〔J2第35節:福岡vs.大宮〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第35節
  • 福岡
  • 大宮
  • 1分 城後寿(福岡)
  • 48分 大前元紀(大宮)
  • 71分 城後寿(福岡)
  • 84分 山瀬功治(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2018年9月29日 18:04

井原正巳監督(福岡)

台風が近づいている中、大勢のサポーターが駆けつけてくれました。そういう中で勝点3を取ることができて本当に感謝しています。大宮さんとは勝点が同じということで、前節われわれはウィークデーで京都さんに敗戦しましたし、今日の試合は(京都戦の敗戦から)切り替えることと、コンディションをしっかりと戻すことを前提に準備をしてきました。今日のゲーム、新日本製薬さんのマッチデースポンサーということでしたが、われわれにとっては本当にパーフェクトに近いゲームだったと思います。前半から守備のところもアグレッシブに行ってくれましたし、後半開始早々に失点してしまいましたが、その後もしっかりと点を取りにいく姿勢、そして最後まで集中して大宮さんの攻撃を粘り強く守る、そういう集中力の高い、ボリュームのあるゲームかなと思っています。ただ、まだまだ、われわれの置かれている立場は残り7試合、厳しいですし、上を追いかけていく立場なので、今日のようなゲームをしっかりと次の10月4試合、11月3試合、残り7試合につなげていきたいと思います。

Q:城後選手を前線で先発起用した理由と評価を。

彼を前で使ったのは、ゴール前のパワーといいますか、クロスに対する入り方、そして背後を取る動き出しを含めて、そのパワーが必要だな、というところでの起用でした。ここ数試合は木戸(皓貴)を先発で起用していたのですが、過密日程でありますし、彼(城後)自身、前半戦の大宮戦ではボランチでプレーしたのですが、その時の(敗戦の)悔しさを多分持っていると思いましたし、そういう中で彼のパワーがチームに必要だな、ということで先発で起用しました。その期待にはしっかりと応えてくれたと思いますし、相手の脅威になっていたのかなと思います。

Q:選手交代の意図は?

自分たちのボールを奪われてからの失点ではありますが、少しずつ前がかりになってボランチの背後などを使われ始めて、少しピンチを招いたというところと、前に行くパワーが少しなくなったというところで、ボールをしっかり保持しながら前に運びたいというところで、レオ(ミネイロ)と山瀬(功治)を投入しました。そういう中で彼らがしっかりと起点をつくりながら、レオの場合は背後に飛び出してスピードを生かしながらというところで、後半に1失点はしましたが、何とかわれわれのリズムに持っていけたのかなと思います。

Q:勝負の9月、その評価を。

3勝2分2敗は決して望んでいた結果ではありませんし、物足りない結果ではあります。ただ、後ろを向いてもしょうがないですし、チームが(シーズン初めに)目標としていた勝点84はもう届かない状況ですが、残り7試合で優勝、昇格という目標達成の可能性は十分あると思っていますし、この9月に勝ち切れなかったゲームというのは、守られた中で点が奪えないゲームが多かったのかなと思いますし、自分たちのリズムでゲームを支配している中で、イージーなミスから失点したり、カウンターからの失点が、この7試合の中でかなり多かったと思います。そういうところは残りの7試合、修正していかなければ昇格はないと思っていますし、攻撃のところは、複数得点が3試合あるということはプラスに考えて、ただ無得点のゲームもありますし、そういうところは相手のやり方や守備の特徴を分析しながら、しっかりと残りの7試合、どのチームが相手でもわれわれの攻撃から点を取って行けるようにしたいと思います。

   

石井正忠監督(大宮)

まずは天候の悪い中、ここまで来てくれたサポーターの皆さんに感謝申し上げます。結果はこういう形になり、申し訳なく思います。試合の方ですが、前半早い段階での失点は、事故としても、前半のうちにできれば追いつく形を作りたかったんですが、福岡さんの高い(位置からの)プレッシャーに少し自分たちでボールを失うシーンが多くて、得点に結びつけることができませんでした。後半、修正してもっと自分たちでテンポよく動かそうと(話し)そういったなかで、後半早々にゴールを挙げることができたので、その状態を後半も続けて追加点がほしかったですが、やはり福岡さんの堅い守備を崩せませんでした。プレッシャーに負けてしまったのかなというところはあります。選手たちは最後の最後まで90分間戦ってくれたことは評価していますし、大事な試合に負けてしまいましたが、次に切り替えていきたいと思います。

Q:サイドを起点にピンチになる回数多かったですが、どのように対応しようとしましたか。

前半はある程度運ばれながらも、最終的には防いでいたので。もう少し自分たちが制限して相手にプレッシャーをかけたかったのですが、そこはある程度前半はできていたという印象です。後半は自分たちが追いつかなければいけないところで、前がかりになり、そういう(ピンチの)シーンが増えてしまいました。我々が主導権を握って、もっとボールを動かして、相手陣内にボールを運ぶことができればよかったと思います。

Q:ボールを握っているときも、少し怖がっているように見えました。

特に前半はそういった感じがあったと思います。福岡さんは非常に球際も激しく狙いにきていましたし、そこの部分で判断が遅れたり、パスのタイミングが遅れることにつながったとは思います。

   

城後寿選手(福岡)

(先制ゴールについて)ゴールが見えたので、入っても入らなくても、こちらが先にシュートを打つことで流れが来ると思って打ちました。たまたま入りましたが、早い時間のゴールで、前半はウチのゲームだったと思うので、早い段階でチームが流れに乗れるようなゴールを決められたことは良かったなと思います。あのシュートの場面は、足を振り抜くと相手が足を出す時間ができてしまうと思ったし、ピッチも濡れていたので、コンパクトに振ることを意識しました。(後半の追加点については)石津と行けるところまで行こうと話していましたが、二人とも疲れてきて、あまりプレスがかからなくなった状況で、いつもと同じように失点してしまいました。ただそこで、今日は崩れなかったところが良かったと。そしてみんなが点を取りにこうという姿勢を見せる中で、石津も自分で取りたいという気持ちでシュートを打ったからこそ、ああやって自分ところにこぼれて来たと思います。僕もあそこに来るとは思わなったですが、こぼれ球には対応しようと常に思っていたので、何とか足に当てることができました。(後半は大宮が守り方を変えてきたように見えましたが)ラインを低めに設定してボランチもコンパクトに守ってきたなかで、石津にもかなり激しくつぶしに来ていました。ただ、ワイドは空いていたので、そういうところで前半とは違う攻め方をもっとできれば良かったなと思います。

山瀬功治選手(福岡)

前節の京都戦で悔しい負け方というか、負けちゃいけないところで勝点3が取れなかったところで、今日の試合は絶対に勝点3が必要な試合だと、チーム全員が思っていたことですし、それが結果に表れて良かったです。ここ数試合、内容は悪くないゲームが続いていたと思うので、手応えというか、そういったものを感じてはいました。僕らは今シーズン、J1昇格・J2優勝という目標がありますし、それを達成したら来年J1で戦うということを考えても、まだまだ成長していかないといけない部分は多々あると思うので、今日のゲームは良かった部分も多いと思いますけど、反省点がひとつもないってゲームはなかなか無いので。今日の中でも修正すべき点は修正して、残りの7試合やっていないといけないと思います。(ゴールについて)ポジション的には、最近はオフェンシブなところでやる部分が多いので、まずは攻撃のところでどれだけ絡んでいけるかというところと、あとはその中でバランスをとりながらだとかチームの組織としての流れの一端となれればという(思いでピッチに入った)。それはいつも思っていることですけど、その中でゴールに絡めればという意識は、ポジションがひとつ前ということもあって、最近は意識しているところではあります。(ゴールは)こぼれ球なんで、ある意味ラッキーだった部分もありますし、そこまでボールを運んできたというのはチームとしての1つ力なので、そう意味では、あそこまでボールを運べたチームに感謝しますし、取れて良かったです。(今日の勝利について)僕らは正直、今の状況的に考えたら自動昇格というところに関しては厳しい状況にいると思うので、今日の試合は本当に絶対に勝点3が必要なゲームだったので、それに関しては取れたことに関して良かったなと思いますけど、まだなにも成し遂げてないので、まだ首の皮とは言わないですけど、一枚繋がっているという状況でしかないと思うので、こういうゲーム、この結果というのを残りの7試合も、1試合1試合続けていくしかないなっていう状況だと思います。

杉山力裕選手(福岡)

前節、京都が最後まで体を張って守ってきたことを目の当たりにし、相手よりハードワークすること、粘り強く最後まで体を張って守るということを、あらためて敗戦から学び、その部分で相手を上回ることができたのが(今日の)勝利につながったのだと思います。京都から帰ってきて、選手だけでミーティングをして、自分たちはどこに向かっているのか、J2優勝・J1昇格を諦めずに目指すのか、そういった部分を再確認しました。誰一人として諦めている選手はいなかったですし、その部分を今日はピッチで表すことができたと思います。(ベテラン勢のゴールで勝利したことについて)連戦のなか敗戦もあり、ベテランの選手たちが落ち着きをもたらしてくれていたことは間違いないと思います。城後さんはスタメンで出られない試合が続いていたなか、やはりここぞという時に決めてくれるのが『10番』だと思いますし、さすがだと思いました。(失点については)前半からマイナスのクロスに対して気になる部分があり、そこを使われての失点だったので、映像をしっかり見て反省し、改善していきたいと思います。

吉本一謙選手(福岡)

勝って良かったです。いい時間に先制点を取れ、追いつかれても集中してあそこからズルズルいかず、追加点を取って、最後はダメ押し点を取れて良かったと思います。(追いつかれても崩れなかったが)みんな、しっかり集中していましたし、あの後に城後さんが点を取ってくれて、今日の試合は絶対に勝たなければいけない試合だと思っていたので良かったです。(プレスに行く時と行かない時で割り切っていたが)ちょっとアグレッシブさが足りないという話があり、もうちょっとボールに対して狙いを持って全員でプレスをかけようと話していたので、城後さんと石津選手がプレスに行った時は後ろの選手もしっかりついて行くようにしました。新潟戦や大分戦は前からしっかりプレスに行っていましたが、もう一度そのアグレッシブさを持って戦おうと試合前からしていました。前の2人がスイッチを入れてくれたので、そこについて行けるようにDFラインを高くすることもできたと思います。京都に負けて後がない状況だと思っていますし、今日の上位対決をしっかりと制したのは大きいです。自分たちの力を信じてやるしかないし、次に負けたら意味がない。中2日でこんな試合ができるなら、1週間の(準備ができる)時もやらなきゃいけない。今日は強かったと思うし、みんなが走ってプレスをかけて、最近の中でも一番いいゲームができたと思います。次に向けてまたいい準備をしたいと思います。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ