〔J2第21節:福岡vs.町田〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第21節
  • 福岡
  • 町田
  • 11分 松田力(福岡)
  • 24分 岩下敬輔(福岡)
  • 83分 中島裕希(町田)
  • 85分 戸高弘貴(町田)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2018年6月30日 18:03

井原正巳監督(福岡)

天候の悪い中、大勢のサポーターが来てくれて、前半は良い形でゲームに入ることができたと思います。後半に追い付かれて非常に悔しい引き分けで、勝点2を失ったような形でゲームを終えてしまったことを非常に申し訳なく思っています。ゲームの方は全体を通してボリュームもありましたし、非常に蒸し暑い中、町田さんを想定したプランはある程度できたと思っています。ただ、警戒していたセットプレー、そしてやられたシーンも、もちろんニア(サイド)のところだったとは思いますが、そこを含めてカウンターからと、今週はそこをテーマとして抑える形のトレーニングをしてきましたが、そこでやられたことを、そこは僕の指導不足だったのかなと思います。町田さんは90分間最後まであきらめないチームだと選手にも言っていましたし、今日も町田さんはそういうプレーをしていました。われわれもそこは見習わなければいけないな、と思います。残り後半戦21試合あるので、まだまだわれわれの目標である、優勝して昇格するという目標に向かって、もう一度チームをしっかりと引き締めて、後半戦立て直せるように頑張りたいと思います。

Q:石津選手を投入したのはもう1点を取りに行くという明確な意思だったのか。それと移籍後、初出場初先発となった古賀(太陽)選手の評価を。

中盤のところのセカンドボールがなかなか拾えなかったこともあって石津を投入しました。攻撃のところで落ち着くところと、もう1点を取りにいくところの、バランスを彼に任せたところはあります。後半、カウンターからのチャンス、そしてモリ(森本)のヘディングシュートと惜しいチャンスはあったと思いますが、決め切れなかったところ、そして、それでも2点のリードがあるので、そこを守り切れなかった、後半のゲームの入り方が少し悪かったのかなと思っています。古賀に関しては、今日はセンターバック(3バックの右)での出場になりましたが、非常に落ち着いてプレーをしてくれたと思いますし、もともとセンターとサイドの両方をできるポテンシャルのある選手なので、今日は彼らしいプレーをしっかりと発揮してくれたのかなと思います。

   

相馬直樹監督(町田)

今日は午前中からものすごい雨も降りましたが、遠く、町田から我々を応援しにたくさんの人に集まってもらいました。最後まで声を枯らしてくれた、その声援のおかげもあって、何とか追いつくことができて勝点1を持って帰ることができます。まずはありがとうございました。ゲームの方ですが、前半は僕の(送り)出し方が、正直悪くて、我々はいつもチャレンジャーだといって送り出してはいますが、(今日は)少しボールを受けることを怖がるような状況にしてしまいました。もちろん、福岡さんのエネルギーを感じた選手もいたと思いますし、スタジアムの雰囲気も含めて、そういう風に感じることもあったとは思いますが、自分の(送り)出し方含め、少し申し訳ないというか、残念は前半になりました。ただ、メンタルの部分と思っていましたし、そういう意味では、追いかける展開というのは、我々にとって嫌な展開ではなかったかなと思っていました。後半は、勇気をもって戦ってくれと(話しました)。ボールを受けること、チャレンジすることを怖がらずにやってくれと。後半の立ち上がりから、そういったことを出してくれて、ゴール前まで何度も迫りました。本当はあそこで(得点を)取り切れたら、逆転も可能だったかもしれませんが、そのまま2-0で逃げ切られるような展開でした。それでも最後は、本当に選手たちが諦めずに戦ってくれた、走ってくれた、勇気をもってくれたおかげで、何とか追いついて勝点1を持って帰ることができます。今日のゲームだけでいえば、終わり方はいいですが、前半の入り方もそうですし、我々としては2分けということで、次のホームでは勝星を求めて、足りない部分はしっかりと向き合って、次のホーム栃木戦に臨みたいと思います。

Q:後半、森村(昂太)選手を下げて、中島(裕希)選手をサイドに、戸高(弘貴)選手がボランチ、平戸(太貴)選手はサイドまま置いたと思います。その意図、期待したことは。

弘貴(戸高)のファーストプレーから、相手はスピード感というか、ボールを拾いにいくところでマイボールを作れるんじゃないかなとは感じました。中盤のスペースが広くなったところの間で彼がボールを受けるということ。実際に2点目もですが、彼はゴール前まで入って行ける選手なので、そういったところを期待してそのポジションに入ってもらいました。

   

岩下敬輔選手(福岡)

もったいなさすぎるゲームでした。若い選手がたくさんいるチームではないので、その時に何をしなければいけないのか考えながらできなかったらこうなったと思います。町田が何かを変えて来たわけではないですし、3点目を取りに行くのか、守りながらそのチャンスを狙うのか、どっちに重きを置くのかがフワッとした後半になったかなと。行ったり来たりのゲームにウチも付き合った感じがありましたし、それはもったいないゲームにした原因でもありますし、僕を含めてそうですけどイージーなミスが多すぎました。後半はボールを持てなかったですし、町田はボールを持つわけじゃなく前線にボールを放り込んでセカンドボールの球際で戦って、走って、追い越して、ゴールに向かい、(ボールを失えば)また下がってということを繰り返して勝点を取って来たチームなので、そのままのプレーをされたと思います。(11番になって初ゴールですが)やっぱり勝ちたかったです。僕がゴールを決めるとかではなく、チームとして勝点3を取りたかった。連敗を止めたというより、勝点3が欲しかったゲームの一つだったので、チームとして高みを目指すのであれば連敗を止めて満足していてもしょうがない。今日は勝点3が取れたとみんなが思ってくれたらいいと思います。失点はしょうもないものでしたし、防げない失点ではなかった。去年、町田にやられた、そのままのシーンでやれているので、そこはしっかり受け止めなければいけないと思います。

枝村匠馬選手(福岡)

町田の粘り、圧力に負けた感じです。前半は流れもあったし、先制点も取れた。もっと地上でサッカーをやりたいけど、相手がああ言う感じでストレスが溜まりました。後半はやり方がまだまだあったと思いますけど、試合の中でうまく対応できず、修正もできなかった。結局、相手の1点目で流れがすぐに変わるのがわかっているのにやられているので。そこの集中力の無さが問題です。失点する前から集中力がなかったのは目に見えてわかっていたので、危機管理能力を試合の中でうまくやっていかないといけない。(79分のチャンスは)大事に行こうとして、より確実な方を選んだんですけど、結果はダメでした。そこも一つの分岐点ですね。勝負どころでちゃんと取らないとダメですね。今はやって行くしかないし、勝って流れを変えるしかない。半分終わりましたけど、まだまだチームとしては未完成ですし、これからですね。

圍謙太朗選手(福岡)

前半は(福岡の)両ワイドが広くポジションを取れていて、(相手が)前から来て、ボールサイドに寄るところを逆サイドに展開といったところも、こっちのペースで進められたと思います。が、後半は立ち上がりから主導権を握られてしまいました。2-0は危ないスコアだということは(ハーフタイムに)話していましたが、後半開始早々にシュートも打たれましたし、相手の形がハマり始めたなと。後半は両ワイドも下がって5バックのようになり、中に絞らざるを得ない状況で、向こうの流れに引き込まれてしまいました。攻撃も縦の展開に自分たちもつられてしまい、そういった攻撃の部分で、自分たち守備陣がもっと貢献できたらというところが反省点です。直近の3試合で勝点8を失っている(2敗1分)というのは、優勝を狙っているチームとしては本当に痛いです。切り替えてやるしかないと思います。

古賀太陽選手(福岡)

勝ちたかったです。結果を出せずに悔しいですね。(町田は)シンプルに入れてくるというのは分かっていましたし、そこを跳ね返すところ、そしてプレッシャーが速いので、立ち上がりはハッキリさせるところをハッキリさせ、前でキープできる選手もいるので、背後を狙うということを意識して(試合に)入りました。連敗している中で起用してもらい、負けなかったことをポジティブに捉えるしかないと思います。(後半に2失点した要因は)まずは個人としては、空中戦には全部勝たないといけないと思いました。後半に(ユ)インスが背後を取られたシーンなども、もっと自分が声をかけてコミュニケーションを取ることができたと思っています。まだ移籍してきて間もないですが、そんなことはピッチに入ったら関係ないと思っていますし、チームの穴にならないように、自分がチームを引っ張るくらいの気持ちで結果を出したいと思います。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ