2015年4月30日

〔J2第10節:熊本vs.千葉〕レポート:今季最多4失点で最下位に転落。それでもサポーターは歌い続けた。

 5連敗。中2日で4位の千葉をホームに迎えた熊本は、今シーズン最多失点を喫して敗れ、今節勝った岐阜に抜かれ順位は遂に最下位となった。決定機と言っていい場面も作ったがネットを揺らせず、5試合続けて無得点という状況が重くのしかかる。同時に前節同様、序盤に先制点を与えてしまったことがその後のゲーム展開をより難しいものにした。

2015年4月30日

〔J2第10節:大分vs.栃木〕レポート:自信も覇気もなく、あっさり敗戦。大きな壁にぶち当たる

 大分の低迷が続く。栃木戦は結果だけでなく内容も散々に終わった。3日前の長崎戦の今季初完封勝利で、低迷を抜け出したかに思われたが闇は深い。

2015年4月29日

〔J2第10節:磐田vs.福岡〕アウェイ戦スコア

 29日、ヤマハスタジアムで開催されたJ2第10節、ジュビロ磐田とアビスパ福岡の試合は0-1でアウェイの福岡が勝利した。磐田は2敗目となるも首位キープ。福岡は開幕3連敗の後、7戦負けなしで5勝目となり、7位に再浮上した。

2015年4月29日

〔J2第10節:愛媛vs.北九州〕アウェイ戦スコア

 結果を呼び込みたい北九州は大幅にメンバーを入れ替えて試合に臨んだ。前線で原一樹と渡大生が先発。さらには川島大地、新井純平も起用し、各ポジションにがフレッシュな顔ぶれが並んだ。

2015年4月29日

〔J2第10節:大分vs.栃木〕各種コメント



2015年4月29日

〔J1第8節:湘南vs.鳥栖〕アウェイ戦スコア



本日のメンバー 【湘南】
(スターティングメンバー)
GK1秋元陽太
DF3遠藤航、DF20坪井慶介、DF30島村毅、MF14藤田征也
MF2菊地俊介、MF6永木亮太、MF10菊池大介
FW7大竹洋平、FW19大槻周平、FW23高山薫
(リザーブメンバー)
GK21梶川裕嗣、DF15キムジョンピル、DF17三竿雄斗、MF5古林将太、MF16石川俊輝、FW8山田直輝、FW18アリソン
(監督)曺貴裁

【鳥栖】
(スターティングメンバー)
GK1赤星拓
DF15丹羽竜平、DF36菊地直哉、DF5キムミンヒョク、DF23吉田豊
MF8水沼宏太、MF29谷口博之、MF14藤田直之、MF10金民友
FW22池田圭、FW11豊田陽平
(リザーブメンバー)
GK21藤嶋栄介
DF4小林久晃、DF16崔誠根、MF6岡本知剛、MF9白星東、MF28高橋義希、FW25早坂良太
(監督)森下仁志

2015年4月29日

〔J2第10節:岐阜vs.長崎〕アウェイ戦スコア

長崎はアウェイで岐阜と対戦し、押しながら得点を奪えずに前半を終了。 後半8分、前半終了間際に替わって入った小野悠斗のスルーパスを受けたレオミネイロが 冷静にシュートを決めて先制した。 その後は長崎はロングボール頼りの単調な攻撃に終始。岐阜のゴールを脅かすことはできずに試合終了。 21位だった大分と22位の岐阜に続けて敗れるという失態を犯してしまった。 昨季も長崎は9節までは2位につけていたが、その後は急に失速した。 今季は決して同じ徹を踏まぬように建て直しが必要だ。

  • 試合後の記者会見に臨む小野剛監督(熊本)。立ち上がりの失点が響いて5連敗となった
2015年4月29日

〔J2第10節:熊本vs.千葉〕各種コメント・試合前写真

2015年4月28日

【お知らせ】福岡:6月にFCバルセロナとの親善試合を開催

 アビスパ福岡は28日、FCバルセロナBチームとの親善試合を6月10日(水)に開催することを発表した。

2015年4月28日

〔J2第10節:大分vs.栃木〕プレビュー:今季初の連勝目指し、まずは無失点に抑え勝機をつかむ

「全員の守備意識が高く、コンパクトに守れた。ラインの上げ下げも良かったし、4バックに手応えを感じている」
 キャプテンのダニエルが出場停止で、プロ入り初となるキャプテンマークを巻いた若狭大志は、前節の長崎戦で今季初の完封勝利で自信を得たようだ。平均年齢24歳の若い最終ラインを束ねるリーダーとしての自覚も芽生え、「僕たちが失点しなければ負けることはない。この連戦は連続無失点を狙いたい」と意気込む。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ