〔J2第41節:福岡vs.松本〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第41節
  • 福岡
  • 松本
  • 42分 山瀬功治(福岡)
  • 84分 パウリーニョ(松本)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2017年11月11日 14:01

井原正巳監督(福岡)

ホーム最終戦に多くのサポーターが駆けつけてくれて最高の雰囲気をつくってもらいました。サポーターのためにも今日の試合に勝って最終節に望みをつなげようとの思いでゲームに入りました。残念ながら勝点1の獲得にとどまり、非常に申し訳なく思っています。ゲームの方ですが、松本さんはプレーオフ圏内をキープしている、また我々の一つ下の順位にいるということで力があるチームですし、今日のゲームも苦しいものになると思って入りました。特に前の3人の選手、今日はメンバーが(前節から)少し代わっていましたが、その3人をしっかりとケアする形で入ろうということで、前半は少し押し込まれましたが、想定内でしたし、ロングボール中心に入れてくるだろうということも予想していたので、押し込まれた中でも粘り強くしっかりと対応してくれたんじゃないかなと思います。良い形で(前半の)終了間際に点を取り、後半、したたかに追加点を挙げられれば、ゲームの方を締めくくることができたのかなと思います。最後、少し引いてしまった一瞬のスキを突かれての同点ゴールで、本当にサッカーは難しいな、また怖いということを改めて感じました。自動昇格に関しては、夜の長崎さんのゲーム次第という形にはなりましたが、とにかく、我々は最終戦を含めて昇格の可能性がある限り、それが自動昇格なのか、プレーオフに回るのか、それに関係なく、最後までチームが一つになって、サポーターのみなさんのためにも1年でJ1復帰という目標を達成できるように、また良い準備をして戦っていきたいと思います。

Q:中村北斗選手、エウレー選手投入の意図は。

相手がシャドーの選手2枚(工藤浩平と山本大貴)を代えてきたということで、駒野(友一)も、ゲーム全体のボリュームは悪くはなかったのですが、ディフェンスラインを引き締めるという意味で(中村)北斗を投入しました。そのあとに同点に追いつかれたということで、攻撃的なエウレーを(三門に代えて)入れて、最後、追加点を狙いに行きました。(エウレーは)チャンスをつくりシュートシーンもありましたが、結果的には1点を奪えませんでした。

Q:今日の攻撃面に関して。

前半、押し込まれた理由に、相手がシンプルに前線にボールを入れてきてセカンドボールを拾いに来る(ということがありました)。高崎選手は高さがありますし、シャドーがそのボールを拾ってきて、そういう相手の攻撃に対して、我々はセカンドボールに対しての反応が遅れて押し込まれる、という形が多かったかなと思います。その関係で、どうしても良い形でボールを前に運べない時間帯が多かったと思います。チャンスになったのは、ボールを一度奥に入れてから、そこからつなげた時。あるいはウェリ(ントン)が勝ったボールをサポートできた時は、ある程度の形をつくることはできたと思います。ただ、少し距離感が遠い、あるいはセカンドボールの狙いという部分が特に前半の最初のころは、松本さんの徹底したウェリつぶしや、サイド、特にカメ(亀川)のところは消されていたように思いますし、そのへんは松本さんがしっかりと我々のストロングポイントを消しに来たなと感じました。

Q:最終戦に向けて。

最終戦はアウェイの岡山戦になりますが、岡山さんももちろん力はありますし簡単なゲームにはならないと思いますが、我々も可能性がある限り、勝利をしっかりと勝ち取れるように良い準備をすること。今日の夜の長崎の結果次第ではプレーオフに回ることになりますが、プレーオフに回った場合も(リーグ戦で)3位で終わるのか、4位で終わるのかによって違いがあるので、最終戦はプレーオフにつながるゲームをできるように、そうなった場合、残りのプラス2試合も意識してゲームに臨めればと思います。

   

反町康治監督(松本)

今日の試合は、やってくれないと我々は(松本に)帰れない状況でしたが、選手たちは最後まで勇敢に戦ってくれたと思います。順位的には現段階で7位となりましたが、日程(最終節の組み合わせ)のおかげで、最後の試合に勝利することができれば、6位以内に入ることができるんじゃないかとは思っています。今年は苦しいシーズンでしたが、今日も最後の最後まで声を枯らして応援してくれた、遠いアウェイまで駆けつけてくれたサポーターの皆さんに感謝して、その気持ちを汲んで、最終節にいい形で臨みたいと思います。(試合は)全体的に中盤での攻防とか、前半は自分たちのボールにできたりとか、サイドを起点にした攻撃なんかもできたんですけど、アタッキングサードでの質が、残念ながら低かったです。福岡さんと比べると、そこが劣っていたかなと。ただ我々には、活動量など我々の良さがあるので、それを前面に出すことはできたと感じています。ハーフタイムに言いましたが、ボールを奪った後の最初のパス、最初の展開が良くないというところは、ここ最近目立っていることなんですが、それが露呈していて、そのパスが通っていれば面白い展開になるんだけどな、というのが多々ありました。それは、次の試合の課題にしたいと思います。

Q:2試合引き分けとなりましたが、最終節につながるものを挙げるとすれば。

苦しいゲームのなか、何とか追いついて、頭を垂れることなく変えることができるということ。このゲームは、試合前、仮に勝点ゼロで終わったとしても、得失点で大きく離されることのないようにとは思っていましたし、ゴール前の攻防含め、体を張ったことなど、次節も今日のようにクオリティの高い相手になりますので、そういった相手にも今日のような球際の争い、ゴール前のディフェンス、その辺がしっかりできたことは次につながると思います。最終節をホームでできることはうれしく思っていますし、苦しいシーズンだったかもしれないですが、最後は笑って終えられるようにしたいと思います。この勝点を何とか次に生かしたいと思いますし、生かさなければいけないと思います。

Q:前節から(先発を)3人変更した意図は。

練習試合、トレーニング通じて、調子のいい選手を使っていかなければいけないですし、選手はその期待に応えてくれたと思います。チームに今、必要なことは何かとそろばんを弾いたうえでの決断です。

   

山瀬功治選手(福岡)

終わったことはどうこう言っても仕方がないので、次に向けてですよね。今日の夜の試合次第で、状況が変わってはきますけど、最終節まで自動昇格の部分がもつれるにしろ、プレーオフに行くにしろ、どっちにしろ負けられないですから。(ゴールシーンは)正直ボールがどうやってゴールに入っていったのかも見てなくて、倒れちゃってたんで。最後はもう感覚ですね。飛んで来たボールに合わせてとりあえず反応したという形で、入ってよかったですね。ウェリ(ントン)がスローインをすぐ始めそうだなというのはあって、カメ(亀川)もちょうど前線に走ってましたし、逆に言えばあそこで先手を取れたというのが1つポイントだったんじゃないかなと。(ホーム最終戦でしたが)前節もそうでしたけど、すごい雰囲気というか熱というか、プレーをしていても感じましたし、単純に楽しいですね。結果は結果であるんで、悔しい部分も申し訳ない部分もあるんですけど、結果が出る前までですか。プレー中だとかそういう部分の、雰囲気はやってて気持ちいいですよ。サッカー選手冥利に尽きるかなというところはあります。けど、やっぱりそういう雰囲気を作り出してくれたサポーターに感謝したいと思いますし、だからこそ、すべての日程が終わるときにはみんなで喜びたいなと思います。

中村北斗選手(福岡)

(ピッチに入った時は)あの時間は(松本も)シンプルにサイドから上げて来ると思ったので、そこを上げさせないというのを求められて入ったつもりでした。(失点シーンは)ウォンが(マークについて)外に出た状況で、自分も中をカバーするかどうか迷って、裏も警戒しつつ、最後は自分が対応できたかもしれない場面だったんですが、結果としてボランチが(1人)いない状況で出されてシュートを打たれてしまいました。ウォンも日本語がまだ難しいなかで、ボールにいっていい、という声を誰が出すのか、出せたのかというところなど、しっかり話し合って、重要なのは、同じミスを今後しないことだと思います。長崎次第ですが、自動昇格でなくてもプレーオフがあるので、最後に昇格できればいいので、この勝点1を結果的に「修正できたね」で終われたらと思います。(ホーム最終戦でピッチに立って)ちょっと苦い感じというか、こういう展開になっちゃうのか、と思うところもありますね。ただサポーターの皆さんには、(この状況も)クラブの存続問題などを経験している皆さんなら贅沢な悩みというか、そういう風に捉えてもらえたらと思いますし、プレーオフになったとしても、今日のように声援を送っていただけたらと思います。僕とかカミ(神山)とか、城後とか、アビスパが好きで残っていたり戻ってきて、なかなか試合には出ていないですけど、そういう選手が(先頭に立って)チームをプラスの方向に持っていきたいですし、このチームは昇格とか優勝争いとか降格とか、いろいろな経験を持った選手がいるので、全員が同じ方向を向いて戦っていきたいと思います。

冨安健洋選手(福岡)

(ホーム最終戦ということで)いい雰囲気を作ってもらい、その雰囲気に乗って(自分自身は)いつも通りにプレーすることができました。(19時試合開始の)長崎次第ですが、プレーオフになったとしても、J1昇格のチャンスはまだあるわけで、粘り強く戦っていきたいと思います。(失点シーンは)もっとボールに体を張っていれば入らなかったかもしれないですし、もう1つ甘かったのかなと思います。

三門雄大選手(福岡)

正直なところ、やられ方も含めてショックの大きい試合というか、落ち込んでいる、というのはあります。ただ年間を通してみれば、こういう試合をいくつも落としてきたわけで、それを考えると、よく言えば成長できる部分がまだあるということですし、悪く言えばそういう甘さがあるというところ。J1を目指すチームがこれではいけないと思います。失点シーンを含め映像を見て、みんなで話し合っていきたいと思います。次節の岡山戦もタフなゲームになると思います。(19時キックオフの)長崎次第ですが、プレーオフになったとしたら、やっぱり勢いのあるチームが勝ち上がると思うので、勝って(POに)臨むのと負けて臨むのとでは、順位の問題もそうですが、全然違ってくるので、立ち上がりからしっかり入って、勝って帰ってきたいと思います。まずはメンタルの部分でいい状態にして臨みたいです。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ