〔J1 1st第1節:鳥栖vs.福岡〕鳥栖側プレビュー:「福岡の試合はすべて見ている」と新加入DF藤田優人が福岡を分析。あとは試合で・・・

  • 福岡のマスコミが取材に訪れた。すでにダービーマッチが始まっている。
  • 明治安田生命J1
  • 1st第1節
  • 鳥栖
  • 福岡
  • ベストアメニティスタジアム
  • 2015年2月27日 14:00

実に興味深い話しを聞かせてくれたのが今シーズンから鳥栖のユニフォームに袖を通したDF藤田優人である。
彼は、昨シーズンまで柏でプレーをしていた。
その柏で2014年シーズンまで監督を務めたのがネルシーニョ監督で、そのもとにいたのが井原正巳コーチ(現アビスパ福岡監督)である。
その井原氏は2015年から福岡の監督に就任しJ1昇格を果たしているのは周知の事実。そのシーズンの全試合を藤田は観たと教えてくれた。
そして今、柏で2013年シーズンに一緒にプレーしたDF谷口博之がいる。
井原監督のサッカーを知った選手がいるのは心強い。

DF藤田は、マスコミに対して多くは語らなかった。
しかし、ネルシーニョ監督時代の井原氏を知る彼は、周りの選手には知る限りのことを話しているはずである。これは、谷口とて同じことだろう。
それは、この開幕戦の持つ意味を知っているからこそのことである。

鳥栖はタイトル奪取に向けて始動した。新しい体制で、今シーズンを迎えている。
戦い方は、『開幕直前特集』を参照して欲しい。
一つ言えるのは、昨シーズンまでの鳥栖ではないということ。
その鳥栖が、開幕戦で福岡と戦えると言うことに大きな意味を持つ。
勝てば一気に波に乗り1stを突っ走るのではないだろうか。
満員のスタジアムで、選手と共にサポーターも開幕戦の勝利に酔おうではないか。
キックオフは14時である。

そして、もう一つのマッチアップを紹介しておきたい。
藤田優人は、国見高サッカー部で城後寿(福岡)と同級生である。
「負けたくない」と短い言葉に想いを込めた。
DF藤田に対してFW城後のマッチアップは、もう一つの見どころでもある。

   

   

  • この日もいつものように練習が始まった。しかし、選手個々は開幕戦に向けて表情が引き締まっている。
  • 「まだやらないといけないことはあるが、開幕戦に向けてやるべきことはやった」と語るフィッカデンティ監督。

Reported by サカクラゲン



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ