〔J2第27節:福岡vs.大分〕大分側プレビュー:サッカーの本質で勝負!猛暑であっても走り勝つ!!

  • 明治安田生命J2
  • 第27節
  • 福岡
  • 大分
  • レベルファイブスタジアム
  • 2015年8月1日 18:00

 猛暑日が続く九州で熱いダービーがある。バトル オブ 九州 福岡決戦だ!
 大分在籍15年目の大エース・高松大樹が前節の試合後に「次の九州ダービーは大事になる。気持ちを切り替えて臨みたい」と今季一番の快勝劇に浮かれることなく見据えた試合だ。また、若狭大志は「バトル オブ 九州はアウェイでも、サポーターが僕らのホームという雰囲気にしてくれるのでやりやすい」と多くのサポーターがアウェイスタジアムをジャックする光景を望んでいる。

 7月を3勝2分1敗の好結果で終えた大分は、真夏の8月攻勢に向け準備は整っている。好調の要因を為田大貴は「全員が走れているからだと思う。声掛けしているわけではないが“みんなで走ろう”という雰囲気がある」と明かす。柳田伸明監督が常に言葉を発している「サッカーの本質をしっかりやること」がチームに浸透している。また、「試合の入りが守備からなので、強い気持ちになる」と為田が話すように、試合開始からハードワークをこなすことで気持ちの昂り、集中力と身体のキレが増すようだ。

 今節の対戦相手の福岡は、ウエリントンの加入でFWの選手層が格段に増した。元々、中原貴之、酒井宣福の高さと強さのあるFWもいる。「福岡は誰が出てもFWは強烈」と若狭は警戒しており、「FWとの競り合いで負けない、自由にさせないこと。ノリ(鈴木)とチャレンジ&カバーを徹底したい」とCBを組む鈴木義宜とともに相手FWに仕事をさせないことが勝利の大原則と話した。

 前回の対戦(●大分1−2)では、昨季大分に在籍していた末吉隼也に見事なFKを直接決められ、敗戦の要因となった。福岡の自慢の強力FWに加え、攻撃の起点であり、得点源でもあるダブルボランチは要チェックだ。「彼らを自由にさせると危険」と柳田監督は立ち上がりから主導権を与えないためにも、潰しにかかるようだ。

 1点を争う試合となればセットプレーの割合が高くなるが、兵働昭弘を累積で欠く大分の得点力不足は否めない。ならば、これまで同様にコンパクトな陣形からショートカウンターで勝機をつかむしかない。負ければ最下位に再び転落する可能性もあるため、ここが踏ん張りどころ。7月の勢いを継続するためにも、負けられない試合であることは間違いない。

   

   

Reported by 柚野真也



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ