〔J2第39節:福岡vs.金沢〕各種コメント

  • 明治安田生命J2
  • 第39節
  • 福岡
  • 金沢
  • 13分 石津大介(福岡)
  • 28分 金子昌広(金沢)
  • 53分 清原翔平(金沢)
  • 57分 レオミネイロ(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2018年10月28日 14:04

井原正巳監督(福岡)

まずは今日1万3,000人余りのサポーターに駆けつけていただいたなか、勝点3を取りに行ったゲームではありましたが、残念ながら勝点1に終わってしまい、サポーターの皆さんには申し訳なく思っています。優勝、昇格に向けて絶対に勝点3を取らなければいけないゲームだったので、非常に残念な気持ちでいっぱいです。ゲームの方は、前半立ち上がりから非常にいい入りが出来て、そのなかで先制点も奪えましたが、追いつかれたゴールというのが、そのワンプレーが流れを相手に与えてしまったかなと思います。金沢さんは球際も激しくハードワークしてくるチームですし、90分間そういうところをサボらずやってこられました。自分たちも見習わなければいけない点もあったと思います。そのなかでもう一度、同点ゴール、逆転というのを目指したなかで、選手はそういった姿勢を最後まで見せてくれたと思います。残念な結果ではありますが、残り3戦、可能性がある限り、他のチームの結果次第ではありますが、優勝、昇格という点でも何も終わっていないですし、決まっていないので、可能性がある限り、最後まで諦めずに戦いたいと思います。

Q:前節の反省すべき部分が、なかなか修正されていないように思えますが。

いいゲームの入りをして、自分たちの時間帯が続くと安心してしまうような、そういうゲームが続いているのかなとは思います。ゲームの主導権を握り続けられないと強いチームとは言えないと思いますし、もっともっと我々スタッフも含め、意識を高めないといけないと思います。イージーなミス、簡単な失点が続いているので、もちろん、選手たちも(失点)しようと思ってしている訳ではないですが、そういう部分も影響しているかもしれないです。

   

柳下正明監督(金沢)

福岡さん相手に、選手たちは非常にアグレッシブに、攻守で良いプレーをピッチで表現してくれたと思います。いくつか、難しい判定がありましたが、そういうことが起こっても選手たちは冷静にプレーしてくれましたし、正直、勝点3を取れなかったことが非常に悔しいし、残念な思いです。それくらい選手たちは戦ってくれたと思います。残り3試合、今日みたいに積極的にアグレッシブにプレーして、今度は勝点3を取れるようにやっていきたいと思います。

   

レオミネイロ選手(福岡)

(ゴールシーンは)相手のゴールキーパーのポジションを見て、取りにくいところを狙って打ったシュートでした。自分としても良いシュートが打てたと思います。トレーニングでやってきたことが形になって良かったと思います。しかし、それが惜しくも勝利に結びつきませんでした。残り3試合ですが、すべてに勝利することができれば、その先に良い結果が待っていると思います。

篠原弘次郎選手(福岡)

自分たちから仕掛けて、クリアされたボールが相手に渡ってしまうシーンが多かったと思います。(DFラインの)押し上げが足りなかったと思いますし、90分間を通して相手の方がやることをハッキリさせて、アグレッシブに球際も激しくプレーしていたと思います。残り3試合ですが、勝つしかない状況で、非常に厳しいですが、まだ何も終わった訳ではないので、3つ勝ちたいと思います。

城後寿選手(福岡)

(先制点に絡んだが)できれば自分でゴール、という形が一番良かったとは思います。(ほかにも)チャンスはあったので、決められたと思いますし、チームとしてもチャンスがないわけではなかったので、そこで決めていれば、また違う結果になったと思います。もう少し最後のところの質と精度を上げていきたい。相手は(鈴木)惇とウォン(ドゥジェ)の出所へのプレッシャーが速く厳しかったと思います。下を向いている時間はなく、次(町田戦)が大事な試合になると思うので、そこに向けてみんなで目標を見失わずやっていくことが大事だと思います。まだまだ(自動昇格の)チャンスはあると思っているので。

鈴木惇選手(福岡)

何が何でも勝点3がほしい試合だったので、結果だけ見れば残念ですが、下を向いている場合ではないので、次(町田戦で)勝点3を取るために(今日の)反省点を生かしたいと思います。ホームゲームですし、立ち上がりは前からプレッシャーをかけて狙い通りに1点が取れました。ただ、1点とったあとに畳み掛けるのか、それともその時間を長くするのかというのを、少し統一感がなかったかな、というところで、失点してしまいました。岡山戦も同じように失点してしまっていますし、次こそはそういう失点が出ないように、みんなで改善していきたいと思います。金沢さんのプレッシャーが厳しかったというのもあると思いますが、自分たちが準備していた形で崩せそうな場面もあったんですけど、その最後の精度とか、前のセットするパスとかがズレてしまって、リズムが掴めなかったかなというような感じです。最高の結果ではないですが、まだまだ数字的には優勝も自動昇格も勝点差的には不可能ではないので、勝点1を積み上げられたということを、とにかく前向きに捉えて、次は町田との直接対決なので、そこに向かっていきたいです。チームが一つになることが一番大事だと思います。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ