〔J2第38節:熊本vs.札幌〕プレビュー:最後の試練、上位との3連戦の幕開け。首位札幌に挑む一戦で、弾みをつけろ。

  • 明治安田生命J2
  • 第38節
  • 熊本
  • 札幌
  • うまかな・よかなスタジアム
  • 2016年10月30日 15:00

 讃岐戦はスコアレスドローに終わり、東京Vに抜かれて順位は18位に後退。讃岐、金沢とは4、岐阜と6、そして北九州とは7と、勝点の開きはまだあるが、残りゲームの対戦相手を見れば決して安心はできない。今節からの上位陣との3連戦の後は岐阜との直接対決、そして最終節も、現在自動昇格を狙っているC大阪と、厳しい戦いが続く中でどれだけ勝点を積めるかが大きなポイントになってくる。首位札幌を迎える今節はその試金石だ。

 前節、4−4−2のフォーメーションを採用したのは「勝点3を持ち帰りたかった」(清川浩行監督)からだが、セカンドボールを拾った後の動かし方に課題を残した。それは緩急、速攻と遅攻の使い分けの部分で判断を共有できなかったこと。今節も含めて上位チームとの3連戦ではボールを握る時間自体が若干短くなることが予想されるものの、シーズンが終わるまで質を高めていくという点においても少しずつでも修正を施していかなくてはならない。

 迎える札幌は前節東京Vに敗れているが、17得点を挙げている都倉賢を筆頭に、内村圭宏とジュリーニョが10得点と攻撃陣が強力。ここを抑えることが大きなミッションになるが、アシストも含めて点に絡む働きで高い貢献度を誇るDF福森晃斗に対しても警戒が必要。つまり必然的に、高い位置からのプレッシャーで起点を潰していくことも求められるということ。

 その場合、カギになるのはどれだけ前後の距離をコンパクトに保てるか。特に内村などスピードを生かした背後への飛び出しをケアしつつもラインを高くする必要がある。大切なのは、状況に応じて細かく調整することだ。
「上げるのは良いけど、早く下げすぎると中盤の選手がセカンドボールをケアするスペースが広くなる。少し(下げるのを)辛抱して、コンパクトな状態の時間を長くして、下がる時は全体で下がれたらいい」と植田龍仁朗は言う。

 そうすることで狭い局面での争いに持ち込めれば勝機も広がる。その上で、前述した攻撃の使い分けを見せたい。時には落ち着かせてリズムを変えることが、カウンターの鋭さを増すことにつながる。

 ホームでは8月14日の第29節千葉戦以降、勝利から遠ざかっている熊本だが、一方で札幌は、8月11日の第28節以降、アウェイでの勝ちがない。ともに大きなモチベーションを持って臨む一戦、次へつなぐ勝点3を得るのは、熊本か、札幌か。

   

   

Reported by 井芹貴志



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ