2015年5月30日

〔J2第16節:北九州vs.大分〕大分側プレビュー:若手とベテランとの融合を果たし、勝利を手に

「(クロスに対して)1人でダメなら5人、6人と入るしかない。こぼれ球に対しても、みんなで押し込むような気持ちにならなければいけない。次は絶対に負けられない九州ダービーなんで、何としても勝ちたい」
 5試合未勝利となり、最下位に転落した前節の東京V戦(●0−1)後、為田大貴は悔しさを押し殺し、今節に向けて気持ちを切り替えた。

  • 芝の養生期間のため今週は新門司ではなく本城公園内のピッチを使った
2015年5月30日

〔J2第16節:北九州vs.大分〕北九州側プレビュー:ピンチ乗り越え、バトQ今季初勝利へ。阿部、小手川らキーマン奮闘誓う

 新守護神の座へと上り詰めていた鈴木彩貴が前節・千葉戦のゲーム中に負傷。安定しつつあった守備が再びのピンチを迎えている。ホームで迎えるバトル・オブ・九州は結果が必要。攻撃陣も後ろに引きずられずにゴールを目指せるか。攻守にわたって今節もまた試練の一戦となる。

  • まだ首位と勝点4差。下を向く選手は一人もいない
2015年5月30日

〔J2第16節:大宮vs.福岡〕アウェイ戦プレビュー:勇気を持ってサイドを突けるかがカギ。「今後のシーズンを左右する重要な一戦」(城後寿)

 前節、讃岐に3失点を喫し、12試合ぶりの敗戦となった福岡。深めのラインで9枚のブロックを作って守りを固めた讃岐に対し、福岡は攻め入るスペースを作り出すことができなかった。試合後の会見で「上位をキープするためには、連敗しないことが重要」と見据えた井原正巳監督。今節対戦するのは、8戦負けなしで首位に立った大宮だ。

  • 京都戦に向け、GK陣はゴール前でのイレギュラーなリフレクションも想定したキャッチングメニューを取り入れた
2015年5月29日

〔J2第16節:京都vs.熊本〕アウェイ戦プレビュー:鍵は集中力。前節からの継続と進化を表現し、そしてあの男を抑えること。

 何はなくとも大黒将志だ。アウェイ・西京極に乗り込む京都戦のポイントは、この男に仕事をさせないこと、その一点に尽きる。フォルラン、カカウ、パブロという強力な前線を抑え、パウロ・アウトゥオリ監督に3人同時に引っ込める決断をさせた前節C大阪戦の戦いぶりが、今節も熊本に求められる基準だ。

  • 強力な浦和攻撃陣を抑えるべく、GK練習にも熱がこもる。
2015年5月29日

〔J1第14節:鳥栖vs.浦和〕プレビュー:ホーム戦無敗の鳥栖か、リーグ戦無敗の浦和か。無敗同士の対戦となった第14節ベアスタ。勝つのはどっちだ!

2015シーズン1stステージの首位を独走する浦和。いまだに無敗である。
迎え撃つ鳥栖は、2015シーズン1stステージでホーム戦無敗が続いている。
今節、どちらかが敗れるとこの肩書が取れてしまう。
文字通りの負けられない一戦となった鳥栖のホームベストアメニティスタジアムでの第14節。
リーグ戦の勢いが勝るのか、多くのサポーターの後押しを得てホーム戦での勢いで勝るのか、日本国中のサッカーファンが注目する一戦である。

  • サポーターからのプレゼントに笑顔の亀川
2015年5月28日

【九蹴日記】福岡:5・4・3・2・1…HBD!

 試合前の写真撮影の時、大きな声で「5・4・3・2・1」とカウントダウンする選手は、チームによってさまざま。キャプテンが声を出して士気を高めるチームもあれば、ゴールキーパーが担うチームもある。今季の福岡は…と言うと、その役を亀川諒史が担っている。

2015年5月28日

【九蹴日記】北九州:渡、かしわめしパワー注入

 北九州が誇るストライカー、渡大生に約3キロの特大「かしわめし」が贈られた。

2015年5月27日

〔2015Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第6節:甲府vs.鳥栖〕アウェイ戦スコアほか

先発メンバーが発表された。
今日の試合も熱くなりそうだ。


【甲府】
(スターティングメンバー)
GK31岡西宏祐
DF22渡邉将基、DF3畑尾大翔、DF8新井涼平
MF24松本大輝、MF30保坂一成、MF18下田北斗、MF13野田紘史
FW14堀米勇輝、FW15伊東純也、FW19盛田剛平
(リザーブメンバー)
GK1荻晃太、DF26熊谷駿、DF33西山雄介、MF16松橋優、MF23稲垣祥、MF25若杉好輝、FW11アドリアーノ
(監督)佐久間悟


【鳥栖】
(スターティングメンバー)
GK1赤星拓
DF16崔誠根、DF4小林久晃、DF5キムミンヒョク、DF3磯崎敬太
MF31田村亮介、MF6岡本知剛、MF24鎌田大地、MF20菅沼実
FW9白星東、FW25早坂良太
(リザーブメンバー)
GK21藤嶋栄介、DF26平秀斗、DF27笹原脩平、MF18清武功暉、MF30福田晃斗、FW19山﨑凌吾
(監督)森下仁志

2015年5月26日

【お知らせ】大分:永井龍選手の怪我の診断結果について

5月17日の明治安田生命J2第14節 vs 水戸戦で負傷した永井龍は、大分市内の病院で検査を受け、以下の通り診断された
[診断名]右膝 内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)損傷
[全治]約8週間※受傷日より
[今後の予定]経過を見ながらリハビリを実施

  • 鳥栖らしいアグレッシブな戦いを見せて欲しい。
2015年5月26日

〔ヤマザキナビスコカップ予選第6節:甲府vs.鳥栖〕アウェイ戦プレビュー:予選突破のためには負けられない一戦。「チーム全員で勝つ」と森下監督は必勝宣言。

 「川崎F戦は自信を持てる内容だった。これからも一つ一つ積み上げていくだけ」とヤマザキナビスコカップ予選6節甲府戦前に前試合となったリーグ第13節を振り返った。
それだけ、試合内容には満足しているのだろう。この戦い方を続けると甲府戦でも宣言した。
予選敗退が決定している甲府相手にどのような戦い方を見せるのか楽しみである。  



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ