〔J1 2nd第6節:福岡vs.仙台〕各種コメント・試合前写真

  • 坂田が9試合ぶり先発
  • 明治安田生命J1
  • 2nd第6節
  • 福岡
  • 仙台
  • 36分 ウイルソン(仙台)
  • 57分 坂田大輔(福岡)
  • レベルファイブスタジアム
  • 2016年7月30日 18:34

井原正巳監督(福岡)

今日も多くのサポーターが駆けつけてくれて、われわれに声援を送ってくださいまして、毎回のことですが感謝していますし、1点ビハインドの中で後半に追いつき、逆転できそうなところまでいけたのは、サポーターの声援があったからだと思っています。仙台さんはここ2連勝で来ているチームですし、その中で2トップのウイルソンとハモン・ロペスの二人だけでゴールまでボールを運んで行ける個の能力のある選手たちで、彼らをしっかりと抑えるというところから今日のゲームは入りました。立ち上がりから選手たちは良い入り方をしてくれましたし、90分を通してみてもゲームのボリュームは高かったと思います。先にボックスの中に進入されて先制点を許してしまいましたが、同点の後もゴールへの姿勢は見せてくれました。交代選手を含めて本当に今日はそういう気持ちが出ていたゲームだったと思います。必ずこの勝点1を次につなげていきたい。残り11試合、本当に1試合1試合が厳しい戦いになると思いますが、残留という目標に向けて、可能性がある限り戦っていきます。サポーターの皆さんもぜひ最後までわれわれにパワーを送っていただければと思います。

Q:金森選手からウェリントン選手への交代意図は?

サイドからもかなりクロスが上がるようになっていましたし、(金森)健志の運動量や背後の飛び出しも良かったのですが、アクシデント的な交代を實藤(友紀)のところで使ってしまいました。本当はもう少し早くウェリントンを入れたかったのですが、そのほかの選手の状態も見ながら、という形になったので、ウェリントンは少ない(プレー)時間になってしまいました。ウェリントンの高さとパワーを生かしつつ、平井(将生)のスピードの両方が前線にある方が良いだろうという考えで、金森に代えてウェリントンを入れました。実際にウェリントンがハイボールをキープして押し込む展開に持って行ってくれたと思います。

Q:先発で坂田選手を起用した意図と評価は。

トップとしての彼の経験、また相手のシステムなどを考えて金森と組ませました。サイドや背後への飛び出し、その動き出し、経験がチームの攻撃にとってとても良いオプションになると思いましたし、前線のタメと飛び出し、そして今日も点を取ってくれましたが、その決定力というものに期待して先発で起用しました。いつもは途中から入っても、その起用の意図を理解してしっかりとプレーしてくれるのですが、今日は先発として同じように期待に応えるプレーを見せてくれました。

Q:為田選手の起用意図は?

為田はサイドでタメをつくれる選手なので、駒野(友一)との関係を考えまして、為田が間で受けて駒野が上がる時間をつくるというところで、金森をサイドで使うよりも駒野の攻撃力を生かしたいというのと、G大阪戦でもサイドで(先発で)使いましたし、相手のサイドバックがかなり高い位置取りもしてくるので、その守備のところも含めて先発で起用しました。

ハーフタイムコメント

・前半いい形で立ち上がり入れた。続けていこう

・必ず返せる。後半勝負だ

渡邉晋監督(仙台)

お疲れさまでした。遠い九州まで大勢のサポーターが駆けつけてくれました。また、我々のキャンプ地である延岡からもたくさんのサポーターが来てくれました。心から感謝を申し上げます。前半のゲームの進め方と、先制したということを考えれば、アウェイで厳しい暑さで難しい環境ではありましたが、確実に勝点3を取って帰りたかったというのが本音ではあります。ただ後半の入りが悪くて、そこから相手に押し込まれてしまって、盛り返すことのできない後半45分でした。福岡さんの猛攻を考えれば、しっかり勝点1を取ったことをポジティブに考えたいと思います。これから8月ももっと厳しい戦いになると思いますが、前向きに進んでいきたいと思います。

Q:先制点は個人技ではなく、パスで崩した得点でした。その辺の評価は。

もっと前半チャンスを作れる局面はあったと思います。そこで手数をかけたり、あるいはタイミングを逃したりというシーンが多くありました。ただ得点をとったシーンは、非常に多くの選手が連動していましたし、いかに相手のボックスに入るかということはトレーニングでもずっとやっているなかで、ラストパスの前は一貴(大岩)だと思いますが、SBがボックスに入って3人目、4人目が関わるというのは、非常に素晴らしいゴールだったと思います。そういうことを後半はもっとやれるとハーフタイムに話して送り出しましたし、その狙いも共有できたと思うんですが、それを後半はおそらく1つも出せなかったことは悔しいですし、しっかり反省したいと思います。

ハーフタイムコメント

・今の守備を続けよう。割り切ることろは割り切ること

・もっと攻撃のテンポを上げよう

・セカンドボールをしっかり予測して回収しよう

坂田大輔選手(福岡)

先制されたけど、何とか1点を返して、後半も押し込む時間が長かったことを考えると、勝点3を取りたかった。得点シーンについては、城後のスローインがそれまでにも2、3回あって、距離も十分に出ていて、あそこに落ちているのを見ていたので、意識はしていた。そこへ落ちてくるボールにうまく合わせることができた。チームが勝てるための点は取り続けたいですし、今日もなんとか1点返してチームを盛り上げるっていう意味ではいい1点になったと思うので、2点目、3点目を(チームとして)取れるようにしていきたい。ボールを引き出すことも求められての先発起用だったと思うが、前半はその仕事を十分にこなすことはできなかった。ただ、金森と絡みながら相手の背後を取るプレーはできたと思う。

駒野友一選手(福岡)

(立ち上がりにロングボールが多かったのは)相手のDFを裏返すことは、相手にとって嫌なことなので狙った。もっと蹴るときとつなぐときの状況判断が良くなれば、マイボールの時間も増えてくると思う。夏のキツイ時間帯では、ボールを持つ時間を長くして、相手を引かせることも大事。後半、逆転のチャンスも多くあったので、そこを決めていれば勝点3が取れた試合だった。(相手SBとの攻防については)仙台は(攻撃時に)時間を作って両SBが高い位置を取るので、チームとしてうちはSHがつくようにしていた。その部分はうまくできていたと思う。

末吉隼也選手(福岡)

先制された後、2点目を取られたら終わりなので、後ろのバランスを崩さずやろうと意識した。後半の早い時間帯に追いついたのは良かったが、その流れで突き放すことができれば良かった。自分たちは引き分けはいらないし、「惜しかったね」というゲームは減らさないといけない。ただゲーム内容は悪くなかったと思うので、次につなげたい。(ビルドアップの部分は)ディフェンスラインのつなぎ役になれたらと思っていた。後半は相手が前から来ているなかでも、ある程度できたと思う。あとは(チームとして)アタッキングサードの質を高めたい。ペナルティエリア内に進入する回数は増えていると思うので、フィニッシュの精度を高められれば、得点も増えると思う。

三門雄大選手(福岡)

前半は良くなかったし、うちの右サイドで作られ過ぎた。それでもゼロで抑えられたら良かったが、1点やられてしまったのがもったいない。あの場面は、僕とタメ(為田大貴)がどっちにつくかハッキリしなかった。後半、相手も(運動量が)落ちてくると思っていたし、そこで追いついたのは収穫。その後、ウェリ(ントン)が入ってもう1点奪えれば良かった。(残留争いのライバルが)負けか引き分けだったので、とにかく1つでも迫れたことを前向きにとらえたい。ただ、連敗はしていないけど、1勝するのに4試合もかかっていたら降格するので、連勝が必要。この勝点1を貴重な「1」にできるように、次に切り替えてやるしかない。

  • 6月に開校したチアリーダーズ・ジュニアスクールの子供たちも参加!


広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ