〔J2第10節:愛媛vs.北九州〕アウェイ戦スコア

  • 明治安田生命J2
  • 第10節
  • 愛媛
  • 北九州
  • 35分 浦田延尚(愛媛)
  • 40分 河原和寿(愛媛)
  • 45分 原一樹(北九州)
  • 61分 川島大地(北九州)
  • 74分 原一樹(北九州)
  • ニンジニアスタジアム
  • 2015年4月29日 16:04

 結果を呼び込みたい北九州は大幅にメンバーを入れ替えて試合に臨んだ。前線で原一樹と渡大生が先発。さらには川島大地、新井純平も起用し、各ポジションにがフレッシュな顔ぶれが並んだ。

 練習からやってきたメンバーであり連係面に大きな不安材料はないとはいえ、前半は厳しい戦いを強いられる。35分に浦田延尚にサイドからドリブルで持ち込まれて先制点を入れられると、40分にもCKから河原和寿が追加点。しかし直後に川島大地の果敢な突破がPKを呼び込み、このチャンスを原一樹がPKを決めて1点差とする。

 後半は流れが北九州へ傾き、同点弾は61分。左サイドの距離のあるFKを得ると、プレースキックに立った川島大地は右に寄っていたGKの位置を見て左隅を突く鋭いシュートを放つ。起用に応える鮮やかなFKで追いつくと、74分には縦にシンプルに繋いで原一樹が逆転のネットを揺らした。

 北九州は鈴木彩貴の好セーブも光ってその後の失点を抑え、3試合ぶりの白星を手にした。北九州は中3日で次節は岐阜をホームに迎える。

   

   

Reported by 上田真之介



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ