〔J1 2nd第13節:福岡vs.神戸〕プレビュー:残留へ、奇跡を起こせるか。ステージ優勝への可能性も残す、好調な神戸との一戦。

  • 明治安田生命J1
  • 2nd第13節
  • 福岡
  • 神戸
  • レベルファイブスタジアム
  • 2016年9月25日 14:00

前節、湘南からリーグ戦9試合ぶりに勝利を挙げ、最下位を脱出した福岡。今節はホームに、5戦負けなしと好調の神戸を迎える。残留へ向けて後がない福岡にとって、絶対に負けることのできない一戦だ。

湘南戦の勝利で、城後寿は「気持ちが楽になった」と話した。「勝利の喜びを久しぶりに感じることができた。次はホームで、サポーターの皆さんと喜びを分かち合いたい」。

前節の勝因のひとつは、前線からのプレスにあった。「高い位置でボールを奪えないゲームが多かったが、湘南さんに引いて守るのではなく、前から行くというゲームプランを考えたときに、三門(雄大)の献身的なプレスがチームにプラスになると考えた」と井原正巳監督。立ち上がりの先制点は、トップ下に入った三門がペナルティエリア内でPKを獲得し、金森健志が決めたもの。15分の追加点は、セカンドボールを拾った福岡が左サイドを突破し、最後は平井将生の美しいゴールが決まったものだった。湘南にも多くのチャンスはあったが、三門をプレスの起点にし、前線からプレッシャーをかけることで、湘南の前への推進力を奪ったことが無失点につながった。DF濱田水輝も「プレスの“追い方”に手応えがあった」と話していたが、堅守速攻をストロングポイントにする福岡にとっては、自分たちの長所を再確認できたゲームだっただろう。

今節の神戸戦でも、高い位置からプレスをかけられるかといった点は、ポイントになる。しかし井原監督は「(前から)行きたいところではあるが、しっかりと連動して制限していかないと、レアンドロ、ペドロ(ジュニオール)、渡邉(千真)に良いボールが入ってしまう」と警戒する。名前が挙がった3人は、レアンドロがリーグ得点ランキング2位(16点)、ペドロ・ジュニオールと渡邉がともに同10位タイ(10得点)と、3人で36点も稼ぐ神戸の強力な攻撃陣だ。福岡はまず、得点能力の高い前線へ決定的なパスを入れさせないことを重視しながら、機を見て一気に前へ押し出して、攻撃を仕掛けるという戦術で臨むことになるだろう。全体が連動できるかが、カギになる。

また、柏時代に監督、コーチとしてともに戦ったネルシーニョ監督と井原監督の采配にも注目したい。井原監督はネルシーニョ監督について「選手を入れ替えたり、システムもダメだったらすぐに判断して、意図するシステムに変更しますし、さすが名将だと感じている」と話しており、監督同士としては2度目の対戦で、お互いにどのようなシステムを採用するのか、また、試合途中どのように戦術をフィットさせていくのかという“駆け引き”は見どころだ。選手交代のタイミング、選手交代によるシステム変更なども、注目して観戦したい。

神戸は22日に天皇杯3回戦があり、主力を起用して延長戦でも決着がつかず、PKにより4回戦進出を決めた。中2日で迎える今節へのコンディション面は、やや不安材料となる。

福岡にとって、残留までの勝点差は「8」。残り5試合で逆転し、奇跡を起こせるかは、この一戦にかかっていると言っても過言ではない。

   

   

Reported by 新甫條利子



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ