• 連敗ストップを願って、今節も多くのサポーターが集まった。
2015年6月28日

〔J1第17節:鳥栖vs.広島〕レポート:エース豊田の2発で連敗を止めた鳥栖。「攻守において“らしさ”が出てきた」と森下監督も手ごたえをつかんだ模様。

第4の審判が示したアディショナルタイムは4分だった。
しかし、豊田陽平の同点となるヘディングシュートの公式記録は90+6分。この時間差が、鳥栖にとっては連敗を止め、2ndステージにつながる大きなゴールを生んだ。
最後の最後に追いつくという“粘りの鳥栖”を見せたが、負けなかったということで勝ち切れなかったのも事実。
追いつく力は見せたものの、課題が修正できたわけではない。

2015年6月28日

〔J2第20節:札幌vs.大分〕アウェイ戦プレビュー:割り切った戦いで、弾みがつく勝利を

 10試合未勝利と出口のないトンネルを抜け出せずにいる。それでも走り続けなくてはならず、今節も試合が続く。北の大地で大分を迎える札幌は、6試合負けなしと好調だ。「前線の3人は能力が高い」と山口貴弘が警戒した3人がキーマンだ。高さとパワー、決定力を備えた都倉賢に、その衛星を動き回る内村圭宏と古田寛幸はスピードと強烈なシュートも多い。さらに3人ともハードワークをこなし、前線からの守備を厭わない。
 大分としては、「前線からプレスを掛けて3人に入らせないようにする。クロスをしっかり遮断する」(山口)必要がある。柳田体制の3試合全て、前半に失点しているため、守備からしっかり入って不必要な失点をしないようにしなければいけない。

  • 雨模様のベストアメニティスタジアム。しかし、多くのサポーターが駆けつけている。
2015年6月27日

〔J1第17節:鳥栖vs.広島〕各種コメント・試合前写真ほか

あいにくの雨模様だが、今節も多くのサポーターが集まった。 どんな試合になるのだろうか・・・ 今日の試合も熱くなりそうだ。

  • 高木琢也監督との監督初対決は「意地のぶつかり合いになる」と井原正巳監督。お互いに負けられない一戦だ
2015年6月27日

〔J2第20節:長崎vs.福岡〕福岡側プレビュー:互いに負けられない状況。「意地のぶつかり合いになる」(井原正巳監督)

 直近5試合は、両チームとも1勝3敗1分と波に乗れていない。福岡は6位、長崎はPO圏外の8位に順位を落としており、何とか粘って勝点を積み上げたいのはどちらも同じ状況だ。

2015年6月27日

〔J2第20節:長崎vs.福岡〕長崎側プレビュー:「長崎は福岡相手に4試合無得点を解消できるか。」

「点が取れないことがチームのストレスになっている」 テクニシャンの花井聖が苦虫を噛み潰したような顔で打ち明けた。 長崎はここ4試合、なんとももどかしい試合が続く。 4試合で無得点。 成績は8勝6敗5分の8位だ。 前節の讃岐戦で連敗は3でストップさせたものの 6月の空模様と同じでスッキリはしない。 前節も讃岐の引いた守備陣を崩すことはできなかった。 今節は今季新たに井原正巳監督を招聘し、大きく生まれ変わった福岡が相手だ。 開幕は3連敗と大きく出遅れたが、まずは守備から入るというチームコンセプトが浸透した4節以降は調子を上げ 11試合負けなしと躍進。 新チームの骨子が早くも出来上がっているのではないだろうか。 ここまでの成績は9勝6敗4分。順位は長崎より上の6位だが、勝点差は僅かに2。 長崎は勝利することで入れ替わることができる。

  • 6月24日の午前練習では心拍数を図りながらランニング。写真は川島大地と星原健太
2015年6月27日

〔J2第20節:北九州vs.岡山〕プレビュー:5戦負けなしの北九州。勝機は質とメンタル。「しっかり」調子に乗れるか

 シーズンもまもなく半分を消化する。北九州は4連勝のあと難敵・札幌からも勝点1を拾い、現在5試合負けなしの絶好調。先行されたゲームでも勝点を手にする昨季以来のしぶとさを取り戻した今、堅守岡山からも粘り強く白星を手にしたいところだ。

2015年6月27日

〔J2第20節:熊本vs.讃岐〕プレビュー:勝点差3の決戦。切り替えの勝負が鍵。

「ボランチに自由にやらせなかった」——。園田拓也がそう話すように、スカウティングに基づいた策によって相手の起点を潰すことに成功した前節の東京V戦。前々節、北九州にやられたのとは逆に、まさに刺すような鋭い2発で今季4勝目を手にし、順位を1つ上げて彼らは地元へ帰ってきた。3週間ぶりのホームに迎えるのは、現在、勝点差3で15位をいく讃岐。リーグ6位タイと失点が非常に少なく得失点差に開きがあるため、今節の結果で順位が入れ替わることはない。しかし間もなくシーズンも折り返し。いまだ下位を抜け出せていない熊本にとって、何としても勝利をつかみたい一戦である。

  • 前節、敗れはしたが兆しも見えたと語る森下仁志監督(鳥栖)
2015年6月26日

〔J1第17節:鳥栖vs.広島〕プレビュー:相手が強いからこそ実力が問われる。連敗阻止には格好の相手の広島。これからは浮上のみ!

第13節川崎Fには前半に先制するも後半に2失点で逆転負け、第14節浦和戦では前半に先制するも後半だけで6失点の逆転負け、第15節仙台戦では後半に5失点、第16節F東京は前半に先制するも後半に2失点して逆転負けを喫しての4連敗中の鳥栖。
全てにおいて負の面だけが目立ってしまうが、あえて違う角度で振り返ってみたい。
 

  • 田島裕美・小倉北区長にユニホームを手渡す大島秀夫選手(右)
2015年6月25日

【九蹴日記】北九州:今度は「焼うどん」で白星だ! 週末は小倉北区民感謝デー

 6月28日のJ2第20節岡山戦は「小倉北区民感謝デー」。ということで2週間前の八幡西区に続いて今回も横手敏夫社長とマスコット・ギラン、それに選手が小倉北区役所を訪れて、本城での応援を呼びかけた。今回は小倉北区在住の大島秀夫選手が参加。「勝つ試合を必ずお見せできる」と力が入った。

  • 「目標は10得点」と語る金民友。
2015年6月25日

リレーインタビュー〔金民友選手・鳥栖〕:サッカーに集中できる街が大好き

九州J-Parkオリジナル企画。
選手の素顔に迫ります。九州のJリーグチームを結んでのリレーインタビュー。
どんな話題が飛び出すのか、ピッチの上では決して見ることができないプレー?が飛び出すかも。

第一回目のインタビューは、金民友選手(鳥栖)。
2010年に鳥栖に加入したMF金民友。
第16節F東京戦で、今シーズン初ゴールをあげ、これからも活躍が期待される選手です。 
韓国の世代別代表を経験し、A代表にも召集された経験を持つドリブラー。
どんなお話しが飛び出すのか・・・



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ