〔J2第28節:福岡vs.水戸〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第28節
  • 福岡
  • 水戸
  • 32分 ドゥドゥ(福岡)
  • 85分 レオミネイロ(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2018年8月11日 18:03

井原正巳監督(福岡)

8月のホームゲームが1試合しかない中、大勢のサポーターが来てくれて最後まで熱い声援を送ってくれました。そういう中で何とか勝つことができたのですが、それもサポーターからパワーをいただいたおかげだと思います。本当に感謝したいと思います。選手たちはこの暑さの中、90分間しっかりと走り切ってくれたと思います。水戸さんは決して弱いチームではなく、前節こそ徳島に0-1で敗れていましたが、その前は7試合負けなしと非常に力のあるチームということで、われわれもしっかりとリスペクトして戦いました。前半に良い形でドゥドゥが得点を挙げてくれましたし、いままで1-0で後半に入って追加点を取ってゲームを終わらせることができていなかったので、今日2点目を取って終わることができたのは、チームにとっても次につながる試合になったのかなと思います。8月の残り2試合はアウェイゲームが続きますので、しっかりと良い準備をして、われわれが上位にいくには連勝するしかないので、次も勝点3を取ってアウェイから帰って来られるように頑張りたいと思います。

Q:ドゥドゥ選手をトップではなく右サイドハーフで起用した狙いは?

ドゥドゥのボールキープ力と前への推進力をサイドで生かしたいとの考えがありまして、右サイドでの先発になりました。あと、森本(貴幸)が中央にいる方がゴールに直結するプレーをしてくれるので、組み合わせ、システム、メンバーなどを考え、また水戸さんの布陣を考えた上での決断です。

   

長谷部茂利監督(水戸)

自分たちの攻撃のミスもありましたが、福岡さんの攻守にわたったレベルの高いサッカーに終始圧倒された、という印象です。以上です。

Q:福岡の選手たちが(水戸の)ボランチから供給されるボールを狙っていたように思います。

おっしゃる通り、狙っていましたね。パスを供給する前、(ボランチに)入ったところを潰そうと狙っていたと思います。それは選手たちに「狙われているぞ」と伝えました。そうなったときに、ボランチの選手がすべてのプレーを自分で完結させるのではなく、人にプレーを譲って、違うところからボールを入れるようなトレーニングもしていますし、それを目指してやっていますが、それが今日は出来ませんでした。自分たちのミスも何度かあり、ボールを受けるときに見ていないとか、判断が悪かったとか、パスの質、受ける質、その辺が福岡さんと違ったのかなという印象です。

   

古賀太陽選手(福岡)

(積極的な姿勢が目立っていました)前節は前でボールを受けることが少なかったので、サイドバックである以上、前に絡まないといけないというのは感じていたので、積極的にいこうというのは心掛けていました。チーム全体としてもボールを持つ時間が長かったので、上手く時間を使ったり、タイミングを見計らってオーバーラップしたりというのもできたと思います。自分の意識だけで上がったのではなく、全体の流れあってのプレーだったと思います。このパフォーマンス、ハードワークを毎試合続けたいと思います。(惜しいシュートもありました)昨日ちょうど居残りで練習をしていたときに、まったく同じ形でやっていて、ボールを運びながら打てるなと思って。決めたかったですね。もっと練習しないとダメですね。積極性が出せたというのはポジティブにとらえたいですけど。(相手のボランチへの意識が高かった?)相手の2ボランチの足元の技術が高いというのはわかっていましたし、チーム全体でボランチをおさえることは意識していました。そこでうまく潰せていたのが勝因のひとつだったと思います。中盤の選手、前線の選手がハードワークをしてくれたおかげで後ろは守りやすかったですし、あれだけボールの出所を制限してくれたら、後ろもプレッシャーに出やすいんで、これをどの相手でも続けていけるように日々意識したいと思います。(水戸の2トップの1人が下がっていたが)前節の甲府の失点シーンもFWが下りたところをフリーにさせたというのがあったので、受け渡すこと、僕らがついていくならついていくという判断をしっかりやろうというのは話していました。うまく真ん中の選手が受け渡してくれていたので、その辺がうまくいったと思います。欲を言えば先制したあと、追加点を取れるシーンもあったので、そういうところで試合を決められるようにしたかったです。

レオミネイロ選手(福岡)

点を取れたことは嬉しく思いますが、それよりも我々がJ1昇格を目指しているということで、チームの勝利に貢献できたことが何より嬉しいです。私が試合で力を発揮できたのもチームメイトのおかげだと思っていますので、今後昇格にむけて次から次に勝利を追求して頑張っていきたいと思います。(ゴール後はサポーターのところへ一直線でした)サポーターの皆さんには、いつも励みのメッセージを頂いたり言葉をもらったりしていたので、点を取った瞬間に、まず恩返しをしたいという気持ちでサポーターのところに行きました。このゴールはサポーターもそうなんですが、チームメイトにも捧げたいと思います。みんながハードワークして努力してこの勝利をもぎ取ることが出来たと思うので。(アビスパでどのように自分を生かしていきたい?)私のサッカーの特徴は、スピードとフィニッシュですが、しかしチームが最優先だと思うので、もし私の特徴を生かさずにチームに貢献できる形があれば、それを選択しますし、監督の要望に応じてチームの中でどういう役割が求められているかを理解した上でプレーしていきたいと思います。常にチームの勝利に献身的にやっていきたいと思います。

ドゥドゥ選手(福岡)

今日は主導権握る時間帯が長く、それほど相手に押された感じはしませんでした。(ゴールシーンは)中央から私がボールを持って、前線の選手がかなり動いていたおかげで(鈴木)惇選手がフリーになって、そこでまた私がエリアに動いて、ディフェンスの間に忍び込んでヘディングシュートを決めることが出来ました。後半に入ってレオ選手も投入され、トドメを刺すことが出来ました。今日なによりも良かったのは、攻撃のコンビネーションがチームとして機能していたことだと思います。自分自身は正直言ってヘディングシュートは得意ではないのですが(笑)、惇選手のボール素晴らしいボールが来たので、そのおかげで点を取ることが出来ました。2連勝する事でモチベーションも上がりますが、今後アウェーで難しい2試合があり、その次にホームで難しい試合が控えています。そこの結果次第では、今後のチームの将来を占うくらいの重要な連戦になると思います。我々はこれからも連勝をして、首位を目指して頑張っていきたいと思います。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ