〔J1 2nd第13節:福岡vs.神戸〕各種コメント・試合前写真

  • 邦本はリーグ戦8試合ぶりの先発
  • 明治安田生命J1
  • 2nd第13節
  • 福岡
  • 神戸
  • 33分 レアンドロ(神戸)
  • 48分 ニウトン(神戸)
  • 51分 岩波拓也(神戸)
  • 75分 渡邉千真(神戸)
  • 90+2分 坂田大輔(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2016年9月25日 14:03

井原正巳監督(福岡)

チーム状況が非常に苦しい中、最後まで我々のチームを信じてサポーターが駆けつけてくれました。そのサポーターに勝利という形で結果を出すことができずに本当に申し訳ないと思っています。神戸さんは非常に調子が良く、前線の攻撃陣を含めて個の能力が高いので、しっかりとした守備から堅守速攻というイメージの中でゲームに入りました。前半は非常に良い形でゲームに入れたと思いますし、何度も我々の形を作れたのかなと思っています。前半1失点しましたけど、1失点は試合のプランの中でも必ず起こりうることなので、そこは致し方ないとは思っています。ただ、神戸さんは前線の3人で36点を取っていますが、強烈なFW陣が、我々に脅威を与え続けたなと思っています。後半、何とか1点を返そうと送り出しましたけど、早々にセットプレーからの失点でチームにショックと言いますかダメージが残ってしまい、その後はオープンなゲームになってしまい、すぐさま追加点を奪われ、あそこでチームを立て直すことができなかったのは私の力不足だと思っています。結果的には残念な試合になりましたけど、最後に坂田が1点を奪い、チームの気持ちと言いますか、最後まで戦う姿勢を見せてくれたことが残りの4試合につながると思います。我々は諦めるつもりはまったくありませんし、もちろん状況が厳しくなっていることはわかっていますが、残り4試合を僅かな可能性でもある限り、しっかりと戦っていくことしか考えていないので、サポーターのみなさんもぜひ最後まで諦めずに、我々と一緒になって戦ってほしいと思います。

Q:後半すぐに城後選手、平井選手を交代しましたが、その意図は。

ウェリントンが入ることで高さのオプションが加わりますし、城後を早めに代えたのは、相手のDFラインと中盤の間でボールを受けるという意図でサカ(坂田)を入れ、より変化をつけられるだろうということです。もちろん、ゴール前への飛び出しというのも狙いとしてありました。ビハインドで入れましたので、いかにゴールの匂いを作り出すかというところで早めの交代になりました。

Q:セットプレーからの2失点について。

相手のボールの精度が高かったというのもありますが、今日はマンツーマンで守っていましたので、そこを崩された失点でした。それも含めてチーム力だと思いますし、チームの責任、私の責任だと思います。

Q:前節トップ下で使った三門選手をボランチで起用した理由は?

ダニルソンのアクシデントということで、ミカをボランチに下げました。神戸さんのボランチ周辺のスペースを、クニ(邦本)を入れることによって、クニと平井の2人のコンビネーションも良いですし、その中でカウンターをうまく生かしたいというのこともありました。2人とも良い形を作ったかなとは思います。

ハーフタイムコメント

・奪ったボールはしっかり自信を持ってつなぐ

・DFは全員で守る。さぼらない

・まだ1点。ここから45分が勝負。絶対に勝つぞ!

ネルシーニョ監督(神戸)

(ホームの)福岡に立ち上がり押し込まれるということも想定して入りました。選手たちは、特に前半の立ち上がりは守備を強いられる時間があったわけですが、チームとして失点もせず、落ちついて対応できたと思います。そこからカウンターで先制に成功できたことも前半の大きなポイントでした。後半は、ビハインドの相手が当然前に出てくるでしょうし、我々はプレーの判断をチームで共有して、カウンターならカウンター、もしくはポゼッションで落ちつかせるところはそうする、というように判断良く行こう、と言って入りました。(後半序盤に)セットプレーから2点を取れたこともチームが落ちついて試合を進める上で非常に大事なポイントだったと思います。今日は本当に勝つしかない状況でしたし、タイトルを目指せる位置にいるので、勝点3を取れたことは良かったと思っています。

Q:セットプレーから2得点を挙げましたが、福岡対策をしてきたのか。

次の試合まで1週間あるときは、相手のセットプレーも分析してトレーニングに落とし込んで対策を練る、ということはどの相手に対してでも行なうことです。しかし今回は天皇杯で120分を戦ったので、試合に出た選手はゆっくり身体を休めることを優先したので、その選手たちはボールを使った戦術トレーニングを行なうことができずに今日に至ったという状況です。

ハーフタイムコメント

・ビルドアップの時の状況判断をすること

・バイタルにボールが入った時のサポート、タイミングを合わせよう

・ボールを奪った後のカウンターを常に意識するように

イ・ボムヨン選手(福岡)

(前半の失点について)ペドロ(ジュニオール)選手、レアンドロ選手はあのようなところ(決定力の高さ)が特長の選手だということは分かっていましたが、自分たちの準備が遅かったと思います。あの場面は(キム)ヒョヌンが出たところのカバーが十分ではなかったと思います。(後半セットプレーからの失点については)セットプレーは1人のミスというより、チーム全体のミスなので、練習で積み上げるしかないと思います。自分たちはたくさんの準備をしてきましたが、それを出せなかったことを残念に思います。(残留が非常に厳しくなったが)まだ残留の確率がゼロではない。サッカーボールは丸いので、サッカーはいつでも奇跡が起こる。奇跡を起こせるような4試合にしていきたいと思います。

邦本宜裕選手(福岡)

立ち上がりは前からの守備を意識していて、チームとして前から行けていたと思いますが、徐々に神戸ペースになって、勢いに押されて先制されてしまいました。さらに後半の2、3失点目のような失点をなくさないといけないと思います。チーム全体として、自分たち(前線の選手)は前から(守備に)行っていても、後ろがついて来ないこともありますし、そうした意識の違いは練習でしっかり言い合って、やらないといけない部分だと思います。(攻撃ではチャンスも作れていたと思うが)まだ自分たちが持ったときに、前か後ろかしか選択肢がないことも多いので、横の選択肢も増やさないといけないと思います。強いチームは少ないチャンスでも決めてくるし、そこはすぐに精度が高まるものではないと思うけど、意識を高くやっていきたいと思います。(次節の名古屋戦に向けて)負けられない試合ですが、焦ってはいけないと思うので、自分たちのサッカーをやるしかないと思います。

金森健志選手(福岡)

相手の方が多く走っていましたし、それが0-4という結果になったと思います。自分たちは(降格危機という)厳しい状況にいて、もっとハードワークして勝点3を必死に取らないといけないのに、まだまだ全員がそういう気持ちじゃなかったのかなと思います。ただ、残留の可能性がある限り、前を向いて戦いたいと思います。(チャンスも作っていたが)自分も後半に決めきれなかったですし、決定力の差が出たと思います。

濱田水輝選手(福岡)

前半の入りは良かったんですが、全体的にミスが多かったのと(1失点目のシーンは)ヒョヌンがカットしてそのまま上がり、DF陣が後ろにいない状態で失い方が悪く、そこを突かれてしまいました。防げる失点だったと思いますし、良い試合の入りをした中で、ウチの時間帯も少しあっただけに、失点したのが勿体なかったと思います。それと同様で後半の頭にセットプレーで2発やられてしまいました。2失点目は自分のマークでやられてしまったので、そこで試合が崩れてしまったのかなと思います。個人的な仕事として、相手のFWを抑えられなかったのでこういう展開になったと思います。

坂田大輔選手(福岡)

1失点目するまではチャンスらしいチャンスも作らせてなかったですし、うちもチャンスというチャンスはなかったですけど、どっちに転ぶかわからなかったゲーム展開だったと思います。ただ、ボールの取られ方が悪いところからレアンドロ選手に決められて、さらに後半立ち上がりに失点して、難しい展開になってしまったのは自分たちの責任かなと思います。0-3で負けている状況で、点を取らないといけない中で(ピッチに)入りましたが、4失点してしまって、得点は1点しか取れなかったので、流れを変えれなかったというのが正直なところです。やっぱり失点が多すぎて、そこがゲームを難しくしているので、点を取ることもそうですけど、拮抗した試合にするとか、失点をまずしないことが大事だと思います。自分たちは勝つしかない状況に変わりはないので、数字上、可能性はありますし、とにかく自分たちは残りの試合を全部勝って、待つしかできないので、名古屋も調子を上げてると思いますけど、勝つことだけを考えてプレーしたいです。

〔J1 2nd第13節:福岡vs.神戸〕プレビュー



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ