〔J2第1節:熊本vs.松本〕プレビュー:清川新体制の初陣。松本山雅FCを迎える一戦は、ハードワークの勝負。

  • 明治安田生命J2
  • 第1節
  • 熊本
  • 松本
  • うまかな・よかなスタジアム
  • 2016年2月28日 13:00

 短いオフが過ぎて新しい季節がきた。2016年の明治安田生命J2リーグは28日に開幕。クラブ創設12年目を迎えた熊本は、ホームのうまかな・よかなスタジアムにJ1から降格してきた松本山雅FCを迎える。

 1月17日に始動したチームは、『Jリーグ・スカパー!ニューイヤーカップ宮崎ラウンド』での3試合を含む多くのトレーニングマッチをこなし、攻守両面で連携を深めてきた。6年間のヘッドコーチ経験を経て今シーズンからチームを率いる清川浩行監督は、「リーグ戦が始まってからは相手の対策も含めて修正する部分は出てくると思いますけど」と前置きしながら、「(考えていた)準備はかなりできた」と胸を張る。

 特に手応えを感じているのは、昨シーズンまでの2年間で築いたアグレッシブなスタイルをベースにした守備だ。もちろんトレーニングマッチでは失点もあったものの、多くのゲームでボールを奪いに行く姿勢を立ち上がりから表現。球際やゴール前の局面でも、さらにはゲーム終盤といった時間帯でも、粘り強いディフェンスを実践してきたことで、「やってきたことが間違っていないと自信になっている」(清川監督)側面がある。
 ボランチの軸の1人になりそうな上村周平は、「前(FW)の選手がしっかり追ってコースを限定してくれるので、自分たちも狙いを持って奪いに行きやすい」と話す。攻撃でも連動した崩し、コンビネーションからフィニッシュに持ち込むシーンが徐々に増えつつあるのは、共通意識を持ったいい守備ができているからこそでもある。
 ただ、今季主将を務めることになった岡本賢明はこう話していた。
「プレシーズンで良くなってきたからといって、『出来る!』となっちゃうようではいけないし、そういう意味での危機感はある。リーグ戦は全然違いますから、しっかり引き締めたい」

 松本とは2年ぶりの対戦だ。この間、J1を経験したことで勝負に対するシビアさが高まっただけでなく、1年での復帰、そして定着を目指す上で、我々が知っている一昨年までの「山雅」とは違うチームに変化、深化、バージョンアップを遂げているだろう。昨季までの“顔”だった選手の数名がチームを離れたものの、一方ではルーテル学院高出身のFW山本大貴、山形在籍時代に何度も痛い目に合わされたMF宮阪政樹、そして昨シーズンあれほど頼りになった存在ながら、今度は厄介な壁として立ちはだかることになったGKシュミット・ダニエル等々、新戦力も充実。熊本にとってはどう考えても難しい相手である。

 ——だが。
「戦術的な所ももちろんあるけど、大事なのは戦う姿勢。思い切ってプレーする、走力や切り替えでのハードワークを謳う以上、そういったところを相手よりも出して、上回りたい」(清川監督)

 あと30センチ、もうコンマ1秒といったわずかな差が、積み重なれば大きな差になることを、ピッチに立つ彼らは知っているはずだ。今年の晩秋、皆でともに喜び合う場面をイメージしよう。そして勝点3を1つずつ、積み上げていこう。まずはこの試合が、そのスタートになる。

   

   

Reported by 井芹貴志



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ