〔J2第16節:北九州vs.大分〕大分側プレビュー:若手とベテランとの融合を果たし、勝利を手に

  • 明治安田生命J2
  • 第16節
  • 北九州
  • 大分
  • 2015年5月31日 15:00

「(クロスに対して)1人でダメなら5人、6人と入るしかない。こぼれ球に対しても、みんなで押し込むような気持ちにならなければいけない。次は絶対に負けられない九州ダービーなんで、何としても勝ちたい」
 5試合未勝利となり、最下位に転落した前節の東京V戦(●0−1)後、為田大貴は悔しさを押し殺し、今節に向けて気持ちを切り替えた。

 ここまで思うような結果を得ることができないチームだが、監督も選手も確かな手応えがあるようだ。4バックにシステムを変更して以降、(前半に一人退場者を出し3失点した8節大宮戦を除けば)1試合1失点以下の目標を達成できている。深刻な得点力不足について、兵働昭弘は「プレッシャーなのかは分からないが、消極的になっている。大事にプレーし過ぎている」と話すも、「受け手と出し手のタイミングが合えばゴールは生まれる。そのタイミングは徐々に良くなっている」と気にする様子はない。今節はアンカーでの出場が見込まれ、彼の前に位置する5人の攻撃陣をコントロールする役割が担われる。

 4−1−4−1の布陣を敷く大分にとって、攻撃と守備をつなぐアンカーのポジションは、勝負の命運を手にすると言っても過言ではない。英語で「鋲」の意味を持つこのポジションは、文字通りチームを安定させる役割を担う。このポジションは今まで松本昌也、ダニエル、兵働昭弘の3人が試され、それぞれ特徴を出してきた。田坂和昭監督が評価しているのは松本昌であるが、最も攻撃的なチョイスとなる兵働昭弘も負けていない。

 正確なパスを駆使して中盤の底からゲームを作る司令塔タイプだ。兵働がアンカーに入ることでビルドアップはスムーズになり、ワンタッチプレーが多くなる。今節の対戦相手である北九州は、「帰陣が速く、ブロックを作るのが早い」と印象を述べた兵働。「90分で勝負できればいいと思っている。ポイントは立ち位置。前の選手が並ばないように意識はしているので、そこを使って攻撃したい」とイメージを膨らませている。また、「ウチは前線に若い選手が多いので、後ろでカバーするから思い切りプレーができるようにはしたい」とベテランらしく、それぞれの特徴を引き出したいと話した。

 今節は為田や風間宏矢、後藤優介のリオ五輪世代に、その次の世代となる松本昌、坂井大将ら20歳前後の若い選手が出揃う可能性もある。若い選手とベテランとの融合を果たし、まずは勝利を手にしたい。

   

   

北九州側プレビューはこちら

Reported by 柚野真也



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ