〔J2第23節:福岡vs.讃岐〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第23節
  • 福岡
  • 讃岐
  • 26分 原一樹(讃岐)
  • 34分 鈴木惇(福岡)
  • 50分 實藤友紀(福岡)
  • 54分 駒野友一(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2018年7月15日 18:03

井原正巳監督(福岡)

西日本の豪雨災害でお亡くなりになられた方にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。我々にとっては、今日が後半戦のスタートというゲームになりましたが、そういった被災された方々のためにも、今日のゲームは結果を出さなくてはいけないと試合に臨みました。(リーグ)前半戦の最後は3試合勝てないゲームが続いたので、今日はあらたなスタートということで、しっかり勝点3を取ろうという強い気持ちで来ました。大勢のサポーターの方々も駆けつけてくれ、PKから1点ビハインドという状況でしたが、選手たちも慌てることなく、自分たちのサッカーをしてくれたと思います。今シーズン初めて逆転勝利することができましたし、今日は本当に選手たちが90分間、勝利のためにやるべきことを全うし、気持ちを出してくれた素晴らしいゲームだったと思います。まだまだ後半戦は残り20試合ありますので、次のヴェルディ戦に向けていい準備をして、少しでも順位を上げていければと思います。

Q:前半戦の最後3試合、勝てないゲームが続いたときと比べ、今日、勝利につなげた点で違ったところは?

今日のテーマは、まず速攻ができるときは逃さないこと、それと、この暑さですから、マイボールのところはしっかりとボールを保持しながら相手が出て来るのを待ちつつ、空いたスペースを使おうということでした。選手たちがそこはしっかりと意識してくれたと思います。つなぎの部分も、少し捕まったシーンもありましたが、サイドから崩す意識と、押し込んでから我々のペースで崩すこと、プラス速攻という使い分けができたんじゃないかという点が、試合の主導権を握れた理由だと思っています。

Q:駒野(友一)選手が天皇杯から中3日で先発出場でした。起用した意図と評価を。

コマ(駒野)はいつも試合に向けて最高の準備をしてくれるプロフェッショナルな選手で、今日もしっかりと試合で結果を出してくれました。さすがだなと思いますし、ゴールも素晴らしかったと思います。(サイドの攻防については)前半押し込まれたシーンがあり、右サイドの駒野と(ユ)インス、それとDFラインの實藤(友紀)、岩下(敬輔)、(古賀)太陽のスライドが遅くなって、(讃岐の)荒堀選手へのプレスのタイミングが少し遅れる場面もありましたが、ハーフタイムでその部分をハッキリさせましたし、駒野のボールの受け方、駆け引きというところで、相手のサイドハーフ、サイドバックのどちらがつくのか微妙なポジションを取る巧さがあり、後半は特にサイドの攻防の面で勝ったかなと思います。

   

北野誠監督(讃岐)

香川県から時間とお金をかけて来ていただいた方、またDAZNを通じて見ていただいた方に申し訳ないなという気持ちです。立ち上がりから、今日はサイドの攻防だったと思います。前半は、駒野(友一)君も良い形で高い位置を取っていましたが、ウチの荒堀(謙次)もそれに負けないくらい高い位置を取って、そこを起点にできたと思います。ただ、後半になってからはやはりなかなか両サイドが高い位置を取れなくて、後ろが少し重たくなってしまったかなと思います。これが、実力かもしれませんが、何とかチーム一丸となって次、しっかりと勝点を取れるように頑張っていきたいと思います。

   

駒野友一選手(福岡)

(ゴールは)狙い通りのコースではないですが、逆サイドというのは狙いました。仕掛けたときに相手DFが縦を切ってきたので、中に入ってシュートしかないと思い、迷わず振り切りました。天皇杯から中3日でしたが、天皇杯は90分間出ていないですし、中3日しっかりとケアして試合に向けて準備していたので、今日も90分間、体力的な問題はなかったと思います。サイドバックは90分間走り切るのは当たり前で、そのうえで精度を高めることを考えているので、今日はそこがゴールにもつながったと思います。(リーグ)前半戦の最後3試合は勝てていなかったですし、流れが良くなかった中で、今日は先に点を取られてしまいましたが、今シーズン初めての逆転勝利となりましたし、チームにとっていい流れになると思います。

木戸晧貴選手(福岡)

ベンチで見ていて、これまでは点を取ってリードした後に押し込まれることもあったのですが、今日は相手陣内でボールを回すことができていたので、自分が入ったら、キープしつつ、チャンスがあればもう1点取るという意識でいました。ゴールを決めることができたら良かったですが、最近は試合に出させてもらう機会も増えてきて、いろいろと意識しないで動ける部分も出てきたので、今は途中出場ですが、リーグ戦でもスタメンで出場し、もっとチャンスを作り、ゴールを決めることができるように頑張りたいと思います。

鈴木惇選手(福岡)

(先に失点したが)焦らなくてもいいという声が中で出ていましたし、試合前もいろんな状況になっても90分で勝ち切ればいいという話もありましたので、出ている選手がそれを(実行)できたのが良かったと思います。(ゴールについて)よく練習している場所なので(決められて)良かったです。壁がちょっと遠かったので余裕を持って蹴ることができました。GKも動けていなかったし、しっかりと足元を隠してもらっていたので。0-1の状況は避けたかったので、前半のうちにその状況を回避できたのは良かったと思います。今日も欲を言えば3点差にしたかったですし、リズムを崩してカウンターを食らう場面もあり、そういう細かいミスはありましたが、11人が意識を統一できていたので、そういうミスが失点に繋がらなかったのかなと思います。自分たちは今日が(リーグ)後半戦の1戦目でしたが、いい意味で切り替えられたと思います。

實藤友紀選手(福岡)

(昨シーズンの徳島戦以来のゴール)そうですね。あれはサインプレーでした。(岩下)敬輔くんが立っていたところに(鈴木)惇が放り込み、そこに流れ込むというのが作戦でした。うまく点につなげられて本当に良かったと思います。天皇杯も大量に点を取られて、ホームだったのでスタジアムの空気も連勝していた時とは違っていましたから、このリーグ戦でしっかり切り替えてやろうとみんなで話をしていました。そこはうまく3日間で切り替えられました。(リーグ後半戦の)良いスタートが切れたと思います。(先に失点したが)いい形で行っていたので、PKで先制されて流れが良くないと思いましたが、そういうなかで惇のFKで追いついて、あれが今日のターニングポイントだったと思うくらい、前半で追いつくことが大事なことでしたし、あそこで決めてくれるのがすごく助かりましたね。逆転勝利できるチームは自ずとシーズンを通して強いチームだと思いますし、先制されてそのまま逃げ切られる試合が多かったので、それにも食らいついて行って逆転できる力を後半戦はどんどん見せていければと思います。どういう状況になっても自分たちのやるべきことをやり続けることだ大事だと思います。リスク管理を怠らないとか、攻撃陣は相手の裏を取るとか。一人ひとりの動きが点を取れてからも(怠ることが)なかったので、これはいけるなと思いましたし、気持ちが入っていましたから3−1で勝ち切りましたし、今後につながると思います。東京Vも良い選手が入り、今日も山口に勝っていますので、勢いのあるチームを叩いてこそ、だと思います。僕らは1試合少ないですけど、それは考えずにやっていきたいと思います。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ