〔J1 2nd第14節:鳥栖vs.仙台〕レポート:2得点で追い上げるも一歩及ばず敗れた鳥栖。勝利した仙台はJ1残留を確定させる。

  • あと一点が遠かった鳥栖。しかし、最後まで仙台を走力で上回った。
  • 明治安田生命J1
  • 2nd第14節
  • 鳥栖
  • 仙台
  • 26分ハモン ロペス(仙台)
  • 55分ハモン ロペス(仙台)
  • 63分豊田陽平(鳥栖)
  • 75分ハモン ロペス(仙台)
  • 80分高橋義希(鳥栖)
  • ベストアメニティスタジアム
  • 2016年10月1日18:30

ハーフタイムの渡辺晋監督(仙台)のコメントを見ると、「後半も相手よりタフにハードに戦おう」とある。
渡辺晋監督(仙台)にしてみると、仙台の方が前半から鳥栖よりもハードワークを行っていたと感じていたのだろう。仙台が先制していたこともあり、そう感じたのかもしれない。しかし、スタジアムに駆けつけた両チームのサポーターは、お互いにハードワークしていたと感じたのではないだろうか。
お互いのストロングポイントを出し合い、最後まで観る人を引きつけた試合は、仙台が3得点して食い下がる鳥栖から逃げ切った試合だった。

今節の勝利でJ1残留を確定させた仙台。データ上では、鳥栖のトラッキングデータが上回っていた。
トラッキングデータだけで勝敗が決まるわけではないが、走らないことにはボールもゴールも遠くになってしまうだけである。仙台はショートカウンターを主体に、鳥栖は長短のパスを主体に自らのストロングポイントを出し続けた試合だった。
そのストロングポイントが先制ゴールにつながったのは26分の仙台だった。

鳥栖からボールを奪ったMF富田晋伍がDF裏に抜け出したハモンロペスにパスを出そうとした瞬間にボールを横に動かした。ハモンロペスがオフサイドの位置にいたからである。
この一瞬の判断が先制点につながった。
この横に動かしたわずかな時間で、鳥栖DFはラインを下げ、ハモンロペスは動きなおして再度DF裏に抜け出すスペースを作り直した。
この冷静な判断があったからこそ、仙台の勝利があったといっても過言ではない。
その後にボールを受けてゴールを決めたハモンロペスも素晴らしかったが、これをアシストした富田晋伍も同じように素晴らしかった。
キャプテンでもある富田晋伍は試合後に「一つ長いトンネルから抜け出したからといっても反省しないといけないところもたくさんあるし、これで満足することもないし、残りの試合を3つとも勝つことが必要」と控室で選手に語ったそうである。
5試合ぶりの勝利は、他の選手も含めてこのような冷静な判断に成り立っていた。
渡辺晋監督(仙台)は総括で「鳥栖に対する狙いを共有できていたからこそ勝ち切れた試合」と振り返った。来年も今節のようなお互いのストロングポイントを出し合う試合を見ることができることがうれしい。

そして、この試合でもう一つのドラマが生まれた。
二種登録の石川啓人(18歳)がJリーグデビューを果たした。小学生から鳥栖の下部組織で育成され、この試合で夢をかなえたのである。
ファーストタッチが右足でのシュートだったことをかんがえるとこれから先に大きな期待を抱いてしまうが、温かく見守っていきたい。
福田晃斗、三丸拡、鎌田大地と若手がメンバー表に名前を連なりだした。これに石川啓人も続いている。今シーズンは悲願のタイトルを得ることはできなかったが、来シーズンに期待が持てることでもある。
敗れはしたが、今節のような前線からのプレスとサイドを絡めた展開が形となって出せるようになると、上位争いも夢ではない。
勝点を得ることはできなかったものの、次節以降に期待を持たせる試合でもあった。

「普段はあのようなゴールを許すことはない」とフィッカデンティ監督(鳥栖)は語ったが、それも鳥栖の現実であり実力である。
「チームを強くするための途中」ともフィッカデンティ監督(鳥栖)は語るが、ストロングポイントが成熟していくと相手から分析されやすくなるのも事実。
一試合ごとに一喜一憂するサポーターも、チームとともに成長しているので目も肥えてくる。
成長とともに辛抱も必要になってきたようだ。

勝者があれば敗者がある。
喜びの裏側には悲しみもある。
得点は相手にとって失点であり、攻撃側の相手は守備である。
ボールの奪い合いから始まるサッカーは、常に表裏一体で進行するスポーツでもある。
故に一瞬たりとも目が離せないスポーツでもある。
観る側にも集中力が求められるスポーツなのである。

   

   

  • 「残り試合を勝つために、この試合を良く分析する」と振り返ったマッシモ フィッカデンティ監督(鳥栖)
  • 「勝ってJ1残留を決めたことはいいニュース」とは言いつつも、「もっと早く決めておかないと」とも語った渡辺晋監督(仙台)

Reported by サカクラゲン



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ