージャと7日に対戦したばかり。対する鹿児島は、8月28日の天皇杯1回戦でアビスパ福岡と対戦、2-7で大敗を喫した。
鹿児島の守備が、攻勢を仕掛けてくる鳥取に対しどれだけ持ちこたえられるかがこの勝負の鍵を握った。

浅野哲也監督(鹿児島)

今日もたくさんのファン、サポーターの方が足を運んで下さって、我々に後押しをして下さって感謝しています。
久しぶりのリーグ戦ということで、選手たちもこの間の天皇杯の大敗から、もう一度自分たちの戦い、スタイルを見つめ直そうという意識でトレーニングを積み重ねてきて、危ない場面もありましたけれども、しっかりゼロでゲームを終われたというところでは結果には非常に満足をしております。
細かいところを見れば、前半はあまりバランスが良くなくて、かなり押し込まれた時間帯もありました。PKもありましたし。ただ、この試合ゼロで抑えたいという選手たちの気持ちが90分間凝縮されて、本当にその通りの内容になったかなと思います。
鳥取は前回対戦した時よりも間違いなくチーム力が上がってて、特に守備のところがオーガナイズされてて、先日の天皇杯でも大宮相手に、相手が一人退場になったというのもあるかもしれないですけど、ものすごくいいパフォーマンスをここ数試合展開している、非常に手強い相手でした。今日も前半はすごく圧力を感じながら戦ってましたけども、やはり前半失点ゼロで折り返せたのが一番大きな要因かなと思います。
得点に関しては、今まで素晴らしい活躍を見せてくれてた永畑がようやく初ゴールを獲ってくれたということは、チームにとっては大きいでしょうし、彼自身にも、もう一つ自信になったのかなと思います。それから赤尾に関してもですね、フリーキックという形ですけども、彼もここまでチームを引っ張ってきた選手ですから、彼も結果という形で表れたことはまた一つチームにとってプラスかなと思います。ただ、今日のゲームはこれで終わりなので、また次のガンバ戦に向けてですね、しかもアウェイですので、また厳しい戦いになります。残り9試合、1試合1試合しっかり勝ち点3獲っていくことだけを考えて、絶対に負けないという気持ち、そして勝ち点3を絶対に、ホームアウェイ関係なくとっていくという気持ちでまた明日からトレーニングしたいと思います。

ハーフタイムコメント

後半立ち上がり集中して入ること。

サイドバックの背後をもっと狙うこと。

柱谷哲二監督(鳥取)

大宮と水曜日にゲームをやって、そしてまた移動して移動して、と厳しいコンディションの中、選手たちは本当に良く戦ってくれたと思います。
PKはやっぱり決めなきゃいけない。プラン通り来てたんですけども、とても内容的には良くて、あのPKさえ入ってれば。たらればはこの世界はないんですけども、PKが今日のゲームの全てだったなと思います。
最後はバランスを崩してでも行かなきゃいけない状況だったんで、押されはしましたけど、バランスを保った状態でやっていくという部分に関しては交代があるまでは良いゲームだったと思います。
それでも勝てないのがサッカーの難しいところで、またメンタルをしっかり戻してですね、積み重ねたものに対して、根気よく90分やるんだよということをもう一度選手に伝えて、今度のゲームに向かいたいと思います。

ハーフタイムコメント

集中力を持って。

シュートをどんどん打っていこう。

同点に追いついて逆転しよう。

永畑祐樹選手(鹿児島)

初ゴールでみんなが喜んで寄ってきてくれたんで、ちょっとでも力になれたのかなと思って嬉しかったです。僕もゴール決めないとと思ってましたし、テツさん(浅野哲也監督)もやっと決めてくれたなと言ってくれたんで、ちょっとホッとしました。
最初厳しい入りになってしまって、押されるシーンがあってPKもとられて、でもあそこで僕たちは絶対ゼロで凌いだらチャンスは来ると思ってたし、あそこの時間帯をゼロで抑えられたのは良かったと思います。
僕と(中原)優生はいつも残ってシュート練習するんですけど、あの角度から練習してたんで、優生が本当にいいボールを落としてくれたんで、ほんと決めるだけだったと思います。後半(赤尾)公くんのシュートであの時間帯に点が獲れて、それからも僕たちの時間で試合ができたんじゃないかと思います。
押し込まれるんですけど僕たちはそれをゼロで絶対行こうって言って、見て下さってる人たちはヒヤヒヤしたかもしれないですけど、ゼロに抑えれたのが今日の全てだったと思います。

内薗大貴選手(鹿児島)

チームが勝ったんでホッとしてます。
もっと伸ばしていかないといけない部分もあるんですけど、自分の良さのセカンドボールだったり、球際だったりっていう部分が出せたのかなと思います。それプラスチームが勝てたんで良かったです。
立ち上がりちょっと僕が気持ちが入りすぎちゃって前に行き過ぎた部分があったんですけど、(赤尾)公と試合中、ちょっとバランス見ながら上がったり下がったりしようかって話して、そこから全体のバランスが良くなったのかなとは感じてますけど。押し込まれても失点しなければいいっていう考えがチームとしてはあるので、そこはあわてずに。前の選手が点を獲ってくれるだろうと信じながら守備を頑張ってました。2点目獲れたのも大きかったんですけど、そこからリスクをかけて上がっていくよりかは、守備をメインにボールを奪ってカウンターっていう考えがチームとしてありました。次も勝てるように頑張ります。

寺田匡史選手(鹿児島)

監督からはしっかりボールを跳ね返すことと、落ち着いてやってくれと言われたんですけど、ちょっと前から守備がはまらなくなってきてたんで、後ろから引いてしっかり守備をやれよという指示を受けました。
最初はちょっと緊張して手が震えてたんですけど、とりあえずずっと声を出すことで落ち着かせるっていうことと、しっかり跳ね返すことで自分のペースに持っていくっていうのを意識してやれたんで良かったと思います。しっかり全体がサボらずにハードワークして守備をした結果、無失点に抑えられたと思います。これから一戦一戦大切になってくるので、しっかり勝てるように頑張りますので一緒になって戦ってもらえたら嬉しいです。

Reported by 川畑究無



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ