2015年1月31日

【キャンプレポート】北九州:新ユニの山口と練習試合。0-1で惜敗も、チームは前向き

 北九州とJ3山口の練習試合が1月31日、長崎県の島原市営陸上競技場で行われた。ゲームは終盤までスコアレスのまま進行、試合終了間際に菊本侑希(山口)のミドルシュートが決まり山口が1-0で勝利した。敗戦の北九州はキャンプ疲れも溜まる時期。「何回かいい形を出せたし、まずは初めての対外試合をやれたことは良かった」(小松塁)と選手らは前を向いていた。

2015年1月31日

【キャンプレポート】鳥栖:一本目は若い力が鳥栖を牽引。二本目は落ち着いた試合運びを見せる。

恒例となった沖縄県読谷村でのキャンプ。

先日、沖縄入りしたばかりだが、今日は二本のトレーニングマッチを行った。

一本目は、大学生相手ということもあり若手主体のチーム編成、二本目は九州リーグで戦うFC那覇を相手に昨年まで在籍した選手を主体に戦った。

 



2015年1月31日

【新戦力チェック】鳥栖:若くして百戦錬磨のSBが加入。今シーズンは23番から目が離せない。

20141225日衝撃的なニュースが発表された。

DF安田理大が、神戸へ完全移籍の内容だった。

2014年シーズン、左サイドを主戦場としアシストなどで数多くの感動を与えてくれた選手の移籍発表である。

特に第33節徳島戦(ポカリスエットスタジアム)の終了間際のゴールは、優勝争いの可能性を残す貴重なゴールだった。

このニュースを聞いたサポーターは、まだ始まらぬ2015年シーズンに不安を覚えたのではないだろうか。

そんな不安を打ち消す選手の加入が、201519日に発表された。

吉田豊(前清水)の完全移籍加入だった。

 

2015年1月30日

V・ファーレン長崎 宮崎キャンプ応援ツアー(トレーニングマッチ観戦予定)

V・ファーレン長崎では、2月5日から行なわれる「宮崎キャンプ」にて、ファン・サポーターの皆さまを対象とした「応援バスツアー」を実施いたします!

実施日は2月15日!

当日は、3月8日の開幕戦で激突するジェフユナイテッド千葉とのトレーニングマッチが予定されており、今キャンプのトレーニングマッチの中でも注目の一戦です! 

ぜひとも、キャンプ地にてV・ファーレン長崎へご声援をお願いします!

 http://v-varen.nmedia.co.jp/testindex.html

<観戦ツアーに関してのお問い合わせ>

旅行企画実施会社
株式会社 タビックスジャパン 長崎支店
住所:長崎市元船町2-7 尾上元船ビル2F
TEL:095-823-8080 FAX:095-820-2855
営業時間:9:00~17:45 店休日:土・日・祝日

 

2015年1月30日

【キャンプレポート】鳥栖:「これまでのリズムを大事にしながら」(森下監督)読谷村キャンプ始まる

恒例となった沖縄県読谷村でのキャンプ。

今年は、130日から211日までの12日間をチーム全員で寝食を共にして、一致団結と戦術固めを行う。

一行は、午前中に沖縄県入りした。

那覇空港では、読谷村の歓迎レセプションが行われた。

田島利夫副村長から歓迎のあいさつを受けたあと、竹原稔サガンドリームス社長が沖縄方言で「また、ここに帰ってくることができました。個の温かい土地で、監督はじめ選手たちは、戦う力を養っていきます」とお礼と抱負を述べた。

 

2015年1月30日

【キャンプレポート】北九州:スピード武器、梶原夕希也が絶好調。ベテランも手厚い指導

 北九州が長崎県島原市で行っている第一次キャンプは大詰め。1月30日は午前中の練習と取りやめて午後3時からの1本に絞り、ポジションの確認や運動能力などを高めるコーディネーショントレーニング、フルコートを使った紅白戦を行った。柱谷幸一監督は「声を掛け合うこと」を意識させ、選手同士がピッチ上で意見を交わすシーンも多く見られた。

2015年1月30日

【新戦力チェック】福岡:末吉隼也 『真価を発揮する場に戻ってきた』

この男が戻ってきた。

末吉隼也27歳。MF

多くを語る選手ではないが、今季にかかる期待は非常に大きいものがある。

2012年まで在籍していた頃は、不動のボランチとして活躍していたが、その後のサガン鳥栖では思うように実力を発揮できず、昨季は大分に期限付き移籍となっていた。

2015年1月30日

2015試合日程(過去の試合結果)

2015年シーズンの結果一覧。

2015年1月30日

【九蹴日記】熊本:リアルキャンプ


 熊本は今日30日(金)から明日31日(土)の1泊2日の日程で、フィールドワークに臨んでいる。

 これは昨年、筑波大学の坂本昭裕教授を招いて初めて実施したもので、野外活動を通して個々人の自己成長をはかり、また自己理解や他者理解を深めてコミュニケーション力を高め、厳しい状況を受け入れる受容力を養うことを目的としたプログラム。小野剛監督が広島時代にも行っており、熊本では今回が2度目となるが、1日だけの実施だった昨年と比べて内容がさらにレベルアップした。


2015年1月30日

【お知らせ】熊本:大迫 希選手、ヴェルスパ大分へ移籍のお知らせ

このたび、大迫 希選手が、ヴェルスパ大分へ移籍することとなりましたので、お知らせいたします。




広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ