〔J2第42節:大分vs.磐田〕各種コメント



  • 明治安田生命J2
  • 第42節
  • 大分
  • 磐田
  • 62分 伊波野雅彦(磐田)
  • 90分 パウリーニョ(大分)
  • 90+1分 小林祐希(磐田)
  • 大分銀行ドーム
  • 2015年11月23日 14:03

柳田伸明監督(大分)

試合は、序盤からチャンスを作りましたが、決めるところで決め切れなかった。守備では相手のカウンターからジェイ、アダイウトンに危険な状況を作られましたが、しっかり対応できたと思います。後半も流れが良かったのですが、勝つために必要な得点を取れませんでした。失点した直後に交代のカードを切って、相手が固めた守備を崩そうとサイドを使って攻撃できたと思います。試合終了直後にパウリーニョがこぼれ球を拾って決めてくれた。ただ、そこからすぐに失点してしまいました。あの相手に追い付いたことは評価したいですが、あの時間に失点したのは課題です。これらを入れ替え戦につなげたいと思います。

入れ替え戦に向けて、残された時間をどう対策を練っていきますか?

先ほど相手が町田と聞きました。町田のイメージは分かっているので、しっかりスタッフと打ち合わせをしたいです。次はアウェイであり、アウェイゴールの重要性を意識してゴールを狙いたいです。

ハーフタイムコメント

リスク管理をし相手のカウンターを気をつけよう

チャンスは作れている。しっかり戦い点を取ろう

名波浩監督(磐田)

穏やかに見ることができない試合でした。1−0で締め切れないのが、昨年J1昇格を逃した原因でしたが、改善できていない。まだJ1・20位のチームだと思います。ただ、今日は勝利を諦めず、チームがバラバラにならず勝つことができました。

選手は名波監督を胴上げしたいと思って今季を戦ってきましたが、今日7回胴上げされたときの気分は?

引退したときもしてもらいましたが、胴上げは気分がいいものです。ただ、今日は優勝もしていないので胴上げは必要ないと言いましたが、選手のその気持ちはありがたかったし、多々あった言葉の暴力を交わしながら成長していったんで、宙に浮いている間、選手の顔を思いだしたり、サポーターの声を聞きながら跳ね上がっていました。

ハーフタイムコメント

守備時のブロックを揃えてアプローチすること

シュートの意識を持って、絶対に勝ち切ろう

パウリーニョ選手(大分)

自分のゴールが決まったので勝ちたかった。コンディションは100%なんで、入れ替え戦はチームの勝利に貢献できると思います。サッカーは全て結果。結果を出すためには点を決めなければいけない。集中力を研ぎ澄ませ、冷静にプレーして、考えるサッカーができれば勝てるはずです。残留するためにすべてを捧げたいです。

高松大樹選手(大分)

苦しいシーズンでしたが、まだ入れ替え戦が残っているので気持ちを切らさないようにしたい。2試合続けてロスタイムでやられているので、休みを挟んで気持ちを切り替えたいです。残留しなければいけないので内容より結果。この2試合で全てが決まるので、サッカーのことだけを考えて選手、スタッフがひとつになって戦いたいです。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ