【九蹴日記】鳥栖:街の中で『トヨタプレミアカップ2014』の盛り上がりを偵察。そして、地元のサッカー熱を知る。

昨日、バンコクの街はイングランド・プレミアリーグ一色であることをレポートしたので、今日は是が非でも『トヨタプレミアカップ2014』の盛り上がりを観ようと一足先に会場近くに行ってみた。

バンコク・スカイトレイン(BTS)で会場となるスパチャラサイ国立競技場に到着。

ホームから見えるスタジアムに期待値だけは急上昇・・・



駅から徒歩数分のところにあるスパチャラサイ国立競技場。

国立というだけあって威風堂々としたスタジアムである。





入口には、『トヨタプレミア2014』のバナー(と言うよりもビッグフラッグと言った方がイメージは近い)と看板が飾ってあり道行く人に告知をしている。



でも、これだけしかない・・・

BTSにも、市場にも、会場近くのレストランにもポスターらしきものを見ることはなかった。

あれだけ国民を熱狂させているサッカー。生活の一部と化しているサッカー。

確かに、街にはイングランド・プレミアリーグのレプリカを着た若者やステッカーを張った車は多いのに、会場近くですらバナーと看板しか見ることができない。

試合前日だからかもしれないが、少しだけ不安が横切った。

 

ならばと、夜にタイ・プレミアリーグを観戦することに決めた。

サッカー熱がどれくらい高いのか、リーグ戦会場で確かめることにした。

選んだカードは、タイ・プレミアリーグの中でも実力も人気も高いSCG MUANGTHONGBURIRAM UNITED戦、

タイ・プレミアリーグの2強対決と言っても過言ではない組み合わせである。


 
キックオフ2時間前には、会場となるアントーンターニーにあるSCGスタジアムは大熱狂に包まれていた。

発売と同時に完売となる人気カードチケットを知人に取っていただいてキックオフを待った。

 


試合開始は現地時間19時、開始早々にホームSCG MUANGTHONGのエースストライカーが倒されPKをゲット。これを決めて会場のボルテージは一気に最高潮に達した。

終わってみると1-1のドローと言う内容だったが、Jリーグと少しだけ違うところをいくつか感じ取ることができた。

 

まず、試合前後にアウェイサポーターからホーム側サポーターへエールを送り、それに会場全体のホームサポーターが拍手とエールで返すことだ。会場一帯で、お互いに士気を高めているように見える。

そして、アウェイ側の選手交代でも引き揚げてくる選手にホーム側サポーターが拍手を送っている。

FIFAが推奨するリスペクト精神が、国民性にもマッチして自然となされているのである。

ブーイングが起きてもすぐに終わり、ナイスプレーにはホーム・アウェイ関係なく歓声と拍手が起きる。

この日は、15000人ほどの来場者だったが、その誰もがサッカーを楽しんでいるのである。

 

サッカーの競技規則は万国共通である。

でも、それに基づいて行われるサッカーの試合の楽しみ方は国民性に大きく左右されるだろう。

勝つために試合を行うのは当たり前で、選手たちもそのために全力を尽くす。

そこに対するリスペクトの表現はさまざまであるが、“サッカーで楽しませて頂いた”事には間違いない。

バンコクの人たちがサッカーをいかにして楽しんでいるのか、なぜ生活の一部になっているのかを学ばせてもらった。

そして、どうすれば“サッカーを楽しく見ることができるのか”を本能で知っているのだろう。

言葉も文化も違う筆者も一緒になって楽しませていただいた。

 

これだけ、タイ・プレミアリーグが盛り上がっているのなら、『トヨタプレミアカップ2014』はリーグ代表の試合である。

期待値が一気に高まった。


この日の遅い夕食は、“タイ風焼肉”に。

ここでも、イングランド・プレミアリーグの試合が放送されていた。

焼肉と共に2つのプレミアリーグを堪能した一日だった。

 

Reported by サカクラゲン

   

   



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ