• 日中の気温は35度を超えた。しかし、それを上回るほどの熱い試合となった。
2016年7月31日

〔J1 2nd第6節:鳥栖vs.鹿島〕レポート:「話し合いながら、やるべきことをやった」(早坂良太)ことが一番の勝因。鹿島の猛攻に耐えた勝点3。

「鹿島の2ボランチからのパスを消して、ボール運びを難しくしてやろう・・・」とFW早坂良太は考えてプレーした。
しかし、鹿島はその想いを上回るサイドチェンジや楔のパスを通して、鳥栖のゴールに向かおうとしていた。
結果的には、20分にDF吉田豊からのクロスからMF鎌田大地がヘディングシュートを放ち、クロスバーからの跳ね返りを豊田陽平が決めた得点で鳥栖が勝った。
お互いの攻撃と守備の意図を見ることができた試合だった。
鳥栖と鹿島のサポーター以外でも、いやサッカーを初めて観る人でも、サッカーの面白さを十分に堪能できる試合だった。

  • 「残留という目標に向けて、可能性がある限り戦う」と語った井原監督
2016年7月31日

〔J1 2nd第6節:福岡vs.仙台〕レポート:坂田の同点弾で好調仙台から勝点1。「これを貴重な勝点1にしなければいけない」(三門)

試合終了とともに、スタジアム全体からため息が漏れた。先制された福岡は、57分に坂田大輔の6年ぶりのゴールで同点に追いつき、スタンドからの声援を追い風に猛攻を見せた。しかし逆転することはできずに、試合が終了した。連勝中と好調な仙台から奪った勝点「1」は、今後の残留争いにどう影響するのか。そんな憂慮すべき背景が、歓声をため息に変えたのかもしれない。

  • 坂田が9試合ぶり先発
2016年7月30日

〔J1 2nd第6節:福岡vs.仙台〕各種コメント・試合前写真

  • 読谷村PREZENTS 『でーじ、大好き!!サガン鳥栖5』 読谷村からも多くのサポーターが駆け付けてきた。
2016年7月30日

〔J1 2nd第6節:鳥栖vs.鹿島〕各種コメント・試合前写真

『で~じ、大好き!!サガン鳥栖』
わかりやすく言うと 『がばい、大好きサガン鳥栖』ということ。

今日の試合のメンバーが発表された。
今日の試合も熱くなりそうだ。

  • 上を目指せる望みは潰えていない。(7月28日、新門司)
2016年7月30日

〔J2第26節:北九州vs.岡山〕プレビュー:「勝ちゲームの流れ」を確実に「勝ち」へ。夏の総力戦

 今節はホームでの岡山戦となる。岡山といえ攻撃面では個人のところで警戒すべき選手が多い。他チームがそうしているように赤嶺真吾の自由を封じたとしても、押谷祐樹、伊藤大介はスペースを確実に突き、あるいは遠目からでもシュートを狙う。北九州は少しずつ球際の強さを回復させてきているが、今節もそれは継続しなければ押し込まれてしまうだろう。柱谷幸一監督は「攻め残るので、強い守備に引っかかってのカウンターは注意したい」と話し、北九州が攻撃しているときのボールロストにも注意を払っている。

2016年7月30日

〔J2第26節:東京Vvs.熊本〕アウェイ戦プレビュー:3戦無敗、2試合連続完封で迎える一戦。前節の反省を攻守両面で生かしたい。

 3連戦を1勝2分(うち2試合は完封)と、5連戦の後半で大敗での3連敗から守備面でも立て直しをはかった熊本は、2日間のオフを挟んでトレーニングを再開。今節はアウェイで18位の東京Vと対戦する。14位熊本とは勝点差3。熊本は勝てば1ケタ順位が視野に入ってくる可能性がある一方、東京Vは敗れると降格圏が迫ってくる状況で、お互いに勝点を譲れない一戦であることは間違いない。

2016年7月29日

〔J1 2nd第6節:鳥栖vs.鹿島〕プレビュー:鳥栖の攻撃力か、鹿島の堅守か。サイドの攻防がターニングポイント。

鳥栖と鹿島の対戦と聞いて、薄っすらとでも試合内容がイメージができるカードではないだろうか
タイプこそちがえど強力なFWがいて、サイドを使って攻め込むことを得意としている両チームである。
クラブ規模と歴史は大きな違いがあるが、近年は好ゲームが多いイメージがある。
今節は、どのようなドラマを見せてくれるのであろうか。両サポーターならずとも、注目される一戦である。

  • パスワークでゲームを組み立て、前線のスピードを生かした攻撃を仕掛けられるか
2016年7月29日

〔J1 2nd第6節:福岡vs.仙台〕プレビュー:ブラジル人2トップを警戒。残留争い正念場。

仙台とは今季2度対戦。4月のYBCルヴァンカップではスコアレスドロー、5月の1stステージでは仙台にセットプレーから2点を決められ、0-2で敗れた。「アウェイでは負けているし、勝たなくてはいけない」(神山竜一)。

  • 鹿児島の堅守を支え続ける水本勝成選手。相手エースを封じ込め、鹿児島を勝利へと導く。
2016年7月26日

〔九蹴日記〕鹿児島:「堅守・鹿児島」復活へ。J3屈指のセンターバックが相手エースを封殺する。(水本勝成選手:鹿児島)

2016年5月22日、J3第10節、アウェイFC東京U-23戦。
この日、東京の3トップは、ネイサン・バーンズ、ユ・インス、そしてムリキ。攻撃陣に関して言えば、今シーズンJ3最高レベルのメンバーが名を連ねていた。
44分、東京にチャンスが訪れる。カウンターのスルーパスから、ネイサン・バーンズがペナルティエリア近くでボールを受ける。ここでマッチアップしたのは、鹿児島ユナイテッドFCのCB水本勝成だった。

2016年7月25日

〔J2第25節:横浜FCvs.北九州〕アウェイ戦スコア

 土壇場で追いつかれた第24節群馬戦から4日後、北九州はその悲劇をまた繰り返した。



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ