〔J2第5節:群馬vs.長崎〕アウェイ戦プレビュー:群馬にはこれまで無敗だ!!長崎のハードなサッカーで明日は勝つ!!

〔J2第5節:群馬vs.長崎〕アウェイ戦プレビュー:群馬にはこれまで無敗だ!!長崎のハードなサッカーで明日は勝つ!!

  • 明治安田生命J2
  • 第5節
  • 群馬
  • 長崎
  • 正田醤油スタジアム
  • 2015年4月1日

3連勝を目指すも、相手の激しいプレーに呑まれ、1-1の引き分けに終わった東京V戦。

選手は一様に「良い勉強になった」、「今の自分たちの実力が分かった」と反省仕切りだった。

翌日行われたミーティングで高木監督は「チームとして何を求めているかをしつこく言ったよ」と話していた。その中で最も選手に求めたものは「ファイトして、走って、噛み付くようなプレーをしてほしい。特にセカンドボールを奪えないと。戦術より前の問題」と、よりアグレッシブで激しいプレーを選手に求めた。

例えとしてあげたのは東京V戦のFKでの失点シーン。「あれは完全に平本をフリーにしていた。良いボールでもなんでもない。ああいうプレーはカチンと来る。きちんとつかないといけない」と悔しそうに振り返った。

また次節については「群馬は左右のSHの運動量が多い。ウチも相当アップダウンしないとついていけないだろう。ボランチの攻撃参加もある。アグレッシブで良いチーム。誰が誰を捕まえるか流れの中ではっきりしていかないとダメだ」と考えているようだ。

今節対戦する群馬は今季新たに服部浩紀監督を迎え、同時に選手も大きく入れ替わった。服部監督は現役時代、超がつくほどのハードなプレーが持ち味だった。その結果、警告や退場が多い選手でもあったが、おそらく就任直後からその魂はチームに注入されていることだろう。

大誤算は期待された新外国人のタンケ。第3節の大分戦で左ひざ前十字じん帯断裂(全治約8カ月)の大ケガをしてしまい、早くも戦列を離れている。

ただ、シンプルで長いボールも多く、長崎としては苦手と言えるようなスタイルの相手。加えて若い選手が揃っており、前節の今季初勝利で勢いに乗っている。長崎は前節、後半に「蹴りあい」に持ち込むことでペースを取り戻した。その結果を踏まえて、今節は最初から激しく奪って、相手の裏をつくという割り切った戦い方をする可能性も高い。

長崎はこれまで群馬と4回対戦して一度も負けておらず、これまでの相性は良いと言える。噛み付くようなプレーでボールを奪い、2試合連続得点中のイ・ヨンジェに託したい。

   

   

Reported by 植木修平



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ