〔J2第4節:福岡vs.熊本〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第4節
  • 福岡
  • 熊本
  • 54分 冨安健洋(福岡)
  • 66分 巻誠一郎(熊本)
  • 76分 ウェリントン(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2017年3月19日 14:03

井原正巳監督(福岡)

連休の中日にも関わらず、多くのサポーターの皆さんが駆けつけてくれて、ホームゲーム、そして九州ダービーというの中、勝点3をプレゼントすることができて本当に良かったと思っていますし、サポーターの応援には感謝をしています。ゲームの方ですが、結果的には何とか勝点3を取り切ることができましたが、立ち上がり、ゲームの入りから非常に熊本さんのシンプルなサッカーに苦しめられたなという印象です。少し、巻(誠一郎)選手へのボールに対してのセカンドボールであったり、全体のラインコントロール含めて、押し込まれる時間があり、非常に苦しい前半だったかなと思います。そういう中で我慢をして、後半何とか1点を取り、追いつかれましたけどその中でもう一度、突き放す点を取れたというのはチームの成長だと思います。厳しいゲームの中で勝ち切るという、今日のようなゲームをすることは必ず、必要だと思っているので、これは今後につながると思いますし、3連勝という流れを次のアウェイの山形戦にもしっかりつなげていけるようにしたいなと思っています。

Q:前からプレッシャーをかけてくる相手に対し、脆さを見せてしまった印象もありますが。

熊本さんもケガ人などが多く出ていることもあって、今日はシンプルに割り切ったサッカーをやってきたので、そういう意味ではかなり苦しめられましたし、それをしっかり跳ね返す力であったり、セカンドボールを拾って、また我々が主導権を握る時間っていうものを作らなければいけないというのは今後の修正点だと思っています。ただ、そういう中でもそれを耐えて、必ずチャンスは来ると思っていましたし、そのチャンスを確実にモノにしていくことであったり、しっかりと自分たちが主導権を握ってゲームを支配できる時間というのは少しはあったと思うので、そこはもっと時間を伸ばせるようにしていきたいと思っています。

Q:攻守に活躍した冨安(健洋)選手の評価は。

昨年からもゲームの方には絡んでいましたし、今シーズンはボランチからの出場のあとにCBでの起用にはなりましたが、どちらもできる選手でありますし、今、最終ラインの岩下(敬輔)とのコンビが非常に安定感があります。あの若さで年齢を感じさせないクレバーなプレー、落ち着いたプレーが継続してできているのかなと思っています。今節のあと、(U-20日本代表の)遠征がありまして次の山形戦は出ることができないので、そのあたりもチームには影響があると思いますが、みんなでカバーしながらやっていきたいと思います。

   

清川浩行監督(熊本)

連休のなか、たくさんのファン、サポーターの方が福岡に集まってくれて本当に感謝しています。選手を後押ししてくれたパワーをありがたく思っています。ゲームの方は、なんとか耐える時間を作っていかなきゃいけないなというところで、セカンドボールの争いだったり、それをうまくマイボールにできるかというところでやっていきました。ピンチもありましたけど、全体でやろうとするところは前半もトライできましたし、後半はそれ以上に続けていこうという形で、失点こそありましたけど追いついて、そこからもう1回ギアを上げたいと思っていました。セットプレーから点を取られて、退場も出たなかで、選手は最後まで、チームのために、熊本のために頑張ってくれたなと思います。

Q:セカンドボール争いでも、奪ってからサイドへ展開する形ができていました。

そこがひとつ、きょうのポイントだったので、なかなか1人では勝てない相手に対して、全体でボールを奪って攻撃を仕掛ける、そこでサイドの仕掛けがポイントになってきていたので、そこは今節もトライできたし、やってくれたと思います。

   

冨安健洋選手(福岡)

(プロ初ゴールは)決めた直後は信じられない気持ちが大きかったですが、しっかり決めることができて良かったです。ウェリ(ントン)がいい折り返しをしてくれたので、ウェリに感謝したいと思います。ポストに当たったのでヒヤッとはしたんですけど、入ってくれて良かったです。今年はゴールやアシストなどの結果も出していきたいと思っています。(守備について)熊本さんはシンプルにロングボールを使ってきて、その対処で曖昧になる部分もあったので、個人としては今日の試合は(自身の)ゴール以外はあまり良いところはなかったと思います。(41分のゴールカバーは)その前のクロスを自分が大きくクリアしておけば良かったので、その前のプレーを反省すべきだと思います。(岩下敬輔選手との連係面について)敬輔さんとは練習中からコミュニケーションをとってやっているので、試合を重ねるうちに連係も深まっていますし、敬輔さんだけでなく、GKのスギ(杉山)さんだったり、DFラインを含めてどんどん連係を深めて、今日も失点してしまったので無失点で抑えないといけないという思いで連係を深めて行きたいです。(U-20日本代表でチームから離れますが)アビスパの勝利を願っていますし、自分は代表で少しチームを離れますけど、そこで良い対戦相手とできるのでまた成長した姿を見せられるように、そして本大会(U-20ワールドカップ韓国大会)に向けてアピールして帰って来られるようにがんばりたいと思います。

三門雄大選手(福岡)

同点に追いつかれ、相手に退場者が出たものの、苦しいゲーム展開が続いていたなか、内容が悪くても勝てたということが大事なことだと思います。昇格するチームは、過去を見ても、(シーズンを通して)常に上位で争っていないといけないと思うし、上位に食らいついていきながら、どこかで首位に立って突き放すために、今日のような勝利は重要な意味を持ってくると思います。僕自身、J2は初めての経験ですが、今日の熊本のように前から前からプレッシャーに来られると、考える時間を与えてくれないという点で難しかったのですが、逆に、たとえばアバウトなボールをサイドに入れたら、それがチャンスになったりもしました。そういう相手にも間を通して回すというところを、もっとやっていきたいと思います。今日は僕とダニ(ルソン)が中盤で孤立して〔4-2-4〕のような形になってしまうことが多かったですが、前の選手としっかり話し合って、その辺の距離感を良くしていきたいと思います。

亀川諒史選手(福岡)

(ゲームの)立ち上がりから相手のプレッシャーにやられてうまく運べない時間が多く、90分間を通しても内容は満足できるものではなかったと思います。ただ、結果がすべてだと思っているので、うまくいかない中で勝点3を取ることができて良かったです。勝って反省できるということが(今日の試合で)一番の収穫だと思います。(攻撃では)相手のCBが高い位置を取ることは分析でも分かっていたので、奪ったあとにそこを狙って、自分もクロスまでいけるシーンを多く作れたと思います。最後の精度の部分はもっと突き詰めていかなければいけないと思います。(失点シーンは)まず簡単に突破されたことに問題があるのと、自分も先読みし過ぎて先にゴールカバーに入ってしまい、巻(誠一郎)選手をフリーにしてしまいました。2点を取ってくれて勝つことができましたが、4試合失点が続いているので、ゼロで終えられるように、もう一度しっかりとやっていきたいと思います。

光永祐也選手(熊本)

(福岡は)中学時代からお世話になったクラブですが、プロになってからは全然チームに貢献できず、申し訳ない気持ちでいました。今日のゲームの前に福岡の皆さんに拍手をしていただいたときは、「忘れられていなかったんだ」とホッとした気持ちになりました。(慣れないポジションでの先発だったが)チャンスをいただいた熊本には感謝をしていますし、熊本のために自分のできることを出して貢献したいという思いで臨みました。1対1の局面では勝てないことがあっても、カバーし合って連動して守ることを課題に持っていました。CBとなるとヘディングなどの部分でまだまだ自分自身の課題もありますが、そういったところを伸ばして、SBのポジションでも生かしていきたいと思います。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ