〔J2第12節:福岡vs.山形〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第12節
  • 福岡
  • 山形
  • 53分 石津大介(福岡)
  • 74分 フェリペ・アウベス(山形)
  • 90+4分 枝村匠馬(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2018年5月3日 14:03

井原正巳監督(福岡)

ゴールデンウイークということで、たくさんのサポーターが後押ししてくれました。1-1に追いつかれてから非常に苦しい状況の中、最後に、劇的な形で2点目を入れることができたのは、サポーターの皆さんが最後まで声援をしてくれたおかげだと思います。試合の方ですが、山形さんはリーグ戦の途中からシステムを変え、非常に守備の堅い、守備に重心を置きながらカウンターなどを中心に攻撃するという特徴があるチームでした。カウンターを受けないことを特に意識しつつ、押し込んでゲームを進められれば、と思っていました。山形さんがロングボール中心に、サイドチェンジをかなりやってこられたので、そういう中でわれわれが主導権を握る時間は少なかったと思います。ただ、自分たちがやれる中でしっかり崩していこうという意思は、ゲームを通してあったのではないかと思っています。ハードスケジュールということもあり、何人かのメンバーを入れ替えてゲームをして、これまで出ていなかったメンバーを含めて、しっかりと結果を出してくれたと思いますし、中2日でまた岡山戦がありますので、総力戦というとらえ方で、次もまた良い準備をしていきたいと思います。この勢いと言いますか、4月は負けなしできて、5月も良いスタートが切れたので、この流れをまた続けていけるように、しっかりと準備をしていきたいと思います。

Q:失点の場面を振り返っていただけますか。

失点してしまう時というのは、どうしても受けてしまって、われわれが相手の攻撃を少し警戒し過ぎて、下がってしまった時にやられることが多いと思います。どうしても、積極的な守備というものが、まだまだ流れの中でできないのが原因なのかなと思っています。ただ、流れの中で1失点してしまうというのは、どのゲームでも起きてしまうのがサッカーだと思いますし、そこは割り切って、そういう風に選手にもいつも言っています。1失点してもそこからもう一度チームが前向きにやれるかどうかと思うので、今日はそういうゲームができたと思います。

Q:3枚目のカードで枝村(匠馬)選手をチョイスした理由と指示、また田村(友)選手を今季初めて先発起用した理由を教えてください。

交代をもう少し早くと思っていたのですが、ディフェンスラインの選手で足の調子が良くなかったこともあり、交代枠はなるべくひっぱりながら、と思っていました。(枝村の出場は)残り時間わずかなところでしたが、トップ下での起用で、松田を左に回して、われわれのボールを中盤のスペースで受けてもらいたいという意図がありました。前線の3人をうまく生かせるのがエダ(枝村)でもありますし、最後の得点シーンのようにゴール前に入っていける選手なので、トップ下ということです。もちろん、引き分けの状況だったので、守備もしっかりと意識しつつ、ゴール前に顔を出すように言って送り出して、あの時間で本当に良い仕事をしてくれたと思います。田村に関しては、このタイトなスケジュールの中で、ボランチのところで山瀬、そして枝村もケガ明けだったので、前節の反省からもボランチところで、高さもあり、強さもある選手を、というところで(起用した)。もともと田村はセンターバックもボランチもできる選手なので、そういう意味で、今シーズン初めてでしたが、あえてスタートから行こうと。あまり喜怒哀楽を出さずひょうひょうとプレーするタイプなので、今日もそういうプレーで、高いアベレージでプレーをしてくれたと思います。体力的にはギリギリだったかもしれませんが、中盤もできるというところを示してくれたと思います。

   

木山隆之監督(山形)

お疲れさまでした。試合の展開としては、攻め込まれても粘り強く守って、勝負に持っていきたいという思いだったので、展開的には、ほぼ狙い通りになったと思います。そのなかでミスによって失点しましたが、そこで落ちることもなく、(選手たちは)プレーもしっかりと続け、同点に追いつくことが出来たので、そこは良かったのかなと思います。その後に2回、勝ち越せるチャンスがあったので、そこで(とどめを)させないと、アウェイのこのようなところで勝ち切ることはできないので、そこは少し残念です。ただ、選手たちは勝つ意思を見せて、しっかりやれていたと思うので、ホームに帰ってまた(勝点3が)取れるように、全力を尽くしたいと思います。

   

枝村匠馬選手(福岡)

(終了間際のゴールに)ホッとしています。ホームで勝点3が取れたことは、本当に良かったと思います。(後半は)厳しい展開でしたし、(山形が)1点取って相手の勢いもあったなかで、こちらが1点取るというのはなかなか難しいことだったと思います。最低でも引き分けの状況で(自分の出場の)チャンスがあればと思って見ていました。(ピッチに立って)守備から入ろうと思っていましたが、相手の圧力が強かったんで、うまく入れたとは言えないです。最後にいい形で(ゴールが)入ってラッキーだったと思います。人数をかけて(ゴール前に)入れたんで、上手くあふれてきたのを合わせた感じです。(2シーズンぶりのゴールですが)自分が点を取って勝つというよりも、チームが勝ってくれればいいので、そのために今後も関わっていきたいと思います。

岩下敬輔選手(福岡)

(先制点を呼んだ裏へのパスについて)まだ12試合目ですけど、うちのFWの選手たちはスペースがあるところでプレーするのがストロングなので、足元につけることもできましたけど、あえて裏を狙わせました。それで諦めずに追いかけてくれますし、そのスピードはJ2のなかでは抜けている選手で、そこで行ってくれた結果が(得点に)つながりました。石津もしっかりとついて行っていたので点を取れたんだと思います。押し込んでから何回かチャンスも作れていましたが、前半のうちに1~2点取れるチャンスがあったと思うので、そこで冷静に流し込んだり、GKに当てないようにしたりすれば、もっと楽なゲームになったと思います。(前半から声を出してチームを引き締めていましたが)大事なゲームだとわかっていましたし、スタメンの選手に今日はきついことも言わせてもらうと言っていました。それに何か言ってるな?でもいいので何か返事をしてくれと注文していました。いろんな要求をしましたし、みんなが見ていることを伝え合いながら、それが必要か必要でないかは自分で判断してプレーすればいい。情報を入れることによって選択肢が広がればいいなと思ってやっています。僕が言うことで周りの選手たちもそれぞれでコミュニケーションをとるようになってきたので、それはいい方向に行っていると思います。(キャプテンマークをつけたことで変わった?)そんなことはないですけど、意識づけとしてチームを引っ張っていければいいなという思いはあります。でも、今日はそんなことよりも勝点3が欲しいゲームの1つだったので。(田村選手も今季初先発でした)ユウなりにやってくれたと思います。難しいポジションに難しいタイミングで入ってきて、あまり合わせることもなかったのにあれだけやってくれれば監督としても1つのオプションができたと思います。それも彼が今までしっかりやってきたからだと思います。まだまだ課題はたくさんありますけど、ミスもたくさんありましたし。ただ、みんなでケガで離れた選手の代わりに入ったり、ローテーションで入った選手をカバーしながら競いあう仲になれればいいと思います。

輪湖直樹選手(福岡)

同点から最後に勝ち越すことができて、連戦のなかでチームに勢いをもたらすことができますし、今日の勝利は、昇格を目指して今シーズンを戦う上でも、今後に良い影響を与えてくれる勝利だったと思います。(エウレー選手のサイドハーフ、田村選手のボランチとメンバー変更があった中で意識していたことは?)友(田村)であれば球際の強さだったり、エウレーであれば攻撃にアクセントを加えられる選手だったりと、それぞれ特徴があるので、そこを思いっきり出してプレーできるようにと意識していました。それがチームにとってプラスになるので。エウレーとは初めて(SHとSBの関係で)組みましたが、密にコミュニケーションを取りながら攻守に良さを出しながらプレーすることができたと思います。自分は次節、出場停止になりますが、チームは良い状態ですし、誰が出てもそれぞれの良さが出せるところが福岡の強みになっていると思うので、そういった総合力で今後も戦っていきたいと思います。

エウレー選手(福岡)

(ホームでは初めての先発でした)練習から監督が自分のプレーを見てくれて、私を(先発に)起用してくれたことを嬉しく思います。自分はスピードあるプレーや配球が特徴の選手なので、試合に出たら自分のプレーを出せるように準備してきました。今日のようにハードワークした試合で、最後まで粘り、土壇場での枝村選手のゴールで勝利できたことを嬉しく思います。(SHというポジションで意識したことは?)井原監督のサッカーは、サイドバックでもサイドハーフでも、守備は欠かせない要素になります。そこは意識して、輪湖選手のカバーだったり、惇(鈴木)選手が飛び出したスペースを埋めることなどは意識しました。

田村友選手(福岡)

緊張はしていましたが、入りの部分を意識しようと思いました。ただミスが多くて、ボランチとしての役割はできていなかったのですが、勝ってよかったなと。センターバックなら違ったかもしれませんが、久しぶりの試合がボランチということで、前々日も前日も少し気持ち的に苦しみました。動きのところで自分も分からない部分があるので、そこは敬輔君(岩下)に強く言ってもらうようにしました。自分はボールを受けて展開するよりも、セカンドボールを含めた守備面で強く行こうと意識していましたし、そこが求められてもいました。セカンドボールに関してはできたのかなとは思います。(決勝点にも絡みました)とりあえず中に入ってどうにかしようと思っていました。ゴールから遠い位置だったので、ゴールは狙わずに、すらして誰かが狙ってくれればと考えた結果です。入って良かったです。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ