〔J2第34節:岡山vs.大分〕アウェイ戦プレビュー:コンディション調整に終始し、連戦に備える

  • 明治安田生命J2
  • 第34節
  • 岡山
  • 大分
  • シティライトスタジアム
  • 2015年9月27日 13:00

 北九州に勝利し、今季2度目の連勝。大分は勢いそのままに中3日でアウェイ岡山に乗り込む。リーグ戦再開後は攻守で狙いとする戦いができているため、練習は疲労回復に力点を置き、コンディション調整に終始した。

 前節は中盤でボールを奪い、カウンターから先制し、追加点はセットプレートと大分のストロングポイントを発揮した。この2点は中盤の兵働昭弘、松本昌也が生み出したもの。試合をコントロールし、勝負のあやを掴んだような試合だった。

 中盤の底に位置するふたりの安定感は試合を重ねるごとに増している。兵働が「昌也は運動量が多く、頭もいいので合わせやすい。ショートパスを交わして時間を作るところやサイド攻撃の生かし方などフィーリングが合う」と話せば、松本昌は「ピッチを幅広く使えているし、前に出るときも互いに確認しながらカブらないようにリスクマネジメントができている」と相性の良さを口にした。中盤の主導権を簡単に譲ることは少なくなり、このボランチコンビが力を発揮する限り、どこを相手にしてもある程度の計算は立つはずだ。

 また、それ以外のポジションでも個の力で局面を打開できる松本怜、為田大貴、高さとパワーを前面に押し出しCBに君臨するダニエルなどは、その特徴をチームに還元し、存在感も増している。

 今節の対戦相手となる岡山は、しっかりパスをつなぎ、攻守に均整の取れたチームだ。兵働は「相手は3バックなんでミスマッチが起きる。(低い位置で構えれば)後ろが重くなり相手ペースになるので、中盤のサイドが下がりすぎないように注意したい」とポイントを挙げ、アグレッシブに前からプレスを懸け、先制点を奪えば勝機は高くなると踏んでいる。

 先制すれば、クローザーとして安川有や山口貴弘を投入して、5バックで逃切る勝利の方程式もできている。今節勝てば勢いは増すとともに、降格圏内からの奪取の可能性もある。まずは、しっかり勝点を積み上げたいところだ。

   

   



広告のごあんない
ニュース 月別アーカイブ 最新のニュース サイト内検索



  • trinita.eye
  • kumamoto football journal
  • オラデジ