〔J2第10節:大分vs.栃木〕各種コメント



  • 明治安田生命J2
  • 第10節
  • 大分
  • 栃木
  • 33分 阪野豊史(栃木)
  • 大分銀行ドーム
  • 2015年4月29日

田坂和昭監督(大分)

前回勝って、今日の試合は大事だと選手にはいろんな形で話をしたり、いろんな情報を与えたんですが、ひと言でいうなら、情けない試合をしてしまった。

試合に入り切れなかった理由は?

検証しないと分かりませんが、前回の試合が終わって、今日の試合に入るまで、いろんな話をするなかで、疲労はなく、戦術を理解していた。そういう状況であったが実際にピッチに入ったら動けなかった。長崎戦はチームが一丸となって試合に入ったが、今日は必死にプレーしている選手としていない選手がいた。それがやらない方にパワーに吸い取られてしまった。何が原因かは、こっち側の試合に向けての持っていきかたが悪かったということ。

ハーフタイムコメント

守備はしっかりコンパクトに。

パスを出した後、味方のサポートをやろう。

やることをやって戦う姿勢を出そう。

阪倉裕二監督(栃木)

前節のホーム戦で内容も結果も出せず選手は期するものがありました。サポーターも九州まで応援に駆けつけてくれ、後押ししてくれたおかげで、我々らしいプレーが多くできました。チャンスを作れていたのに、もう1点獲れないのが課題。GWの連戦なので効率の良い得点ができるようにしたいです。

ハーフタイムコメント

相手の攻撃のパワーに気をつけよう。

守らずに攻め切ろう。

若狭大志選手(大分)

何もできなかった。ハーフタイムに監督から檄があったし、円陣を組んで気合いを入れたが何もできませんでした。選手は個々で準備をしていたのですが歯車が合いませんでした。コンディションもいいはずだったのに何も出来なかった。悔しさしかないです。今日はボールが収まってもすぐに取られた。それは周囲のサポートがなかったのが原因。守備陣は勢いをもってプレーしよう、焦れずにやろうというような声は出ていたんですが…。

為田大貴選手(大分)

勝点3を取りたかった。前回はチームとして戦えて勝点を取れただけに悔しい試合になった。悪い流れはあるもの。悪い時に自分で流れを変えないといけない状況が続き、失点してしまった。良い場面を増やせるようにするのが課題。まずは戦う姿勢を前面に出すことが必要だと思います。

永井龍選手(大分)

FWとしてチャンスを作ってもらえていたのに、決めるだけだったのに、申し訳ないです。あまりボールを持たないようにしていたんですが、孤立してしまった。それ以前にチャンスを決め切れなかったのが敗因です。少ないチャンスをものにできていない。自分は何のためにここにきたのか自分自身に問いかけて、次の試合の準備をしたいいです。

荒堀謙次選手(栃木)

内容どうこうとかではなく結果が欲しかった、それが一番でした。(今日は2列目で初めて先発となったが)受け身ではなく、守備から入り、セカンドを拾うことを考えていました。攻撃では前とのコンビネーションが必要だったので、個人での1対1で上回れば良くなると思っていました。セットプレーでの得点は大事ですが、流れのなかからの点があまり生まれていない。今日はシュートまでのシーンが多かったので、あとは質を高めればと思います。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ