〔J2第5節:大分vs.岐阜〕プレビュー:3試合ぶりのホーム戦は勝利が義務

「内容はいいが結果が出ない」
 そんなことは言いたくないと話した田坂和昭監督。4試合未勝利の現状を真摯に受け止め、結果を追求するべく、今節も相手の特徴を踏まえた上でシステムも代えるようだ。開幕から足踏みを続けているチームが盛り返していくことは容易ではなく、個々の選手とチーム全体に然るべきメンタリティが求められる。

  • 明治安田生命J2
  • 第5節
  • 大分
  • 岐阜
  • 大分銀行ドーム
  • 2015年4月1日 19:00

 

 大分が目指している方向性は間違っているとは思わない。昨季はクロスからの失点が9、CKからの失点11。守備組織の構築を図るため、キャンプ中から徹底した守備の強化に乗り出し、守備の安定を図った。守備の要である山口貴弘は、「この4試合は多少の迷いがあったが、ディフェンスはだんだん連動するようになったし、手応えをつかんでいる」と話し、3−4−3、3−5−2のふたつのシステムについても、「いい感じに仕上がっている」と、戦術は確実に浸透している。

 

 しかし、開幕から未勝利が続いたことで、自分たちのサッカーに自信を持てずにいることは確かだ。このまま勝てずにいると不安から不信へと変わり、チームがバラバラにならないとは断言できない。チームがひとつになるためにも3試合ぶりのホーム戦は、勝利が義務づけられる。

 

 今節の対戦相手は、大分と同様に低調な試合が続く岐阜だ。直近の試合では、理想を追い続けて結果が出なかったこともあり、ロングボールを多用したサッカーに切り替わっている。田坂監督は「セカンドボールを拾わなければ、押し込まれる展開になる」と警戒。セカンドボールを奪うため、コンパクトな守備を保つとともに、守備ラインを細かく、頻繁に動かすことでリングパスの出し手と受け手のタイミングを崩そうとしている。

 

 攻撃においては、前節の磐田戦同様にカウンターでの得点を狙う。C大阪からレンタルで加入した永井龍が入ったことで、前線のスタメン争いは激戦だ。練習時からメンバーを頻繁に入れ替え、競争を煽っている。得点の意識は確実に芽生えており、集中力と力強さで岐阜の守備陣を突き崩せるか、注目だ。

   

   

Reported by 柚野真也



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ