〔J2第40節:福岡vs.湘南〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第40節
  • 福岡
  • 湘南
  • 27分 ウェリントン(福岡)
  • 59分 石川俊輝(湘南)
  • 66分 石津大介(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2017年11月5日 15:33

井原正巳監督(福岡)

まずは今日、今シーズン一番のサポーターが1万6000人もかけつけてくれて、われわれに大きな声援を送ってくれました。そのサポーターのためにも今日は本当に気持ちの入ったゲームをしようと試合に入りました。昨夜、ソフトバンクさんも優勝を決められまして、私もテレビを見ていて感動をもらいました。われわれサッカーのチームもそういうゲームをしようということで、サポーターに気持ちの入ったサッカーを90分間、見せられたと思います。湘南さんは優勝とJ1昇格を決めていて本当に力があり、切り替えが早く、よく走るチームなので、そういう部分で絶対に負けないようにしようとゲームに入りました。選手は本当に90分間、戦う姿勢を見せてくれて、われわれのゲームを90分通してできたと思います。セットプレーから1点を取られて追いつかれましたが、そういう中で下を向くのではなく、もう一度ゴールを目指して頑張って突き放すことができたというのは、評価できるのではないかと思います。ただ、状況は変わっていないので、残り2戦で勝点を積み重ねて自動昇格という目標を達成できるように最後まで信じて、残り2戦に向けて良い準備をして、次のホームゲーム松本戦と最後の岡山戦に向けて準備していくだけです。

Q:自動昇格を争う長崎と名古屋が先に試合を終わらせてともに勝利を収めていました。この情報は選手に伝えましたか?

選手が携帯などを見ているかもしれませんが、あえて私からその話はしていません。自分たちのゲームに集中するしかないので、目の前の相手から勝点3をしっかり取り、勝点を積み重ねて、他力ではありますが、上の2チームの結果を待つ身なので、最終戦となれば変わるかもしれませんが、その試合、試合に集中してやっていくだけです。

Q:交代選手について。

仲川(輝人)はゲームを見てらっしゃった方は分かると思いますが少し足首をひねった形で、そのあともプレーを続けていたのですが少し痛みがあるようだったので、石津(大介)を投入しました。松田力の方も、少し足を気にしていたところがあったので、そのケガは大したことはないと思いますが、代わりにエウレーを入れました。エウレーは精力的にプレーをしてくれていましたし、彼の守備で言えば、前へのプレスのスイッチが入るアグレッシブさがあり、ボールを持った時の独特の間合いであったり、左利きでのプレーヤーがウチにはいない中で、左サイドからの攻撃の部分で変化をつけてくれるだろう、ということと、ウェリントンを常に見ながらプレーしてくれるので、その関係はうまく出してくれたかなと思います。ボールも持てるので、亀川(諒史)との関係も良かったかなと思います。

   

曺貴裁監督(湘南)

本当に昨年から、ここのスタジアムには来ていますが、これまでの監督、コーチ人生を振り返っても、これは失礼な言い方になるのかもしれませんが、観客、サポーターの方々とアビスパのスタッフ、選手とが一つになる雰囲気をつくられたなということで、非常に“アウェイ”を感じましたし、サッカーの内容的にも、われわれは一歩及ばず、いや二歩だったかもしれませんが、勝点ゼロに終わりましたが、非常にスペクタクルで、お互いに勝つために足を止めないで、バトルも含めて、とても良い試合だったなと感じています。前半は少しウェリントンを気にしてラインがズルズルと下がってしまい、少し(ウェリントンに)起点になられた部分もあったのですが、前半の残り10分くらいからはしっかりとボールを動かして、やりたいことのペースに持っていけましたし、実際、セットプレーからでしたがそこで1点を取り、その後もチャンスをつくってあと一歩のところまでいけました。優勝が決まったあとの試合ということで選手も少しホッとして難しくなる中で、これだけのお客さんがフットボールの魅力を引き出すための助け、良い雰囲気をつくってもらえて、選手もJ1のレベルがこうで、アウェイに行けばこういう雰囲気になるという、僕がいつも言っていることを実感できたかなと思います。福岡さんには(今季)ホームで負け、そして(今日)アウェイでも負けて、1シーズンで2敗したのが山形さんと含めて2チームとなり、優勝にふさわしいのかなと言われる人も多いかもしれませんが、今日はたったワンプレーの怖さや、ちょっとしたことの大切さを改めて大事に思えた試合になりましたし、福岡には昔に教えた子や湘南で頑張っていた選手が相手チームでファイトしていましたし、すべての意味を込めても本当にあそこにいて指揮を執っていてすがすがしい気持ちで90分を過ごしましたし、こういうゲームがお互いにできれば選手も成長し、見ている人たちもまたサッカーを見るためにスタジアムに来ようと、負けているのに言うのは何なんですが、そんな試合ができたと思います。

   

ウェリントン選手(福岡)

(湘南は)優勝チームですし、優勝に相応しいサッカーをしていて、我々にとって厳しい戦いだったと思います。しかしスタジアムに着いた時に、チームメイトを一人ひとりみていて、強い気持ちをスタジアムに着いてから感じられたということ。スタジアムに雰囲気を作ってくれた皆さんのおかげで我々のひたむきなプレーが勝利につながったと思います。1つキーワードをあげるとするなら、ひたむきさじゃなかったかなと思います。(千葉戦後の気持ちの切り替えは?)千葉戦は、本当に辛い、悔しい結果となってしまったので、そのあと迎えた今日の試合でもっとも心がけたのはメンタルのところでした。強い気持ちを持って今日の試合に臨む必要があるわけですけど、それが過剰になってしまうとファールに繋がったり、イエローカードをもらったりとマイナスになってしまう。だからやっぱり強い気持ちで臨みつつ、それをコントロールすることを心がけてやりました。何よりもチームメイトのために走る。お互い助け合うというところはいつも心がけていますけど、いつも以上に仲間のために走るということも含めて今日は自分の心のコントロールをしっかりできたと思っています。(先制ゴールは)ホッとしたという気持ちがありました。ジェフとの試合でPKを2回も外すということは、僕のサッカー人生の中で初めてでした。そういった経験をした後の試合で、やはり早くゴールを決めたいという気持ちがありました。先制点が取れてホッとしたと同時に、少し肩の荷がおりたかなというところもあります。ゴールの後、今後の試合も含めて、自分らしさがもっともっと出せるかなとは思っています。(残り2試合ですが)今日の試合にも沢山の方々がスタジアムに駆けつけてくださったことに関しては、本当に感謝の気持ちをまず伝えたいと思います。次の試合がホームでの最終戦になりましたけど、今日以上のサポーターの方々でスタジアムを埋めてもらって、我々を後押ししてもらいたいし、一緒に戦ってほしいと思います。そして、シーズン最後の試合ですね。アウェーになりますけど、1人でも多くの皆さんと一緒に自動昇格を喜ぶことができれば、今シーズンを最高の形で終われると思います。みなさんの声援をお願いしたいですし、期待に応えるために我々もベストを尽くしたいと思います。

堤俊輔選手(福岡)

(冨安選手とのコンビは)練習からしっかりやれていましたし、声をかけてやろうと話していました。トミ(冨安)がムルジャを潰してくれたので、自分はカバーという役割でハッキリできて良かったと思います。ゼロで抑えたかったですが、セットプレーから失点してしまい、そこは反省しなければと思います。ただ、ある程度ブロックを作って守れていましたし、できていた部分は自信にしていきたいと思います。(前半の負傷時にテーピングを巻かれましたが)あれは、ちょっと巻き過ぎじゃないかと思いましたけど(笑)。面白い感じになっちゃいましたが、90分間集中して戦えたので良かったです。次の松本も強敵ですが、修正すべきところはしっかり修正して、ゼロで抑えたいと思います。

エウレー選手(福岡)

監督からは、左サイドのカメ(亀川)とのコンビネーションでチャンスを作るようにと言われて(ピッチに)入りました。勝っている状況でしたが、点差を広げるために、攻撃面で良さを出せればと思っていました。追いつかれましたが、その後1点を取ることもできましたし、良さというのは見せられたかなと思います。(亀川選手とのコンビネーションは)カメはスピードもテクニックもある選手で、練習からその特徴を感じながらやっているので、どう生かすかということも考えていて、今日はチャンスも作れましたし、自分の良さもカメの良さも出せたんじゃないかと思います。(ウェリントン選手とのコンビネーションは)ウェリとはいつもコミュニケーションを取っていますし、どういうプレースタイルなのかとか、どのようなボールが好きかということは練習で理解できているので、今日もその強みを出せるようにと思っていました。(ウェリントン選手へのクロスも狙い通り?)あの場面はカメとのワンツーからでしたが、前にスペースもあって自分で仕掛ける選択肢もあったのですが、ウェリの良さを出すためにふわりとした球を選択しました。ただ、少し狙い通りの場所にはいかなかったですね。

杉山力裕選手(福岡)

勝たなければいけない試合。引き分けでもダメという状況で、これだけの方がスタジアムに来てくださって、みんなモチベーションを上げ、気持ちよく戦うことができたと思います。来て下さった皆さんに感謝したいです。(好セーブもありましたが)僕というより、守備陣みんなが体を張ってくれましたし、前線から追ってくれて、チーム全員で守った結果だと思います。優勝を決めたチームに勝てたことで勢いに乗ると思いますし、次の松本も手強いチームですが、今日の勝利をつなげられるようにまた、準備をして臨みたいと思います。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ