〔J2第39節:北九州vs.京都〕プレビュー:パスが作り出すゲームリズム。動け、動かせ。いざ『プラス』の世界へ。

  • 明治安田生命J2
  • 第39節
  • 北九州
  • 京都
  • 本城陸上競技場
  • 2015年11月1日 14:00

 京都の戦績表を眺めると、引き分けを示す三角形の羅列に驚いてしまう。前節まで9試合連続引き分けはJ2のリーグ記録。シーズンを通してドローゲームがここまで「4」の北九州とは数字上は対照的だ。

 もちろん引き分けの数は試合のスコアがもたらした結果論であって、「引き分けが多いということは負けていないということでもある」(柱谷幸一監督)というのもまた事実だが、“引き分け記録が更新されるか”というような視点で掘り下げてもゲームのポイントにはならない。
 北九州はやや低い位置からのスタートにはなるもののボールを動かしてリズムを出し、前線では特徴ある選手たちが相手ゴールを脅かす。京都は引き込むよりは高い位置でパスを繋ぎ、時にはサイドからのカットインやえぐっていく動きで個の力を生かしている。このボールを繋いでゲームメークし、個の力も付加しているチーム同士の対戦という点が、何より観戦を楽しくさせてくれるはずだ。ただ個の力では「縦に抜ける動きが外国人っぽい。抜けたあとも失速しないので追いつかない」と星原健太が警戒する伊藤優汰をはじめ、京都の顔ぶれは気をつけたい選手が並ぶ。北九州にしてみれば横に縦にと揺さぶられ、個で突破されると苦しい戦いになるだろう。食いつきすぎず、あえて持たせているくらいの余裕を持って入らなければ相手に主導権を差し出してしまう。

 北九州の攻撃はといえば、いまや絶好調だ。前節の金沢戦では小手川宏基がハットトリック。全体的な重心が高くなったことで中盤も攻撃に絡み、小手川はFWのアシストから得点を重ねた。さらに小松塁はドリブルで、原一樹は背後への動きで強みを発揮。ボールを配る風間宏希も「ボランチがボールを触っているといい時間になる」と振り返り、内容に手応えを感じている。今節も攻撃に転じたらボランチを軸にボールが動き、攻撃陣がそれぞれの特徴を武器にゴールに迫りたい。
 そして小手川はハットトリックの余韻に浸ることなく、「ホームで3試合あるので勝つことが大事。先に失点しないようにしたい」と黙々と試合に備えていた。結果が求められる残り4試合。いいリズムは引き継いでも、傲らずに、目の前の試合に全力を傾けなければなるまい。北九州はマイナスで推移していた得失点差が前節の快勝でゼロになり、今節で勝利すればいよいよプラスに転じる重要なゲームでもある。結果への期待は大きい。

 前節は敵地での月曜ナイトゲームだったため練習に割ける時間は短くなった。ただ、試合2日前の練習では選手の動きに疲労のある様子はなく、紅白戦も連続して30分を敢行。いいゲームをして帰ってきたこともポジティブに作用し、疲労はあまりなさそうだ。柱谷監督も通常と変わらず指示を送った。「相手はドリブラーが多く、大黒(将志)や宮吉(拓実)はオフ・ザ・ボールの動きがいいので(動きを)マークをしなければいけない」と、かつて率いていたチームを分析、上述の個の力に対しても策に注力した。

 ピッチを取り巻くところで良くも悪くも騒がしい中でのゲームになってしまう。その着地点がどうであれ、北九州が京都を迎える今節、メーンディッシュであるべき90分のゲームは中身濃い一戦になる。ボールを動かす美しさをそれぞれが高い位置で繰り出せたなら、サッカーの魅力にも引き込まれることだろう。「いいゲームだったね」――。願わくば勝点を積み上げ、得失点差が『プラス』の世界に入りたい。でも、何よりそう言いながら家路につけるなら幸せだ。

   

   

Reported by 上田真之介



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ