〔J2第17節:福岡vs.讃岐〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第17節
  • 福岡
  • 讃岐
  • 4分 ウェリントン(福岡)
  • 12分 山瀬功治(福岡)
  • 18分 原一樹(讃岐)
  • 28分 岩下敬輔(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2017年6月3日 13:03

井原正巳監督(福岡)

今日も多くのサポーターが駆けつけてくれてご声援いただき、前節悔しい負け方をしたので、今日は連敗しないようにというところで、サポーターの方々の声援が力になりましたし、何とか勝点3を取れて良かったと思います。試合の方ですが、讃岐さんは順位こそ下のチームですが、非常に粘り強いチームですし、カウンターのスピード、前への推進力のあるチームなので、特にカウンターでのリスク管理の部分を注意して入ろうということと、前節の反省も生かして前半の入り方を徹底しようと話していて、良い形で入れたと思います。早めに先制点を奪うこともできましたし、追加点も取れ、1点取られましたが、もう1点取って突き放すことができたので、前半はいい形でできたと思います。後半は押し込まれるシーン、危ないシーンもありましたが、GK杉山(力裕)含め、全員で体を張って何とか、したたかに勝ち切れたかなと思います。ピンチもありましたが、後半の試合運びなど含め、反省もしながら次につなげたいと思います。次はジェフとのアウェイでの試合もありますし、この流れを続けていけるように良い準備をして、1戦1戦やっていきたいと思います。

Q:群馬戦を踏まえ、具体的に戦い方の部分で変えたところは?

讃岐さんと群馬さんはシステムも違いますし、チームの特徴も違うなかで、我々のボールの前への運び方、ビルドアップのところを含め、前半は亀川、駒野がサイドで起点を作りながら、DFラインの背後を突くことができたと思いますし、両サイドからのゴールのシーンも生まれたので、そういうところは狙い通りだったと思います。最初のチャンスをモノにできたことが大きかったのかなと思います。

Q:ゲームの入りの指示とは?

相手の4-4-2のブロックのプレスが高い位置で来るのか、リトリートするのかというなかで、高い位置から来るのであればどう剥がすのか、引かれたらどこから攻めるのか、といったあたりは整理して入れたと思います。その辺は選手も慌てずにやってくれたと思います。サイドの攻撃のところは、トレーニングしたことがゲームで表現できたかなと思います。

Q:杉山選手の状態は?

目のところか、目の上あたりから出血があり、視野も含めてしっかりと病院で診断をしてもらおうということで、もう病院に行っていますので、詳しい診断はこれからです。大事に至らなければいいなと思っています。

   

北野誠監督(讃岐)

立ち上がりがすべてだったと思います。最初の15分だったり、前半の蹴り合いで失点をしないように話しをしていたのですが、そこで2点を失ってしまったので。あとは本当に追いかけるだけのゲームになってしまいました。ゴールラインから1メートルのシュートが何本も入らなかった。次はしっかり運も味方につけていきたいと思います。

Q:(福岡の)サイドの裏を狙うという攻撃の意図があったと思うが。

サイドのところで、亀川(諒史)くんと駒野(友一)くんの背中を取ってからの攻撃はすごく有効でした。ただ、その次のところでミスパスがあったり、シュートがダメだったり、ゴールラインから1メートル、30センチ、10センチが入らなかった。ただ、そこだけなので次節はそこをしっかりと決めるだけです。

Q:ウェリントンへの対策は。

ウェリントンは確かに絶対的なエースですが、彼だけを抑えれば良いという訳でもないので。立ち上がり(の失点は)サイドに入ったところのボールへの寄せがあまりにも遅すぎたと思います。途中からそれができるようになりましたが、キックオフ直後からそれをやっていれば0-0で流れていたと思います。そういう意味で最初の失点がすべてで、それによって向こうに流れが行ってしまったかなと思います。

   

ウェリントン選手(福岡)

個人的に得点王は狙っていきたいと思っているので、ゴールできたことはポジティブに嬉しいです。ゴールはどのようなゴールでも嬉しいのですが、足で決めたということも嬉しいです。ヘディングが自分自身のストロングポイントだと思っていますが、ゴールのバリエーションを増やしたいと思っているので。ただ個人的なことだけではなく、自分のゴールがチームとして機能して、首位に立てているということが何よりも嬉しいです。(17試合で11得点だが)良い数字だと思っていますが、満足はしていないです。日本でハットトリックもしたことがないので、狙っていきたいと思います。(早い時間帯に先制できたが)先制したことでチームとしてモチベーションが上がりますし、そこは良かったと思いますが、後半になって暑さもありましたが、それを続けることができなかったことは反省点だと思います。(首位になって)もちろん良いことだと思いますが、自分自身が(湘南で)J2優勝した時も、2位との勝点差が4以上あると安心感があったので、名古屋との(次の)ホームゲームでも勝って、2位との差を広げられるようにしたいと思います。

坂田大輔選手(福岡)

ウェリ(ントン)が早い時間帯に点を取ってくれて、こういった暑さもあるゲームで、先制点というのがその後の展開を楽にしてくれたかなと思います。(讃岐は)4バックですが、両サイドバックが攻撃的な選手なので、相手を引き出してその裏でチャンスを作るというのが狙いでした。カメ(亀川諒史)も高い位置を取っていましたし、右サイドもジウ(シーニョ)とのコンビネーションで裏に入っていけたので、狙い通りにチャンスを作れたと思います。(首位に返り咲いたが)名古屋との直接対決が次のホームであるので、次節のジェフ戦にも勝って、首位で名古屋と対決して、勝ってその差を広げたいと思います。

岩下敬輔選手(福岡)

前節(ホームで)負けていたので、連敗せずに勝点3が取れて非常に良かったと思います。2点とった後に1点取られて、難しいゲームになりそうでしたが、3点目が取れて落ち着いた展開になったと思います。(自身の)ゴールは、實藤(友紀)選手のゴールと言っていいぐらい。1点目、2点目の形としても、クロスから点がとれたというのは、ポジティブに捉えていいと思います。前回(群馬戦で)シュートを多く打ったなかで勝てなかった部分を、改善できたかなと思います。(改善するためにどのようなことをしたのか)シンプルに一つのシュート、一つのプレーに関しての重要性について、監督が言っていました。前日もゴールに関わりそうな選手には、シュート練習してから帰れと言っていたので、そこが選手に伝わったと思います。

兼田亜季重選手(福岡)

これまでの経験の中で、コーナーキックの場面でピッチに入ったという経験はありませんが、それでも落ち着いて試合に入ることはできたと思います。結果的に自分が入ってからの失点はありませんでしたが、コーナーキックからの(李栄直の)シュートがゴールインしながら、ファウルで助けられた場面もありましたし、やはりコーナーキックからエブソン選手のヘディングを堤選手がブロックしてくれるシーンもあったので、相手とチームメートに助けられたということをしっかりと受け止めて次の機会に生かしたいと思います。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ