〔J2第1節:熊本vs.松本〕各種コメント・試合前写真

  • 初陣を白星で飾った熊本の清川浩行監督
  • 明治安田生命J2
  • 第1節
  • 熊本
  • 松本
  • 16分 清武功暉(熊本)
  • うまかな・よかなスタジアム
  • 2016年2月28日 13:00

清川浩行監督(熊本)

今日開幕を迎えて、サポーター、ファンの皆さんが本当に大勢スタジアムに足を運んでくれて、ありがたく思っています。ゲームの方は、前半ボールを保持する場面もあってそこから点が取れましたけど、後半に長いボールが入ってくることは予想していながら、少し押されてセカンドボールを拾えずにピンチになる部分もありました。でも選手達が本当に90分通して、我慢強くプレーしてくれた結果が、勝利に結びついたと思います。

Q:平繁選手と清武選手を2トップで先発起用した狙いは?

2人ともすごくいいコンディションだったし、お互いの関係性も取れていたので、そういう意味でスタートから使いました。

Q:初采配を終えての心境は?

非常に疲れています(笑)。選手以上に疲れているんじゃないかなと。緊張した中でゲームを見ていたんですけど、本当に皆の頑張りが目に入って、これを何とか勝たせてあげたいという気持ちと、結果的にいいゲームをしてくれて勝ったので、今はホッとしています。

Q:後半は押し込まれる展開になった要因は?

ハーフタイムでは、もっともっと勇気を持って、ボールを奪いに行く守備をやろうということでスタートしたんですけど、向こうがどうしてもロングボールが多くなった分、押し込まれてしまって、前線もなかなかうまくプレスのスイッチを入れられず、長いボールを警戒するあまり、ちょっとラインが下がってしまったなと思います。

Q:植田選手と佐藤選手を先発起用した理由と、プレーを見ての評価は?

植田についてはラインの統率だったり、長いボールの跳ね返しなどヘディングに力があるので、そのあたりでの起用と、佐藤については経験値が大きいので、そこを期待してピッチに立ってもらいました。本当によく頑張ってくれて、今日のゲームでいくと申し分のないプレーをしてくれたと思います。

Q:シュートへの積極性も見えましたが、今日の収穫と課題は?

今日のゲームでいくと、全体でボールを奪いにいく守備が特徴でもあるので、それを回避するために相手が長いボールを蹴ってくる部分はあるんですけど、そこに勇気を持って前線からの守備を続けられるか。これが1年通しての課題だと思うし、押し込まれた時にどう対処するのかというのは、これからやっていかなきゃいけないところだと思います。

Q:2人めの交代で鈴木選手を入れて最終ラインの前に置きました。あのタイミングが「逃げ切るぞ」というメッセージだったんでしょうか?

どのタイミングかというのは自分も悩んでいて、もっと早ければ、跳ね返してこっちに流れを持ってこれるのかという、本当にギリギリのところでした。どうしても人数が足りないような状況が生まれていたので、最終的にはあの時間に入れて守りきれたという事が全てだったのかなと思うんですけど、自分のなかでは、もう少し早いタイミングが良かったのかなというところも、少し思っています。

Q:後半はサイドから背後を破られる場面もありましたが、ゲームを通して何を一番大事にして戦おうということだったんでしょうか?

見ていただいて分かると思いますけど、本当に皆が辛抱したなかで、相手に押し込まれていても全員でゴールを守る、何本もシュートを受けましたけど、ゴール前で身体を張ってボールを弾いたり、なんとか身体にぶつけてブロックしたり、ああいうプレーが何回も出ていたことが、皆の気持ちがすごく伝わってきたなというのがあります。

Q:得点を決めた清武選手が駆け寄って来て、監督の人柄が出ていたなと思います。

すぐに来てくれて嬉しかったですね(笑)。他の選手もすごく喜んでくれましたし、肩を組んで僕の背中を叩いてくれる選手もいました。皆が自分に初勝利をプレゼントしてあげたいという気持ちがすごく伝わってきました。

ハーフタイムコメント

・1−0で勝ってるではなく、後半もやるべきことをやろう。

・自信を持って、絶対恐がらないこと後半も声を出して続けていこう。

反町康治監督(松本)

前半が全てかなというゲームだったと思います。後半はやろうとしたことができたんですけども、最後のところのアイディアが少し足りなかったという感じはしました。あらためてJ2は厳しいリーグだなと感じさせたゲームだと思っています。アウェーゲームがあと二つ続きますが、今日は白星スタートではなかったが良い薬として、次の試合に向かいたいと思います。準備段階ではそんなに悪くはなかったと思いますし、ある程度ベースになるものは見えてきたので継続して、更に最後のところはこだわってやっていきたいと思います。

Q:後半はフォーメーションを修正したが?

前半は全体的に攻守のバランスがよくなかったですね。攻め残っているサイドMFに拾われて繋がれてリズムを失ってしまうという形だったので、そこのところでこちらの優位性を保つためにそうしたと。攻撃でも2トップと中央のMF3人の距離が遠かったので、少し潤滑油を注がないといけない。そこで工藤をシャドーにしました。それはかなり効果があったかなと思いますね。

Q:キャンプから取り組んできた攻撃の形については?

後半は出し切れなかったんですが、後半はかなり自分たちで主体的にやることができたと思いますね。ただ向こうが1点リードしたことで、当然そういう形になると思いますが、リトリートしたことでサイドの関係で崩すことができたので、それほど悲観するようなものではないと思います。ただ何回も言うようにサッカーはゴールを奪うスポーツなので、最後の所で跳ね返されてしまったかなと。

Q:今日に関しては、ロングフィードからオビナに当ててという形が多かったが。

今までの熊本の試合を見ると、概ね序盤はフォアチェックするチームなので。それが我々にとってはプラスではなかった。もちろん全部蹴れというわけではなく、状況判断に応じてやると。実際どうだったかはわかりませんが、熊本が最初からかなりブロックを作ってきたというのはあります。我々もああいう形でPKから失点をしてしまって、余計そういう意識は強くなったかなと思います。

Q:後半は長く主導権を掴んだが、決めきれなかった。

崩すところまで行っているとするならば、今日は特に最後ですよね。コンビの息は合ってなかったですよね。そういう日もありますよ。そう思わないと、この仕事はやってられませんから(苦笑)。

Q:J2は厳しいと言われたが、具体的には。

主体的にボールを動かして崩すというよりは、単発で勝負をして拾うという形が多いですよね。あと、これはちょっと熊本さんとは関係ないんですけど、僕が話を聞いてなかったのかもしれませんが、今日見ていておかしいと思いませんでしたか? リードしているかしてないかは抜きにして、ちょっとの接触では倒れないようにするというJリーグの意向があるわけです。Jリーグも目標として掲げているわけですから。ちょっとはっきりしなかったですよね。あとひとつ、ファウルじゃないのに後でファウルをとったことに関しては、八木(あかね副審)さんに聞いたら、インカムのシステムで繋がっているからと。それはつまり主審の判断ではなく、色々な人の判断が関わってくる。そうなると主審の権限があやふやというか、誰かが重箱の隅を突けば全部ファウルになってしまう。向こうがミドルシュート打った後に倒れて出して、僕はやらせようと思ったんですけど、何せうちのチームは性格がいいもので(ボールを)返したんですけど、やはりあれを繰り返していると、見ているお客さんも勝っていれば忘れるかもしれないけど、それでもあまりいい気持ちはしないですよね。そういうのが続くのであれば、岡山のように一切関係なく、自分たちのボールでやると言ってもいい。それがサッカーのフェアプレーだと思うんです。ボールを返すことがフェアプレーじゃなくて。これは皆さんにも少し考えてほしいと思いました。もちろん勝っていればそうするのは当たり前で、うちもそうするかもしれない。これは熊本に関係ない話です。ただ、指導者がそういうところをしっかりやらないといういけないという側面では、少し熊本にも関係あるかもしれないですね。やはり勝てば官軍ですけど、そういう中でもフェアにやっていきたいと思いましたね。こういうことはマッチコミッショナーに言えばいいんですけど、マッチも仕事が増えて可哀相だから言いませんが、ちょっとその点は僕は不思議に思いましたね。

Q:石原崇兆選手を先発起用したが、その意図は?

練習試合含めて、非常に調子が良かったですよね。うちの前線の選手はどちらかというとポストプレータイプが多い中で、ドリブルで仕掛けていくタイプの1人。実際うまくはいかなかったですけど、前を向いて仕掛けるシーンが多かったですから。それは彼の特長でもあるので、その精度や決定的なプレーなどをもうちょっとやっていってほしいですね。

ハーフタイムコメント

・パスのアップテンポ

・長い距離を走って裏を取る動き

・このままでは終われない

清武功暉選手(熊本)

開幕戦を勝利で飾れたのは本当に嬉しいですし、自分自身、点が取れて良かったです。(上村)周平なり(高柳)一誠くんには、常に前の動き出しを見てくれと話しているので、あれはちょうど周平と目が合って狙ってくれて、いいタイミングで裏に抜け出せました。ハンドを狙っていたわけではないんですけど、きわどいところにボールを入れようと思っていました。ダン(シュミット ダニエル)が相手で、ダンは去年、僕のPKも見ていますし、僕もギリギリまで判断して、逆をつけて良かったです。監督が一番緊張していたと思いますけど、チーム全員で喜びを分かち合いたかったので(得点後は)走っていきました。前半は裏に抜けられる場面もあったし、足元にいいパスが入って前を向いて勝負できる場面もあって、前半は前4人の関係性も良かったと思います。後半は押し込まれた分、もう少し前線でタメを作らないとラインが押し上がらないので、そこがこれからの課題だと思います。

上村周平選手(熊本)

前を向いた瞬間に、龍くん(平繁)と(清武)功暉くんが関係を取って裏に抜けたところがちょうど見えたので、最初の時間帯だし使ってあげようという気持ちでした。功暉くんがいい感じで抜けて、やってくれました。いつもよりセカンドボールを拾えていないのかなという感じもあったけど、無失点で終われたのは良かったと思います。後半は相手も割り切ってどんどん長いボールを入れてきていたので、自分たちも下でつなぐというよりは、相手がやってくる事に対応しようと。頭を越えた時の戻りや、奪ってから出て行くところだったり、ハードワークのところで勝負しようという気持ちはありました。最終的にはゴール前で相手に決められなければいいという感じで、皆で身体を張って、よくできたんじゃないかと思います。次節はもっと自分の良さを出して、チームに貢献していきたいと思います。

佐藤昭大選手(熊本)

押し込まれてもチームとして慌てる事なく、しっかりと相手を前においてプレーする事ができたので、シュートは打たれていましたけどしっかりコースに入れていました。攻められていても慌てずプレーできたのは、そういう展開になるだろうという予測も含めて皆がプレーできていたからだと思います。1つ勝てたのはすごくいいことですけど、また次が大切になってくると思うので、またしっかり準備して、やっていきたいと思います。

平繁龍一選手(熊本)

結果(得点)が欲しかったのが正直なところですけど、チームとして結果が出ての勝利だったと思うので、次はしっかり結果を出したいと思います。前半はうまくできていたと思うんですけど、後半、相手のロングボールが多くなって押し込まれる展開になった時に、前でもう少し時間を作ったり、ロングボールを蹴ってくるチームに対してどうするか、ちょっと考えたいと思います。1試合の中でどうしても押し込まれる時間はありますけど、前半みたいな時間帯を増やして、押し込まれる時間をできるだけ短くする事が大事だなと思います。

岡本賢明選手(熊本)

開幕戦は内容より結果が大事だと思うので、勝ちきる事を意識していました。前半の入り方も良かったですし、勝っている状況での前半の終わり方も良かった。準備してきたことがしっかり出せたんじゃないかと思います。最終的に相手は絶対、蹴ってきてそれを拾ってというサッカーになるイメージを全員が持っていたから、苦しい時間もありましたけど、皆しっかり我慢できたのかなと思います。個人的には守備の時間が長くて、攻撃の時にもっとゴール前に絡んでいければいいんですけど、今日は消極的になってしまったので、そこは課題として残ったかなと。

田中隼磨選手(松本)

やはり開幕戦ということで、非常に大切な試合で勝ち点をとれずに残念です。やはり前半が全ての試合だったと思うし、早い時間に失点してしまったことで相手が引いて守ってしまった。そこからどうするかが自分たちの課題でもある。追いついて、逆転するだけの力を身につけないといけない。それは熊本に教えられた。前半はイメージしていたことはなかなかできなかった。後半はある程度狙いを出せたが、やはり最後の精度が足りなかった。J2はJ2の厳しさがあるが、自分たちはそれをリスペクトした上で次は勝ち点3を取れるように切り替えないといけない。次の試合では勝利しないといけないし、とにかくゴールを奪えるようにやっていきたい

〔J2第1節:熊本vs.松本〕プレビュー

  • 松本山雅FCサポーターも多数、うまかな・よかなスタジアムを訪れている
  • コンコースを闊歩していた「ロアッソ熊本ロボ」。松本サポーターにも人気
  • 試合前には、熊本出身のミュージシャン、タイチジャングルさんが応援歌を披露した


広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ