〔J2第34節:福岡vs.東京V〕各種コメント・試合前写真

  • 第34節スターティングメンバ―
  • 明治安田生命J2
  • 第34節
  • 福岡
  • 東京V
  • レベルファイブスタジアム
  • 2015年9月27日 19:04

井原正巳監督(福岡)

今日も多くのサポーターがレベスタに駆け付けてくれて、我々を声援してくれて本当に感謝しています。東京Vさんと今日、上位での直接対決ということで、非常に厳しい試合を予想していましたし、そのなかで結果的には勝点1という結果に終わりましたけど、この勝点1は非常にポジティブにとらえています。我々の設定している第6クールの4試合目で、今日の勝点1を加えれば勝ち点10になりますし、東京Vさんは本当に力があって、攻撃陣も多彩ですし、そういう相手に対して最終的に無失点で終われたということ、我々も最後まで守備の面ではしっかりと体を張って球際も戦うことができた90分間だったと思います。1点をこじ開けられたかったところは次の反省点として、次、一つ上のC大阪相手のアウェイ戦になるので、そこに良い準備をして臨みたいと思います。次、勝つことが順位を上げるためには大事になってくるので、しっかり休んで一週間、頑張っていきたいと思います。

―東京Vの両サイドのアタッカーをどう抑えるかがポイントだったと思いますが、狙いや評価は?

東京VさんはサイドのMF、そして、両SBが高いポジションを取って、そこからの入れ替わりであったり、コンビネーションで崩してくるのがチームの特長だったので、そこに対しシステムをディフェンスライン4枚、中盤も4枚にして同じ形で臨んで、SBとサイドMFでそこの2人をしっかり抑えるように、試合前から守備の面に関してそこのマッチアップのところでコミュニケーションを取りながら粘り強くいこうと話しました。選手たちはよくやってくれたと思います。

ハーフタイムコメント

・落ち着いてボールをまわす

・スペースへボールを運ぶ

・集中して粘り強く戦う

冨樫剛一監督(東京V)

一つのミスが失点または得点につながったり、一つひとつのプレーの重みであったりとか、あるいは戻る距離であったりとか、少しでも何かルーズなところがあったらゲームが決まってしまうような、本当に集中力を研ぎ澄ました90分間を選手たちが戦ってくれたんではないかなと思います。自分たちは0-1で負ける形が続いていたなかで、強い福岡さん相手にいろいろなストロングポイントなどを分析したなかで、今日、一人ひとりがその役割をまっとうしてくれて、最後までゴールを狙う姿勢も見せてくれたことに感謝しています。ここからのゲームはどのチームも苦しいゲームが続いていくなかで、自分たちはしっかりとトレーニングをしていますし、ここからまた大事なゲームが続いていくので、しっかり取り組んでいきたいと思います。また、最後までサポーターのみんながゴール方向に引っ張ってくれた、その引力も感じることができました。そして今日、ベレーザが優勝して、育成の方もユースが優勝したりして、本当に風向きがこっちに来ていたので、トップチームがその風に乗りたかったなと思っていました。選手が一生懸命にやってくれて感謝しています。

―ラストサードの手前までは運べていたと思いますが、そこから先の質はどう評価しますか?

自分たちは特に前半のところで、アラン・ピニェイロとブルーノ・コウチーニョの2トップを選んだのは、相手の2CBのところにうちの2トップで起点を作って、そこからSHとSBの関係性でバイタルエリアから先に侵入していきたかったんですけど、前半はなかなかそういう形が表れず、後半、少し人も代えながらもう一度、外のSBとSHの関係から中に入れていくボールで攻略したかったんですけど、回数的にはちょっと少なかったかなという風には思います。

ハーフタイムコメント

・守備はチャレンジ&カバーを徹底すること

・2トップは高い位置でボールを引き出そう

・ゴールに向かって大胆にしかけていこう

城後寿選手(福岡)

結果的に勝点1だったけど、監督もこの勝点1は大きいと言っていたし、僕もこの勝点1は3に値するものだと思っている。守備面ではやろうとしていることはある程度できたが、攻撃では少しバタバタしたところがあった。今日は相手SBが高い位置を取ることは分かっていて、その上がったスペースを健志(金森)やウェリントンが使おうと言っていた。後半は奪って背後など、狙いをもった攻撃もできたが、シュートの回数も少なかったし、もっと精度を高める必要がある。次のセレッソも力のあるチームで、個の能力も高いけど、自分たちは個で勝負するのではなく、チームで勝負したい。アウェイだけど、大阪にも多くのサポーターが来てくれると思うので、それを力に、いい準備をしてセレッソ戦に臨みたい。

末吉隼也選手(福岡)

勝点3が取れれば良かったけど、昇格争いのライバル相手に勝点3を取らせなかったことをプラスに考えたい。内容も悪くなかったし、次のセレッソにつながる試合ができたと思う。前半は相手のボランチにうまく配球された場面もあったが、後半は相手より走れる自信もあったし、プレッシャーにもいけた。あと一歩で点を取れるところまで行ったが、点を取り切れなかったところは残念。精度を高めたい。

ウェリントン選手(福岡)

非常に難しい試合になると思っていたし、向こうも激しいのでコンタクトが多くなると思っていた。(シュートは)本当にビッグなチャンスだったが、向こうのGKがよかった。でもこの引き分けは価値あるものだったと思う。このプレースタイルを続けて、ポイントを稼いでいくことが大切。

鈴木惇選手(福岡)

難しいと感じる試合だったけど、その中でも前半はしっかり耐えて、後半に勝負をかけるという試合をここ数試合やっていて、それを実行できたと思う。前向きな勝点1だと思う。奪った瞬間の最初のパスや、スローインで裏に抜けたらチャンスになっていたが、そこを防がれたときはちょっと攻め手がなかったというか、工夫がなかった。ウェリントンがチームのためにプレーし過ぎているので、アイツがゴールに向かってプレーできるように周りの10人がやらないといけない。チャンスを作っているのは悪くないけど、セットプレーから最近取れていないので、得点を取らないと勝点3も取れないし、得点を取ることをやっていかないと。工夫のところや精度のところかもしれないし、僕はキッカーなんでいいボールを蹴ることをやっていきたい。

中後雅喜選手(東京V)

(ロングボールの多さなど)予想していた通りの展開で、想定内という感じではあった。そういう相手に対してうちは勝率があまりよくないなか、チャンスも作れたし、勝つチャンスもあった。もっと点を取りに行かないといけない部分はあるが、内容を悲観せずに続けながら今、出ている課題をクリアしながら勝点3を取っていきたい。ここ数試合、結果に恵まれていないが、内容としては悪い試合はしていないし、いつ勝点3が来るかという戦い方は常にしていると思う。

〔J2第34節:福岡vs.東京V〕プレビュー



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ