〔J2第19節:福岡vs.名古屋〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第19節
  • 福岡
  • 名古屋
  • 14分 シモビッチ(名古屋)
  • 71分 石津大介(福岡)
  • 83分 城後寿(福岡)
  • 90+1 石津大介(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2017年6月17日 14:02

井原正巳監督(福岡)

今日のゲームにも、本当に多くのサポーターがかけつけてくれてパワーを送っていただきました。今季初めて、1点のビハインドをひっくり返して、さらにダメ押しゴールを取れたゲームでもあります。サポーターの素晴らしい声援があったおかげだと思っています。ゲームの方ですが、立ち上がり、少し受けてしまう形になり、ボールの出所にプレッシャーがかけられず少し下がってしまう中で失点をしてしまい、難しくなってしまいました。その後、ゲームを少し落ち着かせることができましたし、後半もわれわれのサッカーができたと思います。名古屋さんが10人になった中で、いかにゴールをこじ開けていくかというところで、ウェリントンがいないセットプレーからゴールを挙げることができましたし、交代で入った選手が本当に良い活躍をしてくれたと思います。こういうゲームをすることで勢いに乗れると思いますので、この勢いを次のゲームにもつなげていきたいと思います。今週は天皇杯、リーグ戦と続くタイトな日程となりますが、コンディションの部分も含めてしっかりと良い準備をしていきたいと思います。

Q:ハーフタイムコメントの中に「逆転できる試合だ」とありましたが、具体的にはどのような指示を出したのか。

名古屋さんのボランチ2人のところの配球をしっかりと抑えていくことがゲームの主導権を握るために大事だということで、前半の途中からシステムチェンジを少ししながら、そこをしっかりと抑えて、(ボールを)取った時の前への人数を増やしていこうというところ。それから背後へのボールの質と言いますか、縦のロングボールだけでは相手の脅威にならないので、斜めの飛び出しと斜めのボールを少し増やしていこうというところを後半は強調しました。守備のところは、前半の途中から落ち着いたので、セカンドボールのところとシモビッチに起点をつくらせないというところは試合前から言っていたことではあります。

Q:最後の交代は三門選手から城後選手への交代でした。システムのところも含めてその意図を教えてください。

相手が10人になっていましたし、こちらが点を取りに行かなければならない状況だったので、城後を前に入れて2トップにして4-4-2の形でゴール前に入っていって点を取りに行けと。サイドのところでの崩しができている一方で、クロスに対するパワーが足りなかったこともあるので、城後にはそういう指示を出して入れましたが、良いターンからのシュートで期待に応えてくれたと思っています。システムのところは何度かチェンジしつつ、最後締めたところはあります。

Q:石津選手は3試合ぶりの出場で2ゴールの活躍。どのような声をかけてピッチに送り出したのでしょうか?

ここ数試合は出番がなかったのですが、トレーニングとトレーニングマッチで結果を出していた選手ですし、練習の時からこの試合に出たいという意欲を感じていました。今日は(交代選手として)最初に使おうと考えていた中で、点に絡む仕事を期待していましたし、しっかりと起点をつくりながら前線へのパス、フィニッシャーとしての仕事を期待していました。セットプレーからのヘディングというのは珍しいですが、トレーニングマッチでも決めていたりしたので、今日はそういう形からも含めて2点を取ってくれたので、期待に応えてくれたと思っています。

   

風間八宏監督(名古屋)

前半はすごく良いゲームができていただけに、残念な結果となりました。ワンプレーで試合の流れが変わってしまうものだと改めて感じました。また、技術を使える選手が増えてきているのは間違いないのですが、まだまだ技術の部分で武器にできていない選手、そこで大きなミスにつながってしまっている選手もいるので、ボールを扱うという意味での技術だけではなく、いろいろな意味でまだまだ技術を上げていかなければダメだなと感じました。それをしっかりやっていけば自分たちのペースで試合を進められると思うので、そこのところをまたやっていきたいと思います。

Q:後半の早い時間帯で退場者が出ました。その後のゲームプランは?

少し落ち着かせようと思いましたし、運動量が必要な状況だったので、選手を代えて、伝達を含めて、しっかりつなごうという話はしましたが、今日はそんなに簡単にはいきませんでした。

Q:シモビッチ選手に代えて永井選手を投入した意図は?

(退場者が出て)運動量が必要な状況になったので、誰が疲れているのだろうと見た結果、シモビッチが疲れていると思ったので、代えました。

Q:2枚目の交代でCBを代えたことについては?

それはケガしかないですよね。前半からシャルレスは傷んでいたのですが、本人からダメだとの意思表示があったので代えました。

   

城後寿選手(福岡)

(ゴールシーンは)普段なら(シュートを)打っていないかもしれないけど、FWでピッチに出たので、シュートの意識を持って入りました。シュートを打たないとゴールは決まらないんだな、と改めて感じることができるゴールだったと思います。ファーストタッチでもう少し前に置くイメージでしたが、思ったより足元に収まってしまって、けど、思い切って振り抜きました。シュートは相手のDFに当たったんですけど、ゴールはゴールなので良かったです。チームが苦しい内容のときに力になれて良かったと思いますし、僕自身もFWで出たら結果を出さなければ次のチャンスはないと思っているので、ゴールという結果を残せて良かったです。(レベスタでのゴールについて)ゴールはアウェイでも嬉しいものですが、やはりたくさんの方が入ってくれたホームのスタジアムで決めることができて嬉しいです。僕のゴールを待っている方もいらっしゃると思うので、レベスタでゴールを見せることができて良かったです。今日は相手が名古屋ということもあって、たくさんの方がスタジアムに足を運んでくださって、その中には初めてレベスタに来た方もいたと思いますけど、その方々もまた来たいと思ってもらえていたら、さらに嬉しいです。

駒野友一選手(福岡)

(アシストsたセットプレーは)ウェリ(ントン)がいない中、どれだけ動いて(マークを)外せるかということだったと思いますが、みんながそういう意識を持ってやれた結果だと思います。人に合わせるというよりは、スペースに上げたキックです。1点入れられても逆転できると信じて、諦めずにやっていました。相手の退場ということもありましたが、今シーズン初の逆転勝利ということで、(チームとしての)力がついてきたのだと思います。最初5枚(3バック)でスタートして、ボランチを含め中盤でボールを回されるのに怖さはなかったですが、この暑さの中で揺さぶられるのは運動量も消費するので、システムを変えてプレッシャーをかけられるようになり、その後はハマったと思います。ただ奪った後が、低い位置から近くに出すしかなく、裏1本を狙ったりもしたんですが、うまくつなげることができずに、前半は我慢の時間が長かったと思います。たくさんの方が来て下さって、そのなかで逆転勝利ができて嬉しいです。もっとたくさんの方が足を運んでくれたら嬉しく思います。

石津大介選手(福岡)

(1点目は)先週のトレーニングマッチで同じ形で取ったので「もしかしたらとれるかも」という気持ちと、ボール来い!という気持ちでいました。本当にいいボールが来たので、どこに当たったか覚えてないんですけど、入って良かったです。(ホーム初ゴールですが)追加点を取りに行く気持ちが強かったんで、その辺はあんまり考える暇はなかったですね。(2点目は)(松田)力と練習中いい関係だったので。前半のまま負けてたら、ウェリントンいないと点取れないんだなと思われると思いましたし、逆転勝利できて誰が出ても点を取れるということが証明できて良かったです。

兼田亜季重選手(福岡)

自分としては、前半の早い時間に失点してしまって、悔しさの残る試合です。みんなが決めてくれたので勝つことができました。(4バックに変更して)ハッキリしたのでプレスがハマったと思います。前半の終盤くらいからはウチのペースだったと思いますし、後半、退場者は出ましたが、逆転につながったと思います。やはり1万人以上の方が入ってくれると、いつも以上に力になると思いますし、そのような雰囲気でレベスタ初のスタメン出場となって嬉しいです。1万人以上の方が入れば、ホームのアドバンテージもあると思いますし、いつも1万人以上の方が来て下さるように、この順位を維持していきたいと思います。

冨安健洋選手(福岡)

試合後に功治さん(山瀬)もミカさん(三門雄大)もキツかったと言っていましたが、名古屋は中盤と前線が近い距離でボールを回してくる中、3枚から4枚(4バック)にして中盤の数を増やしたので、より明確にボールへプレッシャーをかけられたと思います。自分の持ち味はボールを奪いに行くところだと思っているので、(ボランチに上がって)そういった部分で圧力をかけて奪いに行こうという意識がありました。ボランチで入るときは、ボールを奪って攻撃につなげるところを、もっと突き詰めていきたいと思います。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ